高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

米津玄師「M七八」 -人のために頑張るからこそ抱える痛み-

3曲とも米津さんらしいセンス・世界観に引き込まれる仕上がりでした。

カップリング曲を含めて、いつもこちらの想像を超えてくるのは本当に見事です。

 

1.M八七(映画「シン・ウルトラマン」主題歌)
壮大で美しいメロディ、力強くも優しさを感じさせるビートが背中を押してくれるポップナンバー。

ヒーローの強さを「痛みを知るただ一人であれ」と表現した歌詞は自分よりも人のために頑張るヒーローの姿を肯定しているかのよう。

2番のBメロから間奏~Cメロへの転調も自然な感じで見事な仕上がりで、ラストに向けての盛り上がりを増しているのがポイント。
メロディの美しさと壮大さが目立つ曲ですが、程よい重厚さを漂わせているのも印象的。

この重さが痛みを抱えながらも戦うヒーローの強さを表現しているんじゃないかと感じました。

そう考えると、米津さんの表現力ってすごいんだなと脱帽です。

 

2.POP SONG

中世ヨーロッパの賑やかさとカラフルな世界観をイメージしたメロディが独特のセンスを感じさせるポップナンバー。

サビはキャッチーなんだけど、後半で頻繁に繰り返す転調と不思議な雰囲気を漂わせるメロディが融合したことで聞き手にインパクトを与えているのが見事。

曲を彩る一つ一つのサウンドも表情豊かに仕上がっており、アコーディオンやピアノ、グルーヴを生み出すベース音など思わず耳を奪われてしまいました。

タイトルから抱いたイメージが「カラフルで個性的な曲」なんですが、それに相応しい仕上がり。

ふざけているように感じる歌詞や一番聞きやすいサビを一回しか入れない構成も含め、遊び心が満載の1曲。

 

3.ETA

ETA/米津玄師
重厚さとエレクトロサウンドの浮遊感による音の雰囲気が圧倒的な1曲。

タイトルに「ET」とあるように、宇宙空間をイメージした無重力感の漂うサウンドに仕上げているのが凝っている印象。

米津さんの儚さと力強さを感じさせる歌唱、大切な友人に対する想いを伝えられるような平穏がいつまでも続くことを願う歌詞は心に響きます。

このご時世だからこそ、この歌詞が持つ意味をしっかりと胸に刻みたいと感じました。

アウトロに向けてのラスト1分もノイジーでありながら、それを考える時間にさせてくれる余韻を持っているのが素晴らしい。
https://t.co/02tEGef9Z9

 

2022年4月オススメ曲 その2

早くも気温が20度を超えて暑くなって来ました。

熱中症にはなりたくないので、マスクは必要に応じてしていきたいものです。

GWの人出がどのくらいになるのか気になりますが、少しでも経済が回るといいなぁ。

 

遅れ気味ではあるものの、4月のオススメ楽曲レビューをどうぞ。

 

・それを愛と呼ぶなら/Uru

ピアノ主体のサウンドと優しさを感じるメロディ、Uruの透明な歌声が心に響くラブソング。

デビューから変わらない雰囲気の楽曲なんだけど、Uruの歌声が映える仕上がりになっているのはさすが。

ここまでピアノを軸にしたラブソングが多いとマンネリ化してくるんだろうけど、彼女の場合はそれが逆に良さとなってるんですよね。

落ち着いた作風こそUruの魅力なんだろうなと。


それを愛と呼ぶなら - song by Uru | Spotify

 

・Someday/SOMETIME'S

ギターサウンドの爽やかなメロディ、それを引き立てるホーンアレンジが印象的なポップナンバー。

サビの軽快さは曲の晴れやかさをこれでもかと感じさせてくれます。

特に、間奏の電子音が感じさせる閉塞感から解放感たっぷりな展開に変わる瞬間は圧巻。

2022年も良質のポップスを聞かせてくれるに違いない、改めてそう実感しました。
Somebody - song by SOMETIME'S | Spotify

 

クロノスタシス/BUMP OF CHICKEN

ポップさに振り切ったメロディ、力強いバンドサウンドに最近のバンプらしさを感じるナンバー。

ここ数年は楽曲から優しさがにじみ出ているんだけど、今回の「クロノスタシス」もそれは変わらない仕上がりです。

ミドルテンポでありながら、リズムの心地よさが印象的でメロディやサウンドに身を委ねたくなるほど。

藤くんの歌唱から感じる力強さも相変わらずで、安心感があります。

クロノスタシス - song by BUMP OF CHICKEN | Spotify

 

・FOREVER/SIRUP,Shin Sakiura

風の落ち着いたざわめきをバックに奏でられる爽やかなサウンドと洗練されたトラックがシンプルに心地よいポップナンバー。
トラックのリズムは程よく軽やかで都会的なんだけど、どこか自然の優しさも感じさせる仕上がりとなっています。

未来へのメッセージを込めた歌詞も含め、いろいろと考えさせられる1曲。
FOREVER - song by SIRUP, Shin Sakiura | Spotify

 

・灰になって空を舞う/BURNABLE/UNBURNABLE

落ち着いたメロディが春の切なさを感じさせるミドルナンバー。

タイトルやアーティスト名から感じるのは退廃的な雰囲気なんだけど、それを忘れてしまうような引き込まれるメロディと世界観があります。

そう感じるのは桜が咲く頃に思い出す感情を描いた歌詞もあるのでしょう。

灰になって空に舞う - song by BURNABLE/UNBURNABLE | Spotify

 

 

 

2022年3月ベストソング5選

ここ最近、テレビやネットのニュースは控えて新聞メインにチェックしてます。

毎日のように辛いニュースばかりで心が痛くなってしまって・・

ありきたりな言葉ですが、一日でも早く収まることを願います。

 

そんな中でも音楽は楽しんでいきたいものでして。

更新が遅れたものの、3月のベストソングがようやく決定。

いい曲が多いと選ぶのに悩んでしまいますね。

そんなわけで、3月は以下の10曲になりました。

 

2022年3月ベストソング

 

・カメレオン/King Gnu

ピアノによる美しいメロディと井口の繊細な歌唱が印象的なバラードナンバー。

J-POPの王道を意識したメロディとヌーらしいグルーヴを感じさせるバンドサウンドに引き込まれる1曲。

変わり果てた君を想う気持ちが歌われた歌詞も切なさを引き立ててます。

間奏のクラシカルなピアノの旋律がとにかく心を惹き付けてくれました。

歌詞の内容とは裏腹に、芸術的な美しさを持ったヌーの名バラード。
カメレオン - song by King Gnu | Spotify

 

・まつり/藤井 風

和風アレンジを効かせたゆったりめのメロディと「らっせーらー」などの掛け声がリズミカルに絡み合う和風ポップス。

R&Bのリズムを取り入れたことで、熱気の中にクールさも感じさせる仕上がりとなりました。

爽やかな風をイメージさせるイントロのピアノから笛の音色を意識したサウンドが入るAメロ、リズミカルなサビの存在感もあって藤井風さんの持つ音楽性と余裕が伝わってきます。

「まつり」というタイトルは既に北島三郎氏の名曲になっているんだけど、藤井風さんの「まつり」もその名に相応しいのではないでしょうか。
まつり - song by Fujii Kaze | Spotify

 

・双葉/あいみょん

90年代J-POPの良さを大切にしたメロディが安心感を感じさせるポップナンバー。

サビの優しいメロディ、ギターソロがアクセントになった間奏とJ-POPの王道をしっかり押さえてる印象。

大人になった自分からのメッセージを歌った歌詞も恋愛に対する覚悟をさせてくれるかのよう。

メロディの良さが歌詞の説得力を増幅させているのが見事。
双葉 - song by Aimyon | Spotify

 

・STEP IT/Nulbarich

軽快なリズムとオシャレなメロディが程よい中毒性を感じさせるポップナンバー。

80年代ポップスのテイストを取り入れたことで、程よく懐かしくも洗練された雰囲気が生まれています。

サビのメロディは圧倒的な存在感があって一度聞けば頭から離れないでしょう。
STEP IT - song by Nulbarich | Spotify

 

・共鳴/SixTONES

スリリングなメロディやイントロ、ロックを軸にジャズ・ラップなどの良さが融合したポップナンバー。

SixTONESらしいクールな歌唱はそのままに、色気と力強さを表現しているのが見事。

彼らの表現力が高いこともあり、いい意味でジャニーズらしさを感じさせない曲に仕上がったのでしょう。

今を生きることとは何かを歌った歌詞のメッセージ性、圧倒的にスリリングな楽曲は不安定さを増していく時代だからこそ聞くべきです。
SixTONES – 共鳴 [YouTube ver.] - YouTube

 

次点曲

 

MoonWalker/yama

ジャズのビッグバンド感と心地よいリズムが程よくマッチした軽快なポップナンバー。

オシャレさを感じさせるピアノの音色、軽やかに鳴り響くバンドサウンドは都会的に洗練されているだけでなく、キャッチーで聞きやすい印象。

yamaさんの力強さと繊細さを兼ね備えた歌唱に引き込まれてしまいました。

一度きりしかない自分の人生を月でも目指す気持ちで生きていこうと歌った歌詞も印象的。

ホーンアレンジの効いたポップなメロディと相まって前向きな感情を伺える1曲となりました。

MoonWalker - song by yama | Spotify

 

・ニュー・マイ・ノーマル/Mrs. GREEN APPLE

メンバーの脱退がありながらも新たなスタートを切ったミセス。

困難にも負けない強さを感じさせるロックナンバーとなりました。

ミセスらしいメロディとそれを強く印象づける疾走感がたまりません。

活動休止を経ても変わらない魅力はそのままで程よい安心感もあります。

ニュー・マイ・ノーマル - song by Mrs. GREEN APPLE | Spotify

 

・燦々と降り積もる夜は/秋山黄色

軽やかだけど落ち着いたメロディとシンプルなバンドサウンドが印象的なポップナンバー。

メロディを支えるようなピアノの旋律はオシャレでありながら、曲のポップさをより増幅させています。

秋山黄色の力強い歌唱も聞きどころで、サビは特にそう感じました。

燦々と降り積もる夜は - song by Kiro Akiyama | Spotify

 

恋風邪にのせて/Vaundy

90年代J-POPを意識したメロディがシンプルな良さを感じさせるポップナンバー。

軽快で心地よいリズムはそのままVaundyらしいグルーヴになっていて、現代の感性で彼なりに古き良き時代のJ-POPを表現している印象。

程よい懐かしさと爽やかさを兼ね備えたメロディに引き込まれました。

Vaundyの引き出しを改めて感じずにいられません。
恋風邪にのせて - song by Vaundy | Spotify

 

・YOKU/Eve

エレクトロミュージックを意識した浮遊感たっぷりのサウンドと、落ち着いたトラックの雰囲気が印象的なミディアムナンバー。

サビ終わりのメロディは強い主張をしていて、EDMのドロップに通ずる存在感があります。

洗練されたメロディもあって、アルバムの中でも上品さが際立つ1曲となりました。

歌い手・Eveの中でもいい意味で異質な曲と言えるのではないでしょうか。
YOKU - song by Eve | Spotify

ミックスナッツ/Official髭男dism -本当はピーナッツなんだけど木の実として、自分を偽ってでも生きていく覚悟-

スリリングなメロディとキャッチーなサビの存在感。

ジャジーなんだけどポップに聞かせる、ヒゲダンの新たな魅力を感じさせる1曲です。

 

・ミックスナッツ(アニメ「SPY×FAMILY」OP曲)

ジャズのグルーヴを感じさせるスリリングなイントロ、そこからドラマティックに展開している楽曲に引き込まれるポップナンバー。

スウィングするピアノによるメロディとベースのうねりが生み出すグルーヴは新たなベクトルからヒゲダンの持ち味を生み出すことに成功している印象。

Bメロまでの程よい緊張感とキャッチーさ全開のサビから感じさせるギャップが印象的で、テクニカルながらもポップ加減の塩梅によって聞きやすくなっています。

特に、Bメロからサビに移行する瞬間の存在感は圧倒的で大胆な転調もあって聞き手に印象を強く残しているのが見事。

藤原聡のボーカルワークも素晴らしく、これぞヒゲダンって雰囲気の楽曲になっているんですよね。

新曲を出す度に前の曲を超えていると感じるんだけど、今回もそれが伝わって来ました。

 

自分を他のナッツ類に紛れ込んだピーナッツに例えて、違う価値観の中で生きる人間の覚悟を歌った歌詞も心に響きます。

周りは木に実るナッツなのに、自分だけは地面の中で育つピーナッツ・・・

明らかに違う考えを持っているけど、それでも木の実に成りすまして生きていかないといけないんですよね。

そんなピーナッツの姿を自分を偽ってでも生きていく人間に重ねることでその覚悟を描いているのがポイント。

 

シリアスな気持ちをスリリングなメロディに乗せて歌い上げたヒゲダンの新境地とも言える「ミックスナッツ」。

どの音を取ってもスリリングなグルーヴを楽しませてくれる、歌詞の内容とは裏腹に聞いているだけで楽しくなるポップナンバーではないでしょうか。


https://t.co/EFWMlPSiXu

 

喜劇/星野源 -家族の暖かさと優しさ-

SPY×FAMILY」の世界観を大事にしつつ、家族とはどういうものかを描いた歌詞に引き込まれました。

打ち込みなのに暖かさを感じさせるアレンジが素晴らしい。

 

・喜劇(アニメ「SPY×FAMILY」ED曲)

家族をテーマにした、心が暖まるポップソング。

洋楽テイストやR&Bの落ち着いたリズムを取り入れたことで、どこか洗練されたポップスとなりました。

日常で感じることを歌った歌詞やサビの落ち着いた雰囲気にいい意味で安心感が漂ってるんですよね。

生音は控えめなんだけどどこか優しさにも満ちたアレンジだからこそ、このように感じられるんだろうなと。

最近の星野源さんらしく打ち込み主体の曲ながら、ブラックミュージックを意識したサウンドとなっていて暖かさに満ちた仕上がりです。

洗練されているのはもちろん、どこか素朴な雰囲気を感じずにいられません。

 

星野源さんの曲で家族をテーマにした曲といえば「Family Song」がありますが、それ以上にメッセージ性とサウンドでの表現を高めた印象。

曲そのもので家族の暖かさと優しさを表現した、本当に見事な1曲と言えるでしょう。

 

喜劇 - song by Gen Hoshino | Spotify

2022年4月オススメ曲 その1

今年も桜の季節が終わってしまいました。

近所の桜はすっかり葉桜に・・・

 

それはさておき、4月の新曲をぼちぼちチェック出来たので少しずつ取り上げていきたいなと。

良曲が多いのでしっかり楽しみたいですね。

では、どうぞ。

 

・SPACESHIP/WurtS

シンセの絶妙なエレクトロミュージック感がたまらないポップナンバー。

サウンドの雰囲気は00年代っぽいんだけど、EDMのドロップ的を彷彿とさせる主張の強いメロディを入れたことで存在感のある曲に仕上がってます。

タイトル通りの浮遊感が宇宙に浮かぶ宇宙船をイメージしているかのようで素晴らしい。

リズムの良さもあって、一種のダンスミュージックとしても完成している印象。
SPACESHIP - song by WurtS | Spotify

 

・生きる/春ねむり

谷川俊太郎の「生きる」をモチーフとした歌詞の力強いメッセージが印象的なポップナンバー。

甘い雰囲気を押し出しながらも芯の強さを感じさせる歌声に引き込まれる仕上がりで、全力で生きていく人間の姿を表現しているように思います。

特に後半のポエトリーリーディングから感じる気迫、軽やかなリズムを軸にしたメロディには中毒性と圧倒的な存在感を感じずにいられません。

生きていくということはこういうことだ、今の時代に改めて問いかけてくる曲です。

生きる - song by HARU NEMURI | Spotify

 

・猫被り/須田景凪

軽快さを前面に押し出したリズムとどこか儚さを感じさせるメロディが程よく融合したポップナンバー。

明るい曲調なんだけど100%そうと言い切れないのは猫被って素直になれない気持ちを歌っているからでしょうか。

ポップで聞きやすいメロディに乗せて歌うことで歌詞のメッセージが伝わってくるものとなりました。

須田さんの歌唱もそれに一役買っている印象。

猫被り - song by 須田景凪 | Spotify

 

・One Way feat.YONCE/Ryohu

都会的なトラックに乗っかるラップのリズムが心地よいナンバー。

爽やかで洗練されたメロディとサウンドは上質な仕上がりになっていて、ヒップホップ系が苦手な方でも聞きやすいと感じます。

ゲスト参加のYONCEの歌唱が曲のオシャレさをより引き立ててる印象。

軽快なリズムに絡み合うRyohuのラップとYONCEの歌唱も含め、シティポップテイストがたまりません。

One Way feat. YONCE - song by Ryohu, YONCE | Spotify

 

・i care/Homecomings

Homecomingsらしい素朴さを感じるサウンドとメロディが暖かなポップナンバー。

ゆったりでありながら軽やかに聞かせるベースとギターの旋律は身を委ねたく心地よさがあります。

サビの伸びやかな歌唱や前向きな気持ちを歌った歌詞も含め、春ならではの爽やかさを表現した1曲となりました。

i care - song by Homecomings | Spotify

i care

i care

  • Homecomings
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

2022年3月オススメ曲 その4

急でビックリしましたが、高知県TSUTAYAのCDレンタルがほぼ撤退だそうで。

4月から御座店のみとなったことで、私のCDレンタルライフは終わりを告げることとなりました。

サブスクを導入していたので既にレンタル頻度は減っていたものの、ジャニーズ系アーティストの音源をじっくり聞くのには助かっていたんですよね。

これも時代の流れとはいえ、何だか寂しいものがあります。

 

これからはサブスク、ituneでの楽曲購入、CDの購入をバランスよく活用して音楽を楽しみたいところです。

それはさておき、3月分のオススメ曲第4弾をどうぞ。

 

・まつり/藤井 風

華やかさを感じさせるピアノのイントロ、R&Bを意識したグルーヴの心地よさが印象的なナンバー。

和の心を表現した穏やかなメロディに引き込まれるだけでなく「らっせーら」などの掛け声の入れ方もすごくリズミカルとなっており、祭り囃子をポップスの一部に昇華しているのは見事と言うべきか。

特に、二番目から熱気を増す展開は圧巻でノイジーなギターサウンドと相まってまつり特有の熱さを表現しているのです。

「まとめてかかってきなさい」というフレーズから感じる余裕も含め、藤井風さんの引き出しが広いのを改めて実感。

「まつり」というタイトルの新たな名曲です。

https://t.co/H5eIIsQVDEまつり - song by Fujii Kaze | Spotify

 

・週休8日/Lucky Kilimanjaro

「週休8日」という現代人には夢のような言葉をタイトルにした、リズミカルなポップナンバー。

ファンキーさを感じさせる心地よいリズムとそれを確かなものにしたメロディは思わず体を揺らしたくなるほどの魅力があります。

ゆったりめのビートとそれに乗っかる歌メロがとにかくキャッチーなんですよね。

「9日でも13日でもいいからたまには休んで」というメッセージを込めた歌詞も含め、今の時代に必要な休息の大切さを歌っているように感じました。

週休8日 - song by Lucky Kilimanjaro | Spotify

 

・月の椀/サカナクション

メロディのキャッチーさ、サビの中毒性がサカナクションらしいポップナンバー。

サビでリフレインする「ツギノバン」や「ツキノワン」と言ったフレーズは口ずさみたくなるほどの魅力があります。

シンセやギターサウンドのアレンジもポイントで、程よくエレクトロポップになっている印象。

ブランクが空きがちな彼らだけど、サウンドの軸は変わらないのを改めて実感。

月の椀 - song by Sakanaction | Spotify

 

Waves/DYGL

ロディアスに鳴り響くギターサウンド、程よい疾走感を持ったメロディが爽やかなロックナンバー。

波しぶきのような心地よさを感じさせてくれる曲となっていて、サーフミュージックの要素も含んでいます。

英語のみで構成された歌詞も楽曲の雰囲気に合っている印象。

メロディの良さを追求して作った曲ってのが伺えます。

Waves - song by DYGL | Spotify

 

・アイライキュー/ビッケブランカ

キャッチーなメロディと心地よいリズムが爽やかさを感じさせるポップナンバー。

イントロのピアノサウンドからAメロ、サビまで聞きやすい仕上がり。

ビッケブランカらしいスタイリッシュ感に満ちたリズムも印象的。
アイライキュー - song by Vickeblanka | Spotify