高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

竹達彩奈 1st~6thシングルをまとめてレビュー

今日は声優の梶裕貴さんと竹達彩奈さんが入籍されたという、おめでたいニュースが入ってきました。

応援している身として、結婚したことは本当に嬉しく感じます。

「このお二人が結ばれるとは」って驚きもありますが、末永くお幸せに!

本日はご結婚おめでとうございます。

 

それを記念してというわけでもないですが、竹達彩奈さんのデビューシングルから6thシングルまでのレビューをやってみようかなと。

なぜ6枚目までなのかと言いますと、その時期までは熱心に聞いていたからですね。

それ以降は他に応援している声優アーティストも増えてきてチェックが間に合わなくなりまして(^^;

 

久々に曲を聞いてみてキュートさが魅力だと感じたので、気になった方はチェックしてみてください。

 

  • 2012年4月11日発売 デビューシングル「Sinfonia! Sinfonia!!!」

1.Sinfonia! Sinfonia!!!
ストリングスとピアノによる美しいサウンドが印象的なポップナンバー。
どこかキュートさも感じさせる楽曲で、あやちにピッタリ。
元気な女の子に振り回される男の子の視点で描かれた歌詞も印象的。
歌い方も伸びやかになっていて本人の持ち味が出ているようでした。
少し声が甘ったるい気もしますが、キャラソンで感じた可愛らしさは健在。
あやちファンなら必聴の一曲です。

 

2.Strawberry☆Kiss
宇徳敬子さん作詞による楽曲。
曲のポップなリズムとキラキラしたサウンドが歌詞の世界観にマッチしています。
エレキピアノの音色もいいアクセントになっていて耳に残りやすい。
表題曲以上にあやちのキュートさを引き出している感じですね。
歌い方含め、個人的にはこっちの方が好きかも。

 

1.♪の国のアリス
人気声優・竹達彩奈さんの第二弾シングルとなる「♪の国のアリス」。
末光篤さん提供によるエモーショナルかつポップなピアノロックとなっています。
ピアノとギターが紡ぎだす疾走感とポップでキラキラしたメロディ・・・
重厚感を漂わせるベースとドラムの刻むリズムとも上手くマッチしているのが見事。
そこにキュートなあやちの声が合わさることで、不思議な感覚になるんですよね。
歌詞に描かれている「♪の国」へと連れて行ってくれると言いますか。
曲の世界観を表現できているのが素晴らしい。

また、♪の国に迷い込んだ少女が前へと進んでいく姿を描いた歌詞もいいですね。
声優はもちろん、アーティストとしても頑張っていくあやちの決意のように感じました。
曲の世界観を表現しつつ、それも描けているのがポイント。

 

2.CANDY LOVE
未知なる恋にワクワクする女の子の気持ちを描いたポップナンバー。
軽快なピアノのメロディが心地良く、耳に残ります。
サビの解放感とキラキラしたサウンドが歌詞とマッチしているんですね。
あやちの歌唱も印象的。
「CANDY LOVE」をリズム良く歌う箇所はキュートだし、クールな歌い出しも印象的。
新たな魅力も感じさせてくれました。

 

  • 2013年1月9日 3rdシングル「時空ツアーズ」

1.時空ツアーズ
筒美京平氏作曲によるどこか懐かしさを感じさせるポップナンバー。
イントロのギターリフやアウトロの壮大さを含んだ展開がそれを感じさせます。
何と言っても、Aメロ・サビの伸びやかなメロがすごく印象的なんですね。
曲全体に渡ってそれを感じさせるのが見事。
あやちのあどけなさと伸びやかさが同居した歌唱も楽曲の雰囲気にマッチしています。
時間旅行のワクワク感を表現しているようでした。

いしわたり淳治さんの詞も印象的。
「時空ツアーズ」だけあって、歴史に関連するワードが登場しているんですね。
マンモスやアインシュタイン、ナポレオン、マチュピチュetc・・・
意外にストーリー性と前向きさを感じさせる内容なのも好印象。

ちなみに今回のドラムも柏倉隆史さんが演奏しているのか、相変わらずの存在感があります。

 

2.Hey! MUSIC BOYS & MUSIC GIRLS!
デビュー曲を手掛けた沖井礼二さん作曲のポップナンバー。
軽快なメロディとあやちのキュートな歌声・歌唱が非常に印象的。
サビの「Music Boy! ラララ Music Girl!」の箇所とか、特に素晴らしい。
らしさで言えば、こちらの方が出ているのかもしれません。

 

2013年12月4日発売 4thシングル「週末シンデレラ

 

1.週末シンデレラ

賑やかさと楽しさを感じさせるホーンアレンジがたまらないスカポップ。

待ちに待った週末がやってきた瞬間の喜びを歌った歌詞も印象的。

軽快なメロディと楽しそうな歌唱でそれを表現しています。

イントロの掛け声は個人的に必聴。

可愛さが出ています。

 

2.マシュマロ

マシュマロのような柔らかさと甘さを表現した歌声が印象的なミドルナンバー。

丹下桜さんによる歌詞も楽曲の魅力を引き出しています。

生楽器を重視したサウンド・アレンジとあやちの歌唱によってふわりとした雰囲気を感じさせてくれました。 

 

2014年6月4日 5thシングル「わんだふるワールド」

 

1.わんだふるワールド

あやちの可愛さを感じられるピアノロックナンバー。

メロディの美しさが印象的でありながら、しっかりとキュートな魅力に溢れた1曲となっています。

途中で入ってくる「まーだだよ」のセリフは曲の可愛さを増幅させているのが見事。

声優らしく、同じセリフでも雰囲気を変えている点もポイント。

 

2.サーフでゴゴゴ

ちょっと懐かしいロックンロールテイストのサウンドが印象的なサマーチューン。

コミカルに夏の情景を歌っているんですが、語感の良さを重視した歌詞は耳から離れません。

適度な疾走感も感じさせるメロディと上手くマッチしているのもたまらない。

 

  • 2014年10月15日発売 6thシングル「齧りかけの林檎」

1.齧りかけの林檎

「時空ツアーズ」以来二度目となる、筒美京平作曲による王道ポップス。
ピアノとストリングスの音使いがいい感じなんですよね。
秋らしく、しんみりとするメロディと言った印象。
あやちの歌唱も曲の儚さを演出しているようにも感じました。
シンプルで安心して聞ける、声優によるアイドルポップ。

 

2.ふぁいっ! 
あやちのキュートさを感じることが出来るアッパーチューン。
疾走感を含んだサビや「ふぁいっ!」って掛け声は聞いているだけで元気になれます。
実にあやちらしい1曲。

演じている役にも近い雰囲気を感じずにいられない。

 

まとめ

・・・かなり久々にこの方の楽曲を聞いてみたんですが。

10年代にソロデビューした声優アーティストの中でも可愛さに振り切った歌を歌っている印象ですね。

歌唱重視というより、アイドル的な魅力がかなり強いのではないかなと。

アイドルポップやキュートなガールズポップが好きな方にはぜひともオススメしたいところです。

apple feuille<CD盤>

apple feuille<CD盤>