高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

SixTONES「共鳴」 -今を生きることとは何か-

都市の日常や表情を音楽で表現した2ndアルバム「CITY」の完成度が素晴らしいものだったSixTONES

約二か月でリリースされた今回の「共鳴」はジャジーでスリリングな楽曲となっていて、彼らの新境地を感じずにいられません。

歌詞に込められたメッセージの強さを表現する歌唱も印象的。

 

1.共鳴(アニメ「半妖の夜叉姫」OP曲)

スリリングな雰囲気のイントロからジャジーに流れるメロディへ変化していくメロディがシンプルにカッコいいロックナンバー。

Bメロでクールダウンする箇所のジャズ要素、サビ終わりで感じさせる歌謡曲っぽさは彼らの魅力を最大限に引き出した印象。

色気を感じさせる間奏からCメロ→ラップパートへの転調もあって、4分に満たない曲でありながら非常に濃密な1曲となっています。

デビュー曲「Imitation Rain」や前シングル「マスカラ」とは違った方向性で大人っぽい曲となっていて、いい意味でキャッチーさを感じさせない仕上がり。

彼らがジャニーズグループであることを忘れさせてくれます。

 

また、今を生き抜く決意について歌った歌詞のメッセージ性も楽曲の良さを引き立てているんですよね。

普通に生きていても何が起こるか分からない現代の状況・・・

それでも、自分に出来ることをやっていくしかないわけで。

ギリギリになっても日々を懸命に生きることが大切ではないかー。

スリリングなメロディに乗せて伝わってくるメッセージだからこそ、説得力を感じました。

 

2.Wave Crash(初回盤Aに収録)

バッキバキのEDMを意識したトラックの高揚感が彼らのクールさを感じさせるダンスナンバー。

ほぼ英語詞で構成された歌詞となっていて、パリピ向けの楽曲でありながら表現力の高さで圧倒してくる印象。

普段よりも攻撃的に振り切った歌唱もあって、なかなか攻めているなと。

音楽的な曲だけでなく本格的なダンスナンバーも自分たちの武器にー。

そんな意思を改めて感じました。

 

まとめ

昨年と同じでアルバムからあまり間を空けずにリリースされたシングルでしたが、二曲とも攻めている印象だと感じますね。

それぞれの曲で違うベクトルからクールさを表現しているのは彼ららしいなと。

通常版のカップリング曲も評判が良さげなので、そちらもチェックしたいところ。