高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」-新しい旅立ちへの希望と今いる場所に対する恋しさ-

 個人的にこれぞ正統派アイドルだと感じている乃木坂46

そんな彼女たちの新曲「帰り道は遠回りしたくなる」は美しいサウンドと儚い歌声が絶妙にマッチした、正統派のアイドルポップスです。

 

  • 帰り道は遠回りしたくなる

アコースティックギターとピアノ、ストリングスの音色が美しく響くミディアム・アイドルポップ。

乃木坂らしい清楚さと儚さが前面に押し出されている印象で、いつも以上に透明な歌声が生きていると感じました。

程よいテンポの楽曲がそれをより引き立てていることで切なさを含ませたのも上手いなと。

昨年の「いつかできるから今日できる」にも近い路線ではあるものの、正統派アイドル・乃木坂46の魅力をしっかりと堪能できるのではないでしょうか。

 

 歌詞は新しく一歩を踏み出す時に感じる希望と今までいた場所を思う気持ちが混じり合う心の葛藤が描かれています。

新しい一歩は希望に満ちていると同時に、別れが来ることも意味しているんですよね。

今まで過ごした場所での思い出や一緒の時間を過ごした仲間…

その場所を離れてしまうのは寂しいけど、次のステップでも頑張りたい。

単に別れの寂しさを歌ってるのではなく、踏み出す一歩への希望も感じられました。

しんみりと来るメロディと透明感のある儚げな歌唱がそれを引き立ててますね。

 

まとめ

乃木坂46らしい儚さで卒業への希望と寂しさを歌い上げた「帰り道は遠回りしたくなる」。

心に響く良質のアイドルポップだと思います。

乃木坂46 『帰り道は遠回りしたくなる』 - YouTube

帰り道は遠回りしたくなる(TYPE-A)(Blu-ray Disc付)(特典なし)

帰り道は遠回りしたくなる(TYPE-A)(Blu-ray Disc付)(特典なし)