高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

2021年6月 気になる曲 その5

7月に入って数日が過ぎ、暑さも厳しくなってきましたね・・・

そろそろマスクを外してもいい頃だと思うんですが、みんなコロナを気にしているのか着用率が高いようで。

熱中症を防ぐためにも、着用時と外す時のメリハリをつけたいところ。

冷房が効いていて人が多い屋内では着ける、外を移動する時は外すといった具合に。

 

それはさておき、6月発売の曲で気になる曲の感想を今回も。 

 

・Sleepless Night/yama

ピアノのしっとりとした音色、yamaの穏やかな歌声が心に染みるバラードナンバー。

王道のJバラードと言えるメロディの堂々とした佇まいはシンプルながらも印象に残る仕上がり。

ありきたりな雰囲気の曲ではあるものの、yamaの歌声で新鮮さを感じずにいられない。

王道寄りの楽曲だからこそ、存在感のあるyamaの歌声・歌唱をシンプルに楽しめる1曲となった。

Sleepless Night - song by yama | Spotify

 

・プリクエル/Omoinotake

待ち合わせ場所に着くまでのドキドキ感、君に「愛してる」と伝えたい気持ちを歌った甘酸っぱさと懐かしさを感じさせるポップナンバー。

重厚だけど軽快なリズムを鳴らすドラムの力強さが電車に乗り込んだ主人公のドキドキをイメージさせるかのよう。

ゆったり目のリズムにすることで、君に会うまでのワクワク感が増しているのを表現しているのだ。

大切な人を想う主人公の気持ち、サビの懐かしい雰囲気も含めて心に残るラブソングではないだろうか。

プリクエル - song by Omoinotake | Spotify

 

・Bad Habits/Ed Sheeran

アコースティックギターのカッティングによる独特なリズム感が特徴的なエド・シーランの曲。

しかし、そのうち発売されるであろうアルバムに向けての「Bad Habits」はエレクトロテイストを程よく効かせたポップナンバーとなっている。

普段よりも伸びやかな高音を活かした歌唱が爽やかで、リズミカルな楽曲と非常にマッチしている印象。

夜のクラブで流れていそうなサウンドをイメージしたノリの良さがストレートに伝わってくる。

Bad Habits - song by Ed Sheeran | Spotify

 

・Good Bye/YONA YONA WEEKENDERS

ゆったりとしたバンドサウンドが生み出すしんみりとした雰囲気に引き込まれるミディアムナンバー。

一日の終わりをテーマに描いた歌詞と洗練されたメロディは非常に合っている印象で、歌詞の情景が浮かんでくる仕上がり。

寝る前の落ち着いた時間帯にじっくり聞きたい1曲。

Good bye - song by YONA YONA WEEKENDERS | Spotify

 

・hikari/eill

打ち込みによるリズムと優しいピアノサウンドを主体としたミディアムナンバー。

芯のある歌声が持つ存在感はゆったり目の楽曲でも圧倒的な存在感を持っている印象。

エレクトロテイストを感じさせるEDM的な展開、ラストにおける落ち着いた雰囲気から感じられる希望もタイトルを表現している印象。

hikari - song by eill | Spotify

 

Sleepless Night

Sleepless Night

  • yama
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes