高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

2022年1月オススメ曲 その3

「〇年△月気になる曲」と題して行っていた新曲紹介、今回からオススメ曲にタイトルを変更します。

気になった曲はCDを購入した音源も含めてSpotifyのプレイリストに入れているんだけど、タイトルを変えた方が個人的にオススメしたい曲を紹介しているのが伝わるかなと思ったんですよね。

1記事に紹介できるのはこれまでと変わらず5曲ですが、ペースを上げて更新できたらと思います。

 

では、どうぞ。

 

・摩天楼/iri

スタイリッシュなリズムを刻むビートの重厚さとメロディの軽快さが心地よいポップナンバー。

シンセの華やかな音色は楽曲に彩りを与えている印象で、曲名である摩天楼を表現しているかのよう。

サビにおける「足りない迷路 足りていないの」を始めとしたリズミカルな言葉の響き、ディスコミュージックにも通ずるトラックの存在感もあってリズムの良さが前面に出た1曲となっています。

iriの女性離れしたクールさを持つ歌声と歌唱も圧倒的。

摩天楼 - song by iri | Spotify

 

・さよならクレール/中村佳穂

アッパーなビートの織りなす疾走感が聞き手を引き込むポップソング。

美しくもエモーショナルなメロディとすれ違いの中で感じるもどかしさを描いた歌詞の影響か、何とも言えない切なさに満ちている印象。

バックで鳴らされるシンセの音色は表情豊かで、曲の切なさをさらに引き立ててくれます。

イントロからアウトロまで駆け抜けていく楽曲展開も見事。

さよならクレール - song by Kaho Nakamura | Spotify

 

・It's all about you feat.SIRUP/Ovall

爽やかさを感じさせるギターサウンド、軽やかなビートの心地よさが非常にリズミカルなポップナンバー。

オシャレなトラックに乗っかるSIRUPのボーカルは存在感があって、曲の魅力を最大限に引き出しています。

間奏で聞かせるピアノとギターによる演奏もジャケットの夕日をイメージさせてくれるかのよう。

そんなこともあって、夕暮れ時に海岸線をドライブしながら聞いてみたい1曲です。

It's all about you - song by Ovall, SIRUP | Spotify

 

アルペジオ/Homecomings

繊細なバンドサウンドとメロディの美しさが心に響くミディアムナンバー。

UKロックに影響されたであろうギターサウンドはそのままに、素朴さも感じさせる仕上がりになっているのがポイント。

好きな人がいる日常で感じる情景を分かりやすく描いた歌詞も曲の素朴さを増幅させている印象。

アルペジオ - song by Homecomings | Spotify

 

・ロンリーナイト・ディスコティック/雨宮天

80年代歌謡曲の色気とクールさを感じさせるメロディが力強いポップナンバー。

ブラスサウンドによる華やかさ、ジャジーなピアノサウンドのスウィング感に思わず聞き入ってしまいます。

雨宮天さんの歌唱も力強さを強調しており、雰囲気を最大限に引き出しているのが素晴らしい。

ロンリーナイト・ディスコティック - song by Amamiya Sora | Spotify

 

摩天楼

摩天楼

  • iri
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes