高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

2021年6月ベストソング5選

2021年も折り返し地点を過ぎましたね。

上半期の振り返りに行きたいところなんですが、その前に6月のベストソングを。

 

では、どうぞ。

 

2021年6月ベストソング

 

・Pale Blue/米津玄師

別れを決めたけど本当はあなたと未来を見たい・・・

その人に恋する気持ちを切なく歌い上げたラブソング。

ゆったりしたテンポのしっとり感が印象的で、ずっと恋をしていたんだってのが伝わります。

米津さんの歌唱、Cメロからラストにおけるワルツ調の展開も圧巻。

優雅さを感じるのにどこか切ない雰囲気を感じさせる楽曲が素晴らしい。

 

・夏の奇跡/KALMA

熱さを感じさせる歌い出しのコーラスや夏の熱気を表現したサビなど、夏らしさ全開のロックナンバー。

夏らしい情景の歌詞やギターサウンドから感じる勢い、サビのアクセントになっているシンセ

サウンドで夏の高揚感や儚さを見事に表現。

どこか素朴さを感じさせるメロディも含め、心に染み渡る1曲となっています。

今年もコロナでいろいろと制限されている状況だけど、夏くらいは楽しんでもいいんじゃない?

この曲はそのようなメッセージを伝えてくれました。

 

・又三郎/ヨルシカ

疾走感に満ちたギターサウンドが爽快なロックナンバー。

曲ごとに表情を変えるsuisさんの歌声ですが、今回は力強さを強調したものとなっています。

全てを吹き飛ばして忘れさせてくれる風のことを歌い上げた歌詞と駆け抜けるようなメロディだけでも合っているのに、力強い歌唱がそれをさらに引き立てている印象。

いつも感じるけど、別の人が歌ってるんじゃないかって思うほど。

ヨルシカならではの歌唱から感じる表現力が素晴らしい1曲。

 

・死神/米津玄師

同じ演目の落語をモチーフにした歌詞とその世界観を増幅させるような奇妙なメロディが頭から離れないナンバー。

スタイリッシュなビートと米津さんらしい音使いはインパクト抜群で、一度聞いたら頭から離れません。

米津さんらしい音や声の使い方、「アジャラモクレン」などの奇妙な言葉も相まって、かなりの中毒性を持った曲となりました。

3分という短さも曲のインパクトに一役買っており、スタイリッシュにまとまった印象。

 

・プリクエル/Omoinotake

待ち合わせ場所に着くまでのドキドキ感、君に「愛してる」と伝えたい気持ちを歌った甘酸っぱさと懐かしさを感じさせるポップナンバー。

重厚だけど軽快なリズムを鳴らすドラムの力強さが電車に乗り込んだ主人公のドキドキをイメージさせてくれます。

ゆったり目のリズムで君に会うまでワクワク感をこれでもかと表現しているのが素晴らしい。

大切な人を想う主人公の気持ちやサビのメロディから感じる懐かしいも含めて、心に残るラブソングと言えるでしょう。

 

次点曲

・そしたら/星野源

星野源さんらしい素朴なメロディが活かされた、シンプルなミディアムナンバー。

アコースティックギターではなく最近の流れを汲んだピアノサウンドでそれを表現したことで、今の星野源さんならではの魅力を感じさせてくれます。

ピアノの落ち着いたサウンドとゆったりめのメロディは聞いていてホッとする仕上がり。

少しずつ大人になっていく子供への想いを親目線で歌った歌詞も含め、優しさに満ち溢れた1曲となりました。

コロナで世の中が変わっても前と同じように繰り広げられる光景があるわけで、子供の成長もその一つではないでしょうか。

 

・Bad Habits/Ed Sheeran

アコースティックギターのカッティングによる独特なリズム感が特徴的な曲を得意とするエド・シーラン。

しかし、今回の「Bad Habits」はエレクトロテイストを程よく効かせたポップナンバーとなっていて新境地を感じられました。

普段よりも伸びやかな高音を活かした歌唱が爽やかで、リズミカルな楽曲と非常にマッチしているのがポイント。

クラブミュージックをイメージしたノリの良いメロディはシンプルに心地よさを感じます。

 

・So What/SPiCYSOL

周りに流されないで自分らしい色で生きていこうー。

ホーンをアクセントにした爽やかなサウンドと程よいリズムのメロディが印象的なポップナンバー。

ゆったりとしたテンポながら洗練されたメロディは思わず身を委ねたくなる心地よさを感じます。

自分らしさを忘れずにってメッセージがしっかりと伝わる1曲。

 

カナリア鳴いた頃に/WANDS

90年代J-POPの良さを彷彿とさせるメロディと上原の優しい歌唱が心に響くミディアムナンバー。

一言で言えば安心感のあるメロディとなっていて、聞いた瞬間にホッとさせてくれるのはさすがと言うべきでしょうか。

力強いギターサウンドと暖かいピアノの音色によるJ-POPらしい音像、間奏のギターソロも印象的。

力強さが今のWANDSから感じる魅力だと思ってましたが、優しさを押し出した作風も素晴らしい。

 

・Sleepless Night/yama

ピアノのしっとりとした音色、yamaの穏やかな歌声が心に染みるバラードナンバー。

王道のJバラードと言えるメロディの堂々とした佇まいはシンプルながらも印象に残る仕上がり。

ありきたりな雰囲気の曲ではあるものの、yamaの歌声に新鮮さを感じずにいられません。

王道寄りの楽曲だからこそ、存在感のあるyamaの歌声・歌唱をシンプルに楽しめる1曲に仕上がっています。