高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

2019年6月ベストソング5選

6月と言えば梅雨の季節なんですが、今年は急に強い雨が降ったりと極端な気候になっているなと感じました。

普段なら雨の日が続くはずなんですけどね(^^;

夏の水不足を防ぐためにも、今の時期にある程度は降ってもらいたいものです。

 

それはさておき、上半期最後となる6月ベストソング5選の時期となりました。

5月に続いて今月も良曲が多かった印象で、年間ベスト候補曲も何曲か出てくるほどの豊作です。 

次点曲も含め、どんな楽曲が入ったのでしょうか?

 

2019年6月ベストソング5選

 

  • 海の幽霊/米津玄師

海の壮大さや海に対する畏怖の念を感じさせるオーケストラアレンジ、メロディに圧倒される1曲。

海中を漂う感覚にさせてくれるゆったりとした重低音のうねりやクジラの鳴き声をイメージした間奏の音など、楽曲全体で海の雄大さを表現しているのが見事。

特に、ファルセットを効かせたサビの歌唱は海への敬意すら感じます。

身近でありながら未知なる世界でもある海、その美しさを改めて大切にしたいと思わせてくれました。

年に一度だけ訪れるお盆に大切な人と再会できるかけがえのない時間について歌った歌詞も印象的。

海への想いと合わせて、私たちが忘れかけているものを思い出させてくれる曲ではないでしょうか。

米津玄師 MV「海の幽霊」Spirits of the Sea - YouTube

 

イントロからサビ、アウトロまで青々とした大空をイメージした解放感が印象的なロックナンバー。

スピッツらしくシンプルなメロディでありながら、軽快さも取り入れた楽曲はいつも以上にポップで聞きやすい仕上がり。

サビの「ルルル・・・」は思わず引き込まれてしまうほどの表現力を持っています。

まるで北海道の夏空を連想させるようなイメージと言いますか。

間奏のギターソロも含め、スピッツだからこそ出来上がった曲だなと感じました。

優しいあの子 by SPITZ on Spotify

 

洗練されたエレクトロミュージックとAORが程よく融合したポップナンバー。

適度なテンポ感のあるメロディは聞いていて心地よいと言いますか。

ゆったりとしたうねりを刻むベースラインの存在感や懐かしい雰囲気のシンセサウンドも含め、一度聞けば「忘れられない」1曲。

忘れられないの, a song by Sakanaction on Spotify

 

  • Tough Love feat.Agnes,Vargas&Lagola/Aviici

民族音楽のテイストを取り入れたメロディが秀逸なダンスナンバー。

特に、イントロで奏でられるバイオリンによる旋律は素晴らしいの一言。

ヴァーガス&ラゴラの歌声と相まって、美しさと情熱を感じられる仕上がりに。

アヴィーチーのEDMらしく、主張の強いメロディラインも印象的。

Tough Love, a song by Avicii, Agnes, Vargas & Lagola on Spotify

 

立ち止まらずに歩み続ける…

そんな想いをキャッチーなメロディに載せて歌ったロックナンバー。

今までの楽曲以上にポップな仕上がりでありながら、マンウィズらしいメッセージ性は健在。

程よい解放感も感じられるのが印象的。

Remember Me, a song by MAN WITH A MISSION on Spotify

 

次点曲 

 描いた理想が現在(いま)と繋がるように頑張っていこう・・・

 そんな前向きさが歌われたポップナンバー。

 軽快で疾走感あるメロディは聞いているだけで背中を押してくれます。

sumika / イコール【Music Video】 - YouTube

 

近未来的だけど懐かしさも感じるアレンジが印象的なエレクトロバラード。

淡々と歌い上げる三浦大知の歌唱が思った以上に合っていて、楽曲の魅力に繋がっていると言いますか。

ダンスのみならず、歌にも注目していきたいアーティストです。 

片隅, a song by Daichi Miura on Spotify

 

マドンナの円熟味を増した色気、マルーマのセクシーさも感じさせるボーカル・・・
両者の色気が聞き手を惹きつけるラテンポップ。

スペイン語によるラップがリズミカルで聞いていて心地いい仕上がり。

ラテンのビートもそう感じさせるのに一役買っています。

Medellín (with Maluma), a song by Madonna, Maluma on Spotify

 

  • 帰り道/OAU

 牧歌的なアコースティックサウンドに心温まるミドルナンバー。

 聞いているだけで夕焼けの中、家路を急ぐ光景が目に浮かんでくるかのようです。

 TOSHI-LOWの深みある歌声と素朴なアレンジのメロディライン・サウンドは秀逸。

帰り道, a song by OAU on Spotify

 

ジャズのようなしんみりとするイントロの雰囲気とサビのキャッチーさが生み出すギャップに引き込まれる1曲。

ビッケブランカらしく、ピアノを活かしたメロディラインに引き込まれます。

 聞き手を煽ってくるサビも印象的。

Ca Va? by Vickeblanka on Spotify