高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

アズールレーン大陸版が4周年を迎えたので好きなキャラの魅力を語る(あの件について感じたことを追記しました)

今年で大陸版のアズレンが4周年を迎えた。

中国における厳しい規制で大陸版ではイラストの差し替えを余儀なくされたと聞いている。

日本における影響が出ないといいが、果たして・・・

 

それはさておき、開始4周年を記念して好きなキャラの魅力を語っていきたい。

アズレンのことをブログで取り上げるのは何気に初めてだったり。

 

グラーフ・ツェッペリン

「憎んでいる、すべてを」や「黒山羊の角笛が鳴り響いている」など、セリフの存在感が圧倒的な鉄血空母。

クールなキャラクターや茅野愛衣さんの演技に惹かれた方も多いのでは。

だが、なんと言ってもこの方の魅力は寮舎で見られる「にくすべ!」っぷり。

言葉で書いても伝わらないので、まずはこちらの画像を見ていただきたい。f:id:utyuneko:20210618215546j:imagef:id:utyuneko:20210618215934j:image

どうだろうか?

退廃的なセリフからは感じられないくらい楽しそうに「にくすべ」している姿が伝わってくると思う。

「><」顔でスライダーを楽しんだり、サングラスをかけて鍋風呂でリラックス、他にもステージ上では笑顔でダンスしたり・・・

見るからに楽しそうな姿で「すべてをにくんでいる」のである。

 

上記の点からネタキャラに受け取る方もいるかもしれないが、性能やスキルは充分に強い。

今は特型建造で常設されているので、鉄血編成を組むならぜひ入れたいところ。

出撃させた時やMVPのセリフもクールさが漂っていて、退廃的なキャラをしっかりとアピール。

「にくすべ!」だけが魅力ではないのもポイントだ。

 

愛宕

指揮官をからかったりすることもあるけど、基本的に母性を感じさせてくれるお姉さんキャラ。

・・・なんだけど、何といっても隠された本性がインパクト大。

出撃を重ねて親密度を上げていくと少しずつ見えてくるのだが、最初の優しい母性がどこかへ飛んでしまうほど。

最初の頃と親密度が上がった時とのギャップが個人的にたまらない。

上記のグラーフ・ツェッペリンといい、茅野愛衣さんによるボイスもたまらない。

 

※追記

大陸版で茅野愛衣さんが演じたキャラのボイスが削除されているそうで。

アズレンに限らず、アークナイツなど他も同じ扱いになってるらしい。

YouTubeで配信している自身の番組で靖国神社に参拝する回があり、それに中国のユーザーが批判的になって削除するに至ったとか。

この手の問題は非常に難しいので何とも言えないが、普通に楽しんでいる者としては日本版のボイスだけは絶対に残してほしいものだ。

あの見た目、あのボイス・演技だからこそ、愛宕グラーフ・ツェッペリンも魅力的なのだから。

 

・ロング・アイランド

・・・何を言っているのか分からないが、とりあえず聞いてほしい。

この子、いつの間にか艦隊に仲間入りしていたんだ。

自分のことを「幽霊さん」とか言ってるし、イラストのポーズも幽霊っぽいし。

一体、どのタイミングで入ってきたんだろう?

 

と、こんな感じでいつの間にか艦隊に仲間入りしていたロング・アイランド。

ゆる~い雰囲気の幽霊さんだけあって全く怖くないのだ。

戦闘開始のセリフでは怖がらせる気でいるのに、むしろそれが可愛く感じる。

艦載機を頭に載せているのも個人的にポイントか。

幽霊キャラなのに可愛い、それがロング・アイランドの魅力ではないだろうか。

 

・・・他にもいるけど、とりあえずはこの辺りで。

また気が向いた時に好きなキャラの魅力を語りたいところ。