とある指揮官の音楽レビュー日記

アズレンにハマった指揮官による音楽レビュー日記です。J-POPメインに更新中。アズレンはサモアでやってます。

米津玄師「STRAY SHEEP」 -迷いながらでもいい、前に進んでいく-

コロナ流行で先行きが不透明な時代でも前に進み続けたい。

迷いながらも歩みを止めない、そんな人々の力強さも感じさせる一枚です。

 

  • 全体的な感想

前作「BOOTLEG」から約2年9ヵ月ぶりとなるニューアルバム「STRAY SHEEP」。

祖父の死と向き合って生まれた「Lemon」から制作がスタートし、コロナ禍での楽曲制作を経て完成したとインタビューで語られた本作。

そんな経緯もあってか、先行きが不透明なこの時代でも前向きに進もうと模索する人々の姿が描かれています。

全体的にスロー~ミドルテンポの楽曲が多めとなっているものの、米津さんらしい音のギミックは満載で退屈させない作りになっている印象。

どの曲も必ず引き込まれる箇所があって聞くたびに新しい発見があるんですよね。

一回聞いただけでは全てを理解するのが難しいアルバムって色々あると思うんですが、本作もそれに該当するように感じました。

ただ、それがいい方向に作用しているのが見事。

何回も聞かせるようになっていることでアルバム全体に込められた「模索しながらも前に進みたい」って想いがしっかりと伝わってくるんです。

明るめの曲が少なめになっているのもタイトルの「迷える羊」を表現していると同時に、迷いながらも進み続けるってメッセージを増幅させているようで。

コロナ禍の時代だからこそ、聞いておくべきアルバムと言えるでしょう。

 

  • まとめ

ミドルテンポ中心の楽曲と力強さを感じさせる歌詞で模索しながら進む人々の想いを表現した1枚となりました。

コロナ禍の想像を超える厳しい状況に諦めそうになるけど、それでも進んでいくしかないんですよね。

自分に出来ることを少しずつやっていこう、そんなメッセージも感じずにいられません。

米津さんらしい音の作りで聞き手を楽しませることも忘れない、2020年の名盤と言えるアルバムの誕生です。

STRAY SHEEP - Album by Kenshi Yonezu | Spotify

STRAY SHEEP (通常盤) (特典なし)

STRAY SHEEP (通常盤) (特典なし)

  • アーティスト:米津玄師
  • 発売日: 2020/08/05
  • メディア: CD

2020年7月ベストソング5選

一時は落ち着いていたコロナウイルスですが、再び感染者が増えてますね。

これからお盆休みに入って人の流れも多くなるので、手洗いとうがいは怠らずに続けたいところ。

マスクを着けて過ごすことも含め、熱中症にも気を付けていかなければ。

 

それはさておき、7月のベストソングが決まりました。

思った以上に良曲が多くて選ぶのに悩んだけど、何とか10曲に絞ることが出来まして。

では、どうぞ。

 

2020年7月ベストソング

バンドサウンドの織り成す壮大なギターサウンドとメロディが圧巻のロックバラード。
サビのメロディは力強さと美しさを兼ね備えていて、歌詞に登場するラフターの気持ちを表現しているかのよう。
AメロからBメロにかけて少しずつ盛り上がりを見せる展開も王道J-POPらしい存在感に繋がっています。
聞く者の背中をそっと押してくれる歌詞、ゆったりめのテンポも力強い一曲。
楽曲の雰囲気や壮大さといい、ミスチルの「終わりなき旅」を彷彿とさせてくれるのも印象的。

 

R指定の鋭いラップ、菅田将暉の真っ直ぐな歌唱から感じる熱量が圧倒的な一曲。

軽快なラップパートから疾走感を増すサビに入る瞬間の解放感に引き込まれます。

「人生は作り話」と歌うだけでなく「自分の人生は自分で作るしかない」とメッセージを込めているのも印象的。

Cメロで聞ける菅田将暉のラップを含め、曲全体から感じるがむしゃらさに引き込まれます。

 

  • Carol/須田景凪

シンプルだけど優しいメロディが心に響く一曲。

ピアノの繊細な音色とゆったりめのリズムは聞いていると穏やかな気分にさせてくれます。

大切なことを思い出させてくれる歌詞とサビのメロディを聞いていると懐かしさを感じずにいられません。

みんなのうた」に起用されているだけあり、多くの人に聞いてほしい1曲です。

 

  • 盗作/ヨルシカ

どれだけ音楽を作っても心が満たされない、だから名作を盗んでしまった・・・

そんな少年の感情を描いた歌詞とサビのエモーショナルなメロディに引き込まれる1曲。

suisの繊細さと力強さを兼ね備えた表情豊かな歌唱で少年の気持ちを表現しているのが見事。

オシャレさも感じさせるピアノサウンドでヨルシカらしさを感じさせるのが素晴らしいです。

 

エモーショナルなギターサウンドがいい意味でミセスらしくないロックナンバー。

普段はシンセサウンドをアクセントにしているミセスなんだけど、この曲はシンプルにギターロックとして勝負していると言いますか。

インフェルノ」を彷彿とさせるアグレッシブなメロディ、サウンドに引き込まれました。

00年代に邦楽ロックを聞いていた身としてはグッと来るものがあります。

 

次点曲

 

  • Sunflower/I Don't Like Mondays

夏の日差しを表現したサウンドと洗練されたメロディが爽やかなポップナンバー。

君の笑顔の素晴らしさをひまわりの花に例えて表現した歌詞も印象的。

夏らしさを感じさせるだけでなく、これからも君と歩んでいきたいという前向きさも伝わってくるのがポイント。

 

  • 溶けない/マカロニえんぴつ

アコースティックギターの旋律が懐かしさを感じさせるイントロ、Aメロからの熱量を含んだメロディに引き込まれるロックナンバー。

Cメロの大胆な転調がカッコいい仕上がりで楽曲の熱量を引き立ててます。

フォークミュージックの要素を感じさせながらも、ギターロックとして聞かせているのが印象的。

青春の辛い一面を歌った歌詞も印象的。

 

  • カイト/嵐

空を高く飛ぶカイトをイメージさせる壮大で優しいメロディが印象的なミドルナンバー。

米津玄師による作曲でありながら、王道J-POPの良さを感じさせるアレンジは安心感に満ちています。

堂々とした佇まいのメロディで夢に向かって進む力強さを表現しているのが見事と言うべきか。

夢が叶うように願う気持ちを歌った歌詞もポイントで、普段より優しい5人の歌唱にも勇気づけられる仕上がりです。 

 

力強いビート、心地よいメロディに身を委ねたくなるサーフミュージック。

夢を追い続ける人たちの背中を押してくれる歌詞もあって、聞いているだけで前向きにさせてくれます。

WATARUの男臭い歌唱は熱さに加え、爽やかさを感じさせてくれるのもポイント。

 

 

  • one stroke/高橋優

アミューズを離れて独立した高橋優の前向きさを感じさせる、爽やかなメロディが印象的なポップナンバー。
ストリングスの彩り豊かな音色と軽やかなバンドサウンドはこれから新しい日々が始まるんだという希望に満ちているかのようで。
大人になってもワクワクする気持ちを忘れずにと歌った歌詞も心に響きます。

今の高橋優の気持ちが歌われている、リアルタイム・シンガーソングライターらしい1曲です。 

【Amazon.co.jp限定】盗作(初回限定盤)(特典:缶バッチ付)

【Amazon.co.jp限定】盗作(初回限定盤)(特典:缶バッチ付)

  • アーティスト:ヨルシカ
  • 発売日: 2020/07/29
  • メディア: CD
 

MIU404 7話「現在地」 -今の状況は過去の自分が決めた結果-

仕事に打ち込む今、犯罪を犯すしかない今、道を踏み外した今。

どれも「過去の自分が選んだ結果」なんですよね。

 

  • 感想

勤続35年の陣馬さん、過去を後悔し続ける犯人、道を誤ってしまった成川・・・

その他、犯人逮捕に全力を挙げる志摩さんや伊吹の姿も絡めてそれぞれの「現在地」を描いた話でした。

 

人によって今の「現在地」は違うものになっているはずです。

熱心に仕事に打ち込み、子供たちを一人前に育て上げた陣馬さん。

10年後に良くなると信じて箱の中でそのまま過ごした結果、犯罪を犯すことになってしまった犯人。

虚偽通報はやっていないと自分たちの非を反省しないどころか、クスリに手を染めた成川。

いい人生・良くない人生とバラバラの現在地なんですけど、共通しているのは「過去の自分が選んできた結果」なんですよね。

その人にとって最適な行動を続けてきた結果に過ぎないわけで。

今はいいと思っていても、将来的にそれが良くなるかと言えばそうでもないんです。

今が良ければそれでいいのか、将来も見据えた行動を取るか・・・

何だか人生について考えさせられた話でした。

 

  • 弱者に対する救済

今回は家出少女やトランクルームで暮らす男性など、社会的弱者の存在も描いていました。

社会問題も題材にしているこのドラマだけあり、「誰にでも福祉サービスを利用できる権利がある」とメッセージを込めていたのが印象的。

仕事をしていても世の中の状況だったりで急に仕事を失ったりする・・・

今の時代は誰にでも起こる可能性があるんですよね。

だからこそ伝えたかったのでしょうか。

 

成川君と接触を図ろうとするこの男、関西弁の雰囲気や笑顔から明らかにヤバイ奴ってのが感じられますね。

儲け話を気軽に勧めるのといい、何かしらの重大事件に関わってきそうな・・・

ラストの盗聴器との関係も気になるところだけど。

 

  • まとめ

物語も中盤に差しかかかっているのか、不穏な空気も漂い始めましたね。

クスリの売人や仕掛けられた盗聴器・・・

どうなっていくのか、ますます目が離せません。

MIU404 6話「リフレイン」 -志摩さんの心にずっと引っかかっていたもの-

今まで自分を責め続けてきたんだろうなぁ、志摩さん。

 

  • 感想

「相棒殺し」と呼ばれた過去を持つ志摩さん。

かつて香坂とペアを組んでおり、仕事に対する考え方で対立していました。

 

強い正義感を持つ香坂は犯人を逮捕したい気持ちが強すぎるあまり、いい加減な捜査で自分の仕事を汚してしまいます。

そんな彼を志摩さんは厳しく叱責したんですよね。

自分のことを正義と思って周りの状況が見えてない、これは刑事として致命的だと感じたのでしょう。

自分の仕事に誇りを持っているからこそ香坂の姿勢に腹が立ったんだろうけど、結果的に彼を追い詰めてしまうわけで。

彼が亡くなったのは厳しすぎる態度が原因じゃないかってずっと後悔していたんだろうなぁ。

 

でも、実際は刑事としての仕事を全うしようとして転落死したのが原因。

伊吹から真実を聞いたり、香坂が亡くなった日に起きた事件のことを知った瞬間に志摩さんは救われたんだと思います。

不法侵入の犯人に襲われる女性を助けたのが香坂だと知ってお礼を言うと決意したのがその表れでしょうか。

志摩さんの心にずっと引っかかっていたものがようやく取れたんだなと。

 

  • 伊吹

「相棒殺し」と呼ばれた志摩さんのために真実を解明していました。

それが好奇心から来るものではなく、志摩さんを救いたいって気持ちが伝わってくるのがいいですね。

四機捜に入ってから一緒に捜査をするうちに少しずつ絆が深まっているのを感じます。

 

  • 「間違いも失敗も言えるようになれ」というセリフ

香坂が置かれた状況を自分に置き換えて「自分だったら志摩さんに言えない」と口にした九重。

その直後に陣馬さんが「間違いも失敗も言えるようになれ」と九重に言っていました。

誰でも間違いや失敗を認めるのは怖いと思うんですけど、次に進むためには大切なことなんですよね。

自分の間違いを知ることでそれを防ぐにはどうしたらいいかを考えられる・・・

刑事だけでなく、どんな仕事にも通ずることだと感じました。

 

  • まとめ

香坂の死についての真相を知ったことで本当の意味で前に進むことが出来た志摩さん。

今の相棒である伊吹とも上手くやっていけそうな予感がします。

相変わらずの凸凹コンビであることには変わりないんでしょうけど・・・

カイト/嵐 -遠くから優しく見守りたい-

昨年の紅白歌合戦で披露された嵐の「カイト」。

米津玄師さんの提供曲ということで音源化を待っていたんですが、7月29日に待望のCDが発売されました。

オーケストラの壮大なメロディとサウンドが背中を押してくれる、優しさも兼ね備えた応援歌となっています。 

 

  • カイト(NHK2020ソング)

空を高く飛ぶカイトのような壮大さが表現されたメロディに引き込まれるミドルナンバー。

力強いオーケストラサウンドは一歩一歩を確実に踏みしめるかのようで、聞く者の背中を自然と押してくれる仕上がりです。

米津玄師さんによる作詞作曲ということで、王道J-POPの良さを感じさせるアレンジになっているのもポイント。

楽曲の構成やストリングスの雰囲気など、いかにも良質のJ-POPって雰囲気になっていて安心感が半端ない。

いつもより優しさに満ちた5人の歌唱も心に響きます。

 

「君の夢が叶うように」と願いを込めた歌詞のメッセージも印象的。

辛いことがあってもそれを乗り越え、目標に向かってずっと頑張っているからこそ夢を叶えてほしい・・・

その気持ちをカイトに乗せて飛ばすのは本当に実現してほしいという気持ちと夢が叶っても普段通りの君でいてほしいからなんでしょうね。

直接は力になれなくても願うことで力になりたい、そっと遠くで見守るような優しさを感じられる1曲となりました。

https://youtu.be/ETLT0WXFX1E

カイト(初回限定盤)(Blu-ray付)

カイト(初回限定盤)(Blu-ray付)

  • アーティスト:
  • 発売日: 2020/07/29
  • メディア: CD

IN THE SUMMER/嵐 -ずっと変わらない関係-

今年で活動休止となる予定の嵐ですが、またも新曲を発表しました。

「IN THE SUMMER」は夏らしさ全開のエレクロトナンバーで、リラックスできる仕上がりとなりました。

 

  • IN THE SUMMER

リゾート感が漂うサウンド、ゆったりしたテンポに心地よさを感じるエレクトロポップ。

Rami Yacoubによる楽曲提供とプロデュースを受けたナンバーで、聞いているだけでリラックス出来るような心地よいEDMナンバーとなっています。

バッキバキのアレンジを効かせたサウンドではなく、夏の爽やかさを最大限に表現したトロピカルハウスに仕上がっている印象を受けました。

ゆったりとしたメロディはさざ波のような心地よさ良さすら感じさせてくれます。

サビ後にやってくるドロップの存在、一定のリズムを刻むトラックもそれを増幅させているのが実に見事で。

全くと言っていいほど生音を使っていないのに不思議と癒される曲になっているんです。

 

また、J-POP離れしたアレンジもポイントでしょうか。

そんな楽曲を堂々と歌いこなす嵐の5人から感じる表現力は圧巻の一言。

安心感があるからこそ、どんなタイプの曲でもすんなりと入ってくるんだろうなと改めて実感。

 

ひと夏の恋愛模様ににファンとの関係性を重ねた歌詞も印象的。

活動休止を発表した嵐だけど、ずっとファンであり続けることは変わらないんですよね。

嵐のファンになってくれたことを決して後悔させない、そんな強い気持ちを感じずにいられません。

 

嵐のサマーソングと言えば「夏疾風」が思い浮かぶんですが、こちらは日本の夏を連想させるのに対し、今回のは南国リゾートの癒される情景を感じさせてくれました。

世界を意識した活動にシフトした嵐ならではのサマーチューンが誕生です。

今年の夏は自粛傾向が強いからこそ、この曲でリゾート感だけでも味わうのがオススメではないでしょうか。

IN THE SUMMER, a song by ARASHI on Spotify

IN THE SUMMER

IN THE SUMMER

  • J-Pop
  • ¥255

MIU404 5話「夢の島」 -本当は夢の島ではないのかもしれない-

思った以上に社会への問題提起がされているドラマだなと。

 

  • 感想

外国人技能実習生の問題をテーマにした話でした。

ベトナムよりもいい収入が得られるからと日本へ来て働くわけなんですが、実際は低賃金で手取りも少なく、最終的には使い捨てにされてしまう・・・

夢を求めて来たはずが奴隷のように使われて終わりなんですよね。

そんな現実に気がついた水森は耐えられずコンビニ強盗に手を染めてしまうんですけど、彼の心情を想うとやりきれない気持ちになります。

 

「外国人は日本に来るな」

コンビニ強盗を犯した水森が口にした言葉なんですが、現実に気づいた彼ならではのメッセージがあるように感じられました。 

彼が唯一心を許していたマイが日本でいいように使われてしまわないようにと優しさから言ったのかもしれないし、限られた仕事を外国人に取られてしまうのが耐えられないという感情から来るものなのか・・・

どういった真意があるのかは分かりませんが、労働問題を取り上げていた今回の話は見ていていろいろと考えさせられますね。

 

  •  伊吹

マイに対して好意を見せたものの、あっさりとフラれてしまいました。

それでも、「自分の魅力に気づいていない」と自信ありな気持ちでいるのが伊吹らしいなぁ。

この前向きさこそがいい意味で野生のバカと言われる理由なんでしょうね。

 

  • まとめ

1話から一貫して現実的な問題をテーマに話が作られていると感じた本作品。

今回は外国人技能実習生の労働問題がテーマとあり、いろいろと考えることがありました。

低賃金で使われてしまう点では日本に蔓延るブラック企業にも通ずるものがあるだけに尚更です。

 

ところで、ラストで志摩さんが「相棒殺し」と言われていたのが気がかりだけど・・・

そろそろ過去にも触れていくのでしょうか?