高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

恥ずかしくってしょうがねえ/米津玄師 -あんたみたいな大人になるのは恥ずかしくってしょうがねえ-

11月23日に「KICK BACK」のシングルが発売されました。

米津玄師さんと言えばカップリング曲も魅力的なんだけど、今回の「恥ずかしくってしょうがねえ」は無責任な大人になりたくないという鋭いメッセージが込められた曲となっています。

アコースティックギターのノスタルジックなサウンド、ゆったりした心に染みるメロディと米津さんの味わい深い歌唱に引き込まれました。

 

 

・恥ずかしくってしょうがねえ

ノスタルジックなアコースティックギターの旋律が心に響くミディアムナンバー。

シンプルな音構成なんだけど、「恥ずかしくってしょがねえ」の直後に不協和音的な音の歪みを入れて聞き手を惹きつけるのが米津さんらしい仕上がり。

タイトルからして不器用な愛を歌い上げるものかと思いきや、今の世の中を鋭い言葉で批判するメッセージソングになっていることにビックリしました。

米津さんだからてっきり「この想いを伝えるのは恥ずかしくってしょうがねえ…」って内容になると思っていたんですよね(笑)

いい意味で予想を裏切られ、「言うだけ吐き捨てる無責任な大人になるなんて恥ずかしくってしょうがねえ」という鋭いメッセージソングとなっているのが見事。

米津さんのやさぐれ感に満ちた歌唱、世の中に対しての情けなさをぶちまけた言葉のチョイスが曲のメッセージ性をより確かなものにしています。

特に、UKロックぽさを感じさせるCメロの存在感は圧巻。

自分の吐いた言葉がそのまま帰ってくると歌った歌詞と合わせて心に刺さるというか。

今の時代だからこそ、自分を見直すべきと改めて感じさせられました。

恥ずかしくってしょうがねえ - song and lyrics by Kenshi Yonezu | Spotify