高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

ASIAN KUNG-FU GENARATION「Droro/解放区」 -現実と向き合い、前に進む-

2019年第一弾となるアジカンのニューシングル「Droro/解放区」。

サウンド面にアジカンらしさと今の魅力を感じつつも、さらにメッセージ性が高まった歌詞に新しさも感じられる仕上がりでした。

 

以下、収録曲レビュー

1.Dororo(アニメ「どろろ」2クール目OP曲)

山田貴洋との共作による、アジカンらしいエモーショナルなギターサウンドが痛快なロックナンバー。

程よい疾走感とギターのうねり具合は初期の粗削りな作風に通ずるものがあります。

サビで駆け抜けるメロディから感じる爽快感、アウトロにかけて聞かせるゴッチの歌唱がシンプルにたまりません。

それでいて、今のアジカンとしての音楽性でそれを奏でているのが見事。

どろろ」の世界観をイメージした歌詞でありながら、現代に蔓延る闇も含めて描いている点もポイント。

サウンドワーク、歌詞に込めたメッセージ性といい久々にアジカンの真骨頂と言えるナンバーだと感じました。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『Dororo』 - YouTube

 

2.解放区

現代社会の問題も見つめながら、自由に対する渇望を声高々に歌い上げたロックナンバー。

少しずつ開放感を増していくサウンドとメロディが楽曲の描くテーマに上手く合っています。

間奏のポエトリーリーディング、ラストの大合唱からは現実を乗り越えて心から自由を願う気持ちが込められているように感じました。

壮大さも含んだ展開に圧倒されるアンセム的な1曲。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『解放区』Music Video Short ver. - YouTube

 

まとめ

久々にサウンド面でグッと来るものを感じられた「Droro」、自由を願う強い気持ちの込められた歌詞が印象的な「解放区」。

アジカンらしい轟音ギターはそのままに厚みも増したサウンド、現実を見つめながら前へと進む想いを歌った歌詞と進化しながらも魅力が変わらないアジカンを感じられることが出来ました。

最近は離れつつあったのですが、可能な限り聞いていきたいところです。

Dororo / 解放区(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)(特典なし)

Dororo / 解放区(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)(特典なし)