読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

星野源「ギャグ」-時には息抜きも大事-

アルバム「Stranger」から一週間後にリリースされたシングル「ギャグ」。今までの星野源とは違う雰囲気を感じました。 1.ギャグ コミカルなギターリフのイントロが印象的な星野源さん流のロックンロール。ハイハットを多用したドラムやピアノの陽気なリズム…

レミオロメン「ether」 -よりポップに、さらに増した表現力-

全体的な感想2005年にリリースされたレミオロメンにとって二枚目のアルバムとなる「ether」。前作「朝顔」はジメジメした雰囲気が漂うサウンドのギターロックといった印象でしたが・・・本作は小林武史をプロデューサーに迎えたことで華やかなアレンジが施さ…

Alexandros「SNOW SOUND/今まで君が泣いた分取り戻そう」 -ドロスらしさを残した王道J-POP-

洗練されたサウンドはそのままに、王道のJ-POP要素を上手く取り入れたドロスの新境地を感じられる2曲。 アルバムでも見せてくれた彼らの貪欲な姿勢と幅広い音楽性は健在。 1.SNOW SOUND 90年代前半サウンドを髣髴とさせるアレンジが印象的。 シンセの懐かし…

ONE OK ROCK「Ambitions」 -ワンオクの野心-

世界を見据えた活動が本格的にスタートしたワンオク。そんな彼らの野心を感じさせる、壮大なロックアルバムが完成です。・全体的な感想ワンオクの7thとアルバムなる「Ambithions」。本作は前作でも感じられた壮大な作風がより強まっています。海外のプロデュ…

UNISON SQUARE GARDEN「Catcher In The Spy」-ポップに力強く-

勢いはそのままに、進化を遂げたUNISON流ギターロックアルバム。・全体的な感想UNISON SQUARE GARDENの5thアルバムとなる「Catcher In The Spy」。前作「CIDERROAD」で感じられたポップ感はそのままに、バンドサウンドの持つ力強さとカッコ良さを押し出した…

Mr.Children「SENSE」-闇から光を目指す-

・全体的な感想発売直前まで詳細を明かさず、シングルも無しというミスチルにとっては異例となるリリースの仕方だった今作。そんな不安を吹き飛ばしてくれる傑作に仕上がっていました。まず、収録されている楽曲が非常に活き活きしているんです。あえてシン…

10-FEET「thread」 -今を精一杯生きろ-

「今を精一杯生きろ―。」そんなメッセージが詰まった10-FEETの傑作。・全体的な感想約3年ぶりとなる10-FEETのフルアルバムとなる「thread」。震災の影響もあったのか、メロディ・歌詞共に力強さを感じるものになっていました。ますます研ぎ澄まされたメロコ…

桑田佳祐「君への手紙」-君へと伝えたいこと-

桑田佳祐の熱い思いが詰まった「手紙」と言える4曲。1.君への手紙アコギのストロークによるイントロと優しいメロディが印象的なロッカバラード。キーボードの優しい音色と相まって、より心に響いてきます。人生における大切なこと(出会いと別れの繰り返しな…

Alexandros「EXIST!」-確かな存在感とバンドの決意-

全体的な感想[Alexandros]の6thアルバムとなる「EXIST!」。今まで以上の勢いに満ちた楽曲からドロスの本気が伺える仕上がりです。ギターロックを軸に、ポップス、パンク、エレクトロ、ヒップホップ、シューゲイザーなど・・・様々なジャンルを貪欲に取り込…

Champagne「Schwarzenegger」 -伝えたいメッセージが明確になった、全力投球のロックアルバム-

バンドが全力で想いをぶつけた彼らの最高傑作。全体的な感想[Champagne]の3rdアルバムとなる「Schwarzenegger」。前作よりもさらに力強さとキレを増した楽曲が揃っていました。UKロックをベースとしたサウンドは変わらないものの、より研ぎ澄まされています…

スピッツ「とげまる」ー尖っているけど、丸い。スピッツそのものー

尖っていて(力強く)丸い(優しい)、これぞ安心できるスピッツサウンドの真骨頂。いつもと変わらないスピッツ節が炸裂している本作、まさに「とげまる」というタイトルに相応しくなっているのではないでしょうか。根本的な部分は何も変わっていないんです。…

宇多田ヒカル「Fantome」 -人間活動のその後-

前作「ULTRA BLUE」から8年ぶりのリリースとなった本作。人間活動から戻って来たとあって、「生と死」をテーマにしています。全体的に漂う暗さがこの作品に込められたメッセージを表現していると言っても過言じゃありません。歌詞の重さ、楽曲から感じられる…

星野源「恋」 -生活の中で生まれる恋や想い-

ブラックミュージックをポップスに昇華した、星野源らしいイエローミュージックの3曲。・全曲レビュー1.恋二胡の音色がオリエンタルな雰囲気を感じさせるポップナンバー。サビのリズムが非常に軽快で、聞いていると多幸感を感じずにいられない。適度な疾走感…

Champagne「Me No Do Karate.」-立ち止まらずに進む-

新たな一歩を踏み出した[Champagne]時代の最高傑作。・全体的な感想UKロックに影響を受けたサウンドが魅力的な彼らの4thアルバム。改名前のラストアルバムとなりますね。 本作は打ち込みやジャズ、メロコアなどの要素も吸収した意欲的な一枚に仕上がっていま…

ASIAN KUNG-FU GENERATION「Wonder Future」 -未来への希望-

王道ロックサウンドを全力で楽しめ。アジカンの強みがここぞとばかりに発揮された7thアルバム。・全体的な感想「ランドマーク」から約2年8ヶ月ぶりとなったアジカンのニューアルバム「Wonder Future」。タイトルは直訳すると驚きの未来になるわけですが・・…

スピッツ「小さな生き物」 -少しでもいいから力強く前へ-

少しずつ前へと進んでいく。着実に歩を進める力強さを感じる、新たな名盤が誕生しました。・全体的な感想前作「とげまる」から約3年ぶりとなるスピッツのオリジナルアルバム「小さな生き物」。相変わらずのスピッツ節が炸裂している点はいつもと変わりません…

Alexandros「ALDX」 -困難を乗り越え、前へ進む強さ-

困難を乗り越えた、彼らの強さ。[Alexandros]として新たな一歩を踏み出す決意に満ちた一枚です。収録曲1.ワタリドリ2.Boo!3.ワンテンポ遅れたMonster ain't dead4.Famous Day5.Adventure6.cant explain7.Buzz Off (Interlude) 8.Oblivion (feat. LITHIUM HOM…

Alexandros「Swan」 -恐れるものは何もない強さ-

メロディの強さが際立った二曲。同時に新たな一面も垣間見えたようにも感じます。1.Swanダブステップを意識した打ち込みとピアノ主体のイントロがオシャレ。サビに向けて疾走感を増していく展開は聞いているだけでワクワクさを感じさせてくれます。それを増…

スピッツ「醒めない」-醒めることのない、音楽への想い-

全体的な感想前作「小さな生き物」から約3年ぶりとなるスピッツの「醒めない」。ここ直近の二作に比べ、音の力強さが増している印象です。まるで初期の作風を髣髴とさせるような感じなんですね。自分たちの音楽に対する醒めない想いを音楽として表現している…

9mm Parabellum Bullet「Waltz on Life Line」-流れるような心地よさのロックアルバム-

感想9㎜にとって6枚目のアルバムとなる「Waltz on Life Line」。ハードコアと歌謡曲を融合させたサウンドはそのままなんですが。勢いだけに任せず、リズム感にこだわっている印象を受けました。そのため、楽曲のリズムが活き活きしているように感じるんです…

Alexandros「NEW WALL」 -困難も含め、人生を楽しんでいく-

2016年もドロスは変わらない。でも、より高みを目指してみせる・・・それを強く感じさせてくれた2曲。1.NEW WALLストリングスの壮大な響きと駆け抜けていくバンドサウンドが気持ちいいロックナンバー。シンプルで爽やかなメロディでありながらも、力強さを感…

スピッツ「みなと」 -スピッツの二面性-

儚さと刺々しさ・・・スピッツの持つ二面性をサウンドで表現した二曲。どちらもシンプルだからこそ、魅力が伝わってきます。1.みなと穏やかで力強いベースの奏でるイントロが印象的。アコギを主体とした爽やかなメロディにも心を奪われます。大切な人に会い…

Perfume「COSMIC EXPLORER」-新たなステージを目指す決意の1枚-

世界から宇宙へ―。壮大なスケールの楽曲に彼女らの決意が現れた傑作。曲目1.Navigate2.Cosmic Explorer3.Miracle Worker4.Next Stage with YOU5.STORY6.FLASH (Album-mix) 7.Sweet Refrain (Album-mix) 8.Baby Face9.TOKIMEKI LIGHTS (Album-mix) 10.STAR TR…

ゲスの極み乙女。「両成敗」 -両成敗が止まりません-

印象に残るサビのメロディ、メッセージ性を含んだ歌詞・・・聞く者を圧倒するポップアルバム、それが「両成敗」。曲目1.両成敗が止まらない2.続けざまの両成敗3.ロマンスがありあまる4.シリアルシンガー5.勤めるリアル6.サイデンティティ7.オトナチック8.id1…

星野源「YELLOW DANCER」-生きるために踊る-

今を生きるためのポップミュージック。曲目1.時よ 2.Week End 3.SUN 4.ミスユー 5.Soul6.口づけ 7.地獄でなぜ悪い 8.Nerd Strut 9.桜の森 10.Crazy Crazy 11.Snow Men 12.Down Town 13.夜14.Friend Ship 全体的な感想星野源さんの四作目となるアルバム「YELL…

UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」-ユニゾンが秘めたるポップセンス-

変わらないユニゾンの魅力。各曲レビュー1.シュガーソングとビターステップ (アニメ「血界戦線」ED曲)彼らのポップセンスが詰め込まれた、ユニゾン流ギターロック。小気味良く刻まれるギターリフ、ゆったりした曲調とは裏腹に暴れまわるベースライン、リズミ…

サカナクション「新宝島」 -困難が待ち受けようとも進み続ける-

新しさの中に懐かしさが同居した、新たなサカナクションサウンド。 各曲レビュー 1. 新宝島(映画「バクマン」主題歌) どこか懐かしさを感じさせるシンセのサウンドが印象的なテクノロック。 サカナらしさと懐かしい空気が絶妙に融合しています。 「ていね …

凛として時雨「es or s」 -狂気だけが時雨らしさじゃない-

時雨の持つ「動」と「静」。 それを狂気さだけではなく演奏で表現した、今の時雨が感じられるミニアルバム。・収録曲 1.SOSOS 2.Mirror Frustration 3.Karma Siren 4.Tornado Mystery 5.end roll fiction・全体的な感想 ドイツ・ベルリンのハンザスタジオで…