宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

けものフレンズOP曲「ようこそジャパリパークへ」に惹かれる理由


ここ最近、いいなと感じるアニソンは多いのですが・・・
個別記事で取り上げるまでは至らないことばかりでした。
しかし、けものフレンズのOP曲「ようこそジャパリパークへ」が私的にストライクでして。
アニソンとしては、久々に再生回数が50回を超えそうな勢いです。
なぜ、ここまで惹かれてしまったのかを自分なりに考えてみました。

1.サビのリズムがいい
「Welcome to ようこそジャパリパーク 今日もドッタンバッタン大騒ぎ」
サビの歌い出しなんですが、ここのリズムがとにかくいいんですね。
全体的にリズミカルな語感で聞き手に強く印象を与えているように思います。
その後もすんなりと入ってくるのが見事といいますか。

2.勢いのあるメロディ
サーバルなどの動物を題材にしたアニメの主題歌らしく、勢いを感じられるのもポイント。
駆け抜けていくメロディやゴリラの鳴き声?をイメージした音のギミック。
それ以上に躍動感のあるギターやベースラインが楽曲の勢いに一役買っています。
うねりを感じられるメロディラインは熱いアニソンを彷彿とさせてくれるんじゃないでしょうか。
ラストで「ららららー」を歌い上げている箇所も含め、勢いと熱さが感じられました。
「萌え」というより、「燃え」が近いのかもしれませんね。

3.本編を1話しか見てない人にも伝わるキャラの魅力
間奏部分でキャラクターの自己紹介的なセリフパート、ここも魅力的なんですよね。
メインキャラであるサーバルちゃんやアライさん、PPPのキャラが分かるようになっています。
私は1話しか見れてないんですが、サーバルちゃんの可愛さがツボりまして。
さらに聞いていくうちに今度はアライさんも気になり始めて・・・
キャラの魅力が伝わってくるのはキャストが歌っているアニソンならではだと思います。

まとめ

久々に聞き込んでいるアニソンとなった「ようこそジャパリパークへ」。
熱いメロディとサビのリズム感を感じられる歌いだし、キャラの魅力が伝わるセリフパート。
この3点が最大のポイントですね。しばらくは聞き続けそうです。

ちなみに、昨年のヒット曲「恋」を生み出した星野源さんもこの曲を聞いているとか。
自身のラジオで「60回くらいは聞いている」と言っていましたが、それも頷ける仕上がりです。
気になる方はiTunesなどで試聴してみてはいかがでしょう?