高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

2022年4月オススメ曲 その1

今年も桜の季節が終わってしまいました。

近所の桜はすっかり葉桜に・・・

 

それはさておき、4月の新曲をぼちぼちチェック出来たので少しずつ取り上げていきたいなと。

良曲が多いのでしっかり楽しみたいですね。

では、どうぞ。

 

・SPACESHIP/WurtS

シンセの絶妙なエレクトロミュージック感がたまらないポップナンバー。

サウンドの雰囲気は00年代っぽいんだけど、EDMのドロップ的を彷彿とさせる主張の強いメロディを入れたことで存在感のある曲に仕上がってます。

タイトル通りの浮遊感が宇宙に浮かぶ宇宙船をイメージしているかのようで素晴らしい。

リズムの良さもあって、一種のダンスミュージックとしても完成している印象。
SPACESHIP - song by WurtS | Spotify

 

・生きる/春ねむり

谷川俊太郎の「生きる」をモチーフとした歌詞の力強いメッセージが印象的なポップナンバー。

甘い雰囲気を押し出しながらも芯の強さを感じさせる歌声に引き込まれる仕上がりで、全力で生きていく人間の姿を表現しているように思います。

特に後半のポエトリーリーディングから感じる気迫、軽やかなリズムを軸にしたメロディには中毒性と圧倒的な存在感を感じずにいられません。

生きていくということはこういうことだ、今の時代に改めて問いかけてくる曲です。

生きる - song by HARU NEMURI | Spotify

 

・猫被り/須田景凪

軽快さを前面に押し出したリズムとどこか儚さを感じさせるメロディが程よく融合したポップナンバー。

明るい曲調なんだけど100%そうと言い切れないのは猫被って素直になれない気持ちを歌っているからでしょうか。

ポップで聞きやすいメロディに乗せて歌うことで歌詞のメッセージが伝わってくるものとなりました。

須田さんの歌唱もそれに一役買っている印象。

猫被り - song by 須田景凪 | Spotify

 

・One Way feat.YONCE/Ryohu

都会的なトラックに乗っかるラップのリズムが心地よいナンバー。

爽やかで洗練されたメロディとサウンドは上質な仕上がりになっていて、ヒップホップ系が苦手な方でも聞きやすいと感じます。

ゲスト参加のYONCEの歌唱が曲のオシャレさをより引き立ててる印象。

軽快なリズムに絡み合うRyohuのラップとYONCEの歌唱も含め、シティポップテイストがたまりません。

One Way feat. YONCE - song by Ryohu, YONCE | Spotify

 

・i care/Homecomings

Homecomingsらしい素朴さを感じるサウンドとメロディが暖かなポップナンバー。

ゆったりでありながら軽やかに聞かせるベースとギターの旋律は身を委ねたく心地よさがあります。

サビの伸びやかな歌唱や前向きな気持ちを歌った歌詞も含め、春ならではの爽やかさを表現した1曲となりました。

i care - song by Homecomings | Spotify

i care

i care

  • Homecomings
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes