高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

あかねさす少女 11話 -本当の気持ちを認めること-

優の覚醒、得た強さが本物だと証明した奈々たち、黄昏あすかについていくと決めた明日架・・・

見所が多く、最終回に向けて動き出している印象を受けた11話でした。

 

喧嘩をしたため明日架と気まずい状態の優ですが。

黄昏側に行こうとする明日架を止めるため、好きだという感情をぶつけていました。

ここで本当の気持ちを言っておかないと後悔する、そう思ったのかもしれません。

でも、それ以上に本当は明日架のことを心配していた自分に気づけたのが大きいんじゃないでしょうか。

現実から逃げるために空元気を装う明日架を怒ったのも、全ては好きという感情があったからだと思うんですよね。

好きという感情を認められたからこそ、イコライザーとして覚醒し明日架を助けることも出来たんです。

 

  • クラッター化について

明日架たちのフラグメントに現れたクラッターは橘田先生でしたね。

奈々たちが得た強さを否定していたものの、変化を恐れていることを見抜かれて倒されていました。

この話だけで推測するのもあれなんですが、クラッター化した人間はどこかに心の弱さがあってつけいられた結果なのかもしれませんね。

イコライザー化する奈々たちは弱みを受け入れて変わろうとする気持ちがあったので、対になっている存在だと感じました。

 

  • 黄昏あすかについていくことを決めた明日架

ノイジーとの戦いが終わってあとは黄昏あすかを倒すだけと思いきや、明日架がついていくことになりました。

シリアスカとその世界を取り戻し、自分たちの世界も黄昏から守りたい気持ちがあるからだと思いますが・・・

黄昏あすかも自分と同じ「明日架」だということに気づいたからなんでしょうね。

奈々に「友達じゃない」と言われた時の顔がショックを受けてるような感じになっているのを見て、明日架としては放っておけなかったんだろうなぁ。

今回はエロユウが優に端末を貸していたシーンがあったけど、それと同じような感情なのかも。

 

  • まとめ

ラストで黄昏あすかについていくことになった明日架。

何か考えがあってのことだと思いますが、どんな結果になるのか気になります。

ここに来てメッセージ性も感じられる仕上がりになってるので、上手くまとまってほしいところ。

ハッピーエンドを迎えることは出来るのでしょうか。個人的にはそうあってほしいですね・・・