高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

SixTONES「僕が僕じゃないみたいだ」 -SixTONESの新たな一面-

1月に発売されたアルバム「1ST」の圧倒的な完成度が記憶に新しいSixTONES

今年も他のジャニーズグループとは一線を画す表現を期待してしまいますが、間髪入れずに発表された「僕が僕じゃないみたいだ」は予想に反して王道のポップナンバーでした。

爽やかすぎるメロディが彼にしては異質さを感じさせる仕上がりなんだけど、あくまでもギターポップとして完成しているのがSixTONESらしいと言える1曲です。

 

1.僕が僕じゃないみたいだ(映画「ライアー×ライアー」主題歌)

ジャニーズらしい王道さを感じさせるポップナンバー。

本格志向の楽曲が多い彼らにしては異質だと感じるものの、バンドサウンドの軽快さもあって爽やかなギターポップを聞かせているのが素晴らしい。

そう思うのは90年代J-POPの雰囲気を纏ったメロディにあるのでしょうか。

AメロからBメロにかけての空気はその通りで、そう感じずにいられません。

疾走感のあるメロディと程よく効いたホーンサウンドの爽やかさといい、すごく突き抜けている印象。

「僕が僕じゃないみたいだ」と歌う歌詞やメンバーの色っぽい歌唱を含め、新しいSixTONESを堪能出来ました。

 

2.Bella

ずっしりと響く重低音、サビの軽やかなリズムに心地よさを感じるレゲトンナンバー。

ラテン音楽の情熱とSixTONESのクールさが程よく融合して、アイドル音楽とは思えない色気・カッコよさに満ちています。

9割が英語で構成された歌詞もあって、BGMとして聞かせる力も持っているのがポイント。

スペイン語を織り交ぜた二番のラップパートも聞き所でしょうか。

 

まとめ

1stアルバムから約1ヵ月でリリースされた今回のシングル。

私はドキュメンタリー目当てで初回盤Bを買ったんですが、彼らの新しい一面と本来のらしさを感じられるものになっていると感じました。

デビューして1年でありながら、グループの色をしっかりと表現できているのは素晴らしいですね。

ジャニーズにしては珍しく追っていきたいグループだけにこれからの活躍が楽しみだったり。

https://youtu.be/TU-rHYtfFVE

 

僕が僕じゃないみたいだ (初回盤A) (特典なし)

僕が僕じゃないみたいだ (初回盤A) (特典なし)

  • アーティスト:SixTONES
  • 発売日: 2021/02/17
  • メディア: CD