とある指揮官の音楽レビュー日記

アズレンにハマった指揮官による音楽レビュー日記です。J-POPメインに更新中。

2019年アニメアウォーズ!

おちゃつのちょっとマイルドなblogさんの毎年恒例となっている「2019年アニメアウォーズ!」、今回も参加させていただきました。

本当は年が明けてからすぐにやりたかったんですが、以前よりアニメを見る本数が減ったため逆に悩んでしまいまして。

もちろん、楽しめた作品には出会えたのでアニメそのものを嫌いになってるわけじゃないですよ。

 

というわけで、2019年はこんな感じになりました。

 

  • 最優秀作品

最近は日常系アニメに癒されてばかりの私。

2019年もそれをメインに見ていましたが、中でも「世話やきキツネの仙狐さん」は飛びぬけていたなと感じますね。

家事全般からマッサージまでいろいろやってくれる仙孤さんを見ているだけで癒されました。

この荒んだ時代に必要な「癒し」の大切さをシンプルに伝えてくれたのが良かったなぁ。

日々の生活に疲れてしまった時は何も考えずに見たい、そう言い切れる作品。

 

  • 特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)

同じく日常系のわたてんと悩みましたが、個人的に「ソウナンですか?」で。

15分と短めでありながら、無人島生活におけるサバイバル術をコミカルに分かりやすく描いていた印象。

キャラ同士のやり取りも面白く、知識を得ながら楽しむことが出来ました。

安野希世乃さんによるED曲「生きる」も作品のテーマに合っていたなと。

 

  • キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)

男性部門-竜宮院 聖哉(慎重勇者)

最強なのに異常すぎる慎重さがあって、何とも言えないコミカルさが生まれているキャラだと感じました。

スライムですらも完全に消し去る徹底っぷりは過剰すぎる気もしますが、だからこそ最強なんだろうなぁと。

リスタルテに対する雑な扱い方も印象的。

 

女性部門‐リスタルテ(慎重勇者)

上品な女神のはずが中身はポンコツ・・・

そのギャップがキャラの良さになっていたと思います。

顔芸やら体臭など、女性キャラらしくない扱いが何とも。

豊崎愛生さんの演技も含め、インパクト抜群でした。

 

  • OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 

FANTASTIC ILLUSION/「手品先輩」OP曲

サビの軽快さと手品先輩が歩くアニメーション・・・

これが上手くマッチしていて毎回見たくなるほどでした。

普段は飛ばすんですけど、これだけはしっかり楽しんでいたなと思います。

映像込みだとここ最近でもお気に入りのOPです。

 

  • ED部門 (同上) 

ハッピー・ハッピー・フレンズ/ 「わたてん」ED曲

曲の可愛さもさることながら、デフォルメされたキャラの動きも印象的。

見ているだけで癒される仕上がり。

 

まとめ

例年以上に日常系アニメを好んで見ていたなと感じる2019年。

「2019年アニメアウォーズ!」のラインナップを見てもその傾向が出ているかと思います。

以前から日常系アニメは見ていたんですけど、ここ最近は自分でもアニメから離れつつあるなと感じていて。

話題になっている「鬼滅の刃」をスルーしてしまうほどになってしまいました・・・

今は主題歌チェックがてら1話を見るものの、最終的に1クールあたり5本見るのがやっとの状況でして。

結果、気楽に見れる日常系アニメを優先して見ることになったんじゃないかなと。

 

とはいえ、今年は以前のように楽しんで見れるようにしていけたらって思ってます。

作業的に見ることだけは無いようにしたいものですね。

雨のパレード「BORDERLESS」 -いろんな壁を越えて-

ベース・是永が脱退したこともあり、3人編成となった雨のパレード。

そんな出来事を経て制作された4thアルバム「BORDERLESS」はジャンルレスで自由に音楽を奏でる、隔たりのない作風が印象的でした。

3人になったことをマイナスに感じさせない、開放的なサウンドを楽しめるアルバムです。

 

  • 全体的な感想

アルバムタイトルになっている「BORDERLESS」、直訳すると国境や境界がないって意味なんですが。

その言葉が示す通り、ロックを軸にR&Bやエレクトロ、ヒップホップなどを取り入れたジャンルレスなサウンドを楽しめる1枚に仕上がっています。

蔦谷好位置プロデュースの楽曲も含め、単なるギターロックに留まらないサウンドを鳴らしてる印象。

全体的に大衆性を意識した作りとなっていて、どの曲にも分かりやすいポップさがあると感じました。

サビの高揚感と今まで歩んできた道は間違っていないと肯定してくれる歌詞に背中を押される「BORDERLESS」、EDMっぽさも感じさせるサマーチューン「Summer Time Magic」、オシャレだけど素敵な雰囲気のR&B「Story」など。

ジャンルレスでありながら全部の曲に聞きやすさがあるんですよね。

アルバムから感じる心地良さこそ、テーマになっている「全ての壁を取り払いたい」ってメッセージそのものではないでしょうか。

歌詞だけでなく、サウンドからもそのように感じさせてくれるのが素晴らしい。

個人的に2020年の絶対聞いておきたい1枚と言えます。

 

  • まとめ

ロックにこだわらず、ジャンルを越えたサウンドの楽曲で聞き手を引き込む構成になっている「BORDERLESS」。

蔦屋好位置プロデュースの楽曲も含め、音楽で壁を取り払いたい気持ちを表現した作品となりました。

開放的なサウンドといい、その想いが強く感じられるのが見事ですね。

BORDERLESS, a song by ame_no_parade on Spotify

BORDERLESS [CD + BONUS CD + BOOK] [完全生産限定盤]

BORDERLESS [CD + BONUS CD + BOOK] [完全生産限定盤]

さよならの今日に/あいみょん -よりよい明日を目指してどう生きるか-

2019年はアルバム「瞬間的シックスセンス」をはじめ、「ハルノヒ」などシングル3枚をリリースして精力的に活動したあいみょん

2018年の「マリーゴールド」もサブスクで長く聞かれるなど、印象に残る曲を生み出し続けています。

 

そんな彼女が2020年最初の新曲「さよならの今日に」を配信リリースしました。

「明日をどう生きるか」と問いかける歌詞、安定した良質のメロディが心に響く1曲となっています。

 

・さよならの今日に(日本テレビnews zero」テーマソング)

90年代J-POPを彷彿とさせるメロディとアレンジがあいみょんらしいミドルナンバー。

ギターサウンドを軸にしたシンプルな構成の楽曲でありながら、安定した良さのメロディは聞く者を引き込む力があります。

ゆったりとしたテンポなんだけど、掻き鳴らされるギターサウンドが意外とエモーショナルな仕上がりで。

繊細さの中にある芯の強さを感じさせてくれるんですね。

バックを彩るストリングスの音色、間奏のメロディラインも曲に深みを与えているように感じました。

 

それをより引き立てているのが歌詞ではないでしょうか。

「明日は誰にでも来るからそれをどう生きるか」、そんなメッセージを込めた歌詞に背中を押されながらもいろいろ考えさせられます。

明日がやってくる以上、過去を悔やんでも仕方がないと思うんですよね。

今日の失敗を踏まえてそれをどう活かしていくか・・・

自分なりに出来ることを全力でやっていくことが大切、優しくも力強い歌唱でそう訴えかけてくるかのようです。

 

今日という日は二度と戻らないからこそ、真剣に生きようー。

ありがちなメッセージなんですが、一日一日の大切さに改めて気づかせてくれる1曲です。

 さよならの今日に, a song by Aimyon on Spotify

さよならの今日に

さよならの今日に

  • provided courtesy of iTunes

鈴木みのり「夜空」 -あなたと一緒にいい未来を描きたい-

「ヘンなこと大好き娘」のイメージが強い鈴木みのりさんですが。

2月12日発売の「夜空」は声優アーティストとしての表現力をしっかりと感じられるシングルとなっていました。

 

1.夜空(アニメ「恋する小惑星」ED曲)
お互いにいい未来を描いていこうー。

将来への希望を歌った歌詞とみのりんごの歌声が心に響くバラードナンバー。

夜空に浮かぶ星空の輝きをイメージした美しいメロディとなっていて、みのりんごの楽曲でも上品な仕上がりとなっています。

 

特に、サビの完成度は王道J-POPを彷彿とさせるほど。

安定した良さのメロディをしっかりと歌いこなす表現力も印象的。

伸びやかな歌唱がさらに引き立てているように感じました。

 

個人的に歌詞の内容に合わせたアレンジも聞き所。

強くなりたい気持ちを歌った1番はシンプルに、絆を歌った2番からは軽快なドラムも加わった力強さも感じさせるようになっているのがポイント。

歌詞、歌唱、メロディの全てで希望に満ちた1曲だと思います。

 

2.まぼろし

本当は会えないけどまた出会えるかもしれない・・・

そんな君への思いを歌った歌詞と少しづつ盛り上がるメロディが切なさを感じさせるバラード。

1番は繊細に、2番から力強く感情的に歌い上げるみのりんごの歌唱は圧巻の一言。

「もう会えないんだ」と気づいた時の寂しさがこれでもかと聞き手に伝わってきます。

2番のBメロが終わった瞬間の静けさも曲の世界観を上手く作り上げている印象。 

 

3.いっせのーでっ!

サビの掛け声や途中で入ってくるセリフが明るい印象を与えてくれるポップナンバー。

転調するCメロや全体的なテンションの高さはまさにみのりんごって感じの仕上がりです。

北川勝利さんによる楽曲らしく、洗練された旋律のピアノもいいアクセントになっている印象。

キュートなコーラスも含め、一度聞けば離れない中毒性を持った曲となりました。

 

まとめ

3曲とも違う表情を見せながらも、みのりんごの新境地を感じさせる仕上がりでした。

声優アーティストとしての表現力をしっかりと高めているのが伺えますね。

2020年も活躍が楽しみです。

https://www.youtube.com/watch?v=Ct-zSVAldXc

あなたがいることで/Uru -大切なあなたを守れるように-

常に安定したバラードナンバーを聞かせてくれるUru。

個人的に最近のアーティストの中でも良質のバラードを歌い続けているのではないでしょうか。

2月9日に配信がスタートした「あなたがいることで」もそれを実感するに相応しいものでした。

 

コバタケプロデュースの楽曲でありながら、Uruの歌声の良さを最大限に引き出している1曲です。

 

  • あなたがいることで(TBS日曜劇場「テセウスの船」主題歌)

透明感のあるUruの歌声、優しいピアノサウンドの暖かみを感じられるバラードナンバー。

小林武史プロデュースの楽曲でありながら、決して飲まれずにUruらしさを維持した楽曲となっているのが見事。

悪く言えば代わり映えしないバラードなんだけど、繊細で存在感のある歌声をしっかり活かしているため、いい意味での安定感があります。

聞いているだけで心が暖まってくると言いますか。

こういったバラードナンバーこそ、彼女の魅力であると言えるでしょう。

 

また、「あなたがいるだけで強くなれる」と歌った歌詞も印象的。

笑顔だけで支えてくれるだけでなく人間らしい弱さも見せてくれたからこそ、私はもっと強くなりたい・・・

大切なあなたを守れるようになりたいって気持ちも伝わってきました。

 

歌声とピアノサウンドで聞かせるシンプルな楽曲だからこそ優しさが伝わる、Uruらしいラブソングです。

あなたがいることで by Uru on Spotify

【Amazon.co.jp限定】オリオンブルー (通常盤) (デカジャケット付)

【Amazon.co.jp限定】オリオンブルー (通常盤) (デカジャケット付)

  • アーティスト:Uru
  • 出版社/メーカー: SMAR
  • 発売日: 2020/03/18
  • メディア: CD
 

水瀬いのり「ココロソマリ」 -この気持ち、大切な人に伝えたい-

水瀬いのりさんにとって、2020年最初のリリースとなるシングル「ココロソマリ」。

3曲ともタイプの違う楽曲でありながら、アーティスト・水瀬いのりとしての存在感を発揮している印象でした。

 

1.ココロソマリ(アニメ「ソマリと森の神様」ED曲)

水瀬いのりさん自身が作詞を手掛けた、優しさに溢れたバラードナンバー。

J-POPの王道と言える美しいピアノサウンドとストリングスによるメロディ、繊細さを兼ね備えた歌声が心に響きます。

サビで聞かせる感情豊かな歌唱もあって、曲の持つ優しさが増幅されているように感じました。

いつもの力強さや演じている時のキュートさとはまた違った魅力があります。

 

大切な人に対して愛を伝えようとする気持ちが歌われた歌詞も印象的。

ソマリの世界観に合わせつつ、一つのラブバラードとして完成しているのは素晴らしい。

特別な愛で心を染めていく、そんな深い愛を歌った1曲です。

 

2.僕らは今  

エモーショナルで壮大なギターサウンドと転調が印象的なロックナンバー。

今に対する想いを真っ直ぐに歌い上げた1曲で、ダイナミックさを感じるメロディと相まってとにかく力強い。

そう思うのはマイケミっぽいアレンジも影響しているからなんでしょうか。

サビの「今を駆け抜けていく」って感じが個人的に好きです。

 

3.Well Wishing Word

イントロのキュートな歌いだしや軽快なメロディが元気な印象を与えてくれるポップナンバー。

流れるようなオーボエの音色など、全体的に賑やかさを感じずにいられません。

それをより実感させる水瀬いのりさんの歌唱もポイントです。

それでいて、歌詞は奇跡的に出会った二人が再会を誓い合う気持ちを歌ったものになっているギャップも個人的にツボ。

明るい楽曲だからこそ、悲しさを感じさせないようにしている配慮も感じられますね。

 
  • まとめ

昨年4月に発売されたアルバム以来のシングルとなった「ココロソマリ」。

表題曲で作詞を手掛けるなど、アーティストとしての表現力がさらに上がっていると思いました。

特に、転調を繰り返す壮大なロックナンバー「僕らは今」をしっかりと歌いこなせていたのにはビックリ。

 

今後も活躍が楽しみです。

高知県主催の婚活イベントに参加してきました その1

2020年代になって最初となる1月。

そろそろ年齢的に結婚を考えなければということで思いきって婚活イベントに行ってきました。

このブログ初の試みとなるイベントレポート(音楽レビューブログなのになぜ婚活イベント?ってツッコミはさておき)にもなるので、いっそ書いてしまおうかと。

今回参加したのはストラップ作りの体験やホテルスイーツを味わうという感じのイベントになります。

婚活イベントがどんなものか知りたい方はもちろん、ヒマな方も気軽に読んでいただけたらと・・・

婚活イベントに参加したいと考えている方の参考になれば幸いです。

 

ちなみに、このイベントは高知県が主催しているものでして。 

補助が出ているため、民間の婚活イベントに比べて値段もリーズナブルな印象なので、高知県在住の方は利用を検討してみてもいいでしょう。

何より、県主催という点で安心感もありますし。

www.koishiyo.pref.kochi.lg.jp

 

  • イベントの流れ

今回のイベント、大まかな流れとしてはこんな感じでした。

挨拶・スタッフ紹介・アイスブレイクなど→1対1プロフィールトーク(3分30秒トーク・30秒でメモと移動)→ホテルへ移動→ホテルスイーツ→会場へ移動→ストラップ作り体験→マッチング・アンケート→終了

スケジュールを見る限りだと、プロフィールトークで簡単に自己紹介をしてからホテルスイーツやストラップ作り体験で交流を深めていくといったものでしょうか。

フリートークの時間がないだけ気持ち的には楽だなという印象ですね。

ただ、振り返ってみると他の方と交流を深める時間が少なかった気が・・・

 

  • 以下、イベントレポート

 

1.1対1プロフィールトーク
最初の説明を終えて、いよいよイベントがスタート。
まずはお互いにプロフィールカードを使ってのトークから。
円形に並んだイスに向かい合って座り、3分30秒で会話して気になったことなどを30秒でメモするという内容です。

ご存じの方もいると思いますが、これは男性が移動していくんですね。

これ自体は抵抗なかったんですけど、恥ずかしいことに腰を痛めていまして・・・(今はだいぶ良くなりました)

そんなわけで、負担をかけないようにするので精いっぱいだった記憶があります。

 

ま、それはおいといてイベントレポートを。

最初は自分と同じ番号の方とトークすることになっているのですが、腰を痛めていることもあって座らずにトークさせてもらうことに。

「上から失礼します」と一言断りを入れてプロフィールカードを交換、趣味などの話題から話をしていくはずでしたが・・・

1分ほどして「相手と同じ目線にならないとお話しできない」と感じて座ることにしました。

こういう場は初めてなのと自分の中で失礼なことをしてしまったという気持ちもあり、座ってからも話すことは出来ないままで3分30秒が過ぎてしまいました。

(余談ですが、この時の女性が水瀬いのりさんにそっくりでビックリしました。ここまで似てる人っているんだなって。今思うと積極的に話せば良かったと少し後悔…)

 

その後は代わりに入った婚活サポーターさん(女性の方が一人欠席していたため)とのトークでアドバイスを貰ったのもあり、それなりに喋れていたと思います。

趣味の話題やオススメの飲食店についての話で盛り上がれたりも。

最初の一回以外は自分にしては思ったより喋れていたんじゃないかなと。

 

2.ホテルスイーツ

プロフィールトーク後はホテルへ移動してスイーツを楽しむことに。

席はくじ引きで決まるようなので適当に引いて指定された番号のテーブルへ。

そこで一緒になった方は自分と年代が違ったものの、練習だと思って相手の話に相槌を打ったり自分から話を振るようにしました。

 

3.ストラップ作り体験

最後は会場に戻ってのストラップ作り体験。

こちらもくじ引きで席が決まる形になっていました。

今度は同世代(といっても何個か上ですが)の方と一緒の席になったので、可能な限りコミュニケーションを取ろうと考えたものの・・・

思ったよりもストラップ作りに手こずったり、集中しすぎてコミュニケーションを忘れてしまったなと。

同じ席の女性に手伝ってもらうこともあり、「ちょっとこれは・・・」と自分で感じてしまいました。

ストラップ自体は上手くできたのでそこは良かったんですが、もっと楽しむ姿勢で臨めれば。

 

  • イベント反省点

1.プロフィールトークで何を喋っていいのか分からず相手に話を振ってもらったこと
最初にプロフィールトークがあって相手のプロフィールカードを見てそこから話を広げていくんですが、その時に「何から話したらいいんだろう?」と真っ白になってしまいまして…

相手から話を振ってもらえた時はそれなりに喋ることが出来たものの、自分からもっと喋ってみるべきだったかなと思ってます。

趣味についての話から入ってみるとか、それを積極的にしていけたら。

あとは緊張のあまり、笑顔を忘れていた気も。

接客業をしてるので仕事以外でも自然に笑顔を作りたいです。

 

2.トーク後に上手くメモを取れなかった
話をすることで頭がいっぱいだったのもありますが、メモの取り方がイマイチだったなと。

項目別に○でチェックしたり、話しやすいと感じた場合は「話しやすかった」とだけ書く感じで印象に残った事まではメモしてませんでした。

 

3.名札が裏になったまま気づかずそのままに…
これは私自身のポカミスなんですが。

番号とニックネームを書く名札があって、イベント中はそれを首から下げておくんですよ。

名前と番号を覚えてもらうためのものなんだけど、それを裏にしたままトークしてしまって。

いつの間にか裏になっていたと思うんですが、話の途中で気がついて何回か直すことがありました。

あとで考えると、印象がよくなかったのではと感じてます。

番号とニックネームを見せてないことで「あまり話をしたくないのかな?」と相手に思わせてしまったかと。

その辺を意識しなければいけませんね…

 

4.一緒の班になった方とコミュニケーションを取ってなかった
今回はストラップ作りの体験型イベントだったので他の参加者と一緒になる時間もありました。

しかし、作業に集中しすぎてあまり会話をしてなかった気がします。

分からないことを一緒の班の方に聞くとか、ちょっとした会話を交わしても良かったかなと思ってます。

仕事を通じて「人と話すのは嫌いじゃない」って思えるようになった割には何だかなと自分に言いたいほど。

もっと積極的に話をしてみるべきでした。

 

5.移動時間のコミュニケーションとメモの取り方
今回参加したイベントでは途中で移動時間がありました。

私は特にコミュニケーションを取らずにいたんですが、ふと思い返せばその時に会話をしてみても良かった気がします。

ただ、フリートーク後のメモの取り方がダメ過ぎて「自分と話が合いそうな方は何番だっけ…?」という状況になって話をしたくても出来ませんでした。

趣味や出身地などの情報だけでも具体的にメモしておけば声を掛けれたのかなと。

まあ、ここで呟いても仕方ないので次回に活かしたいところですね。

 

  • まとめ

というわけで、初めての婚活イベントレポでした。

一回目ということもあり、上手くいかなくても仕方ないなとは感じています。

思った以上に反省点が見つかったので、それを踏まえて日々の仕事で笑顔を意識したりして次回に活かせればなと。

 

ここからはイベントに対する評価なんですが・・・

今回はくじ引きで席が決まるようになっていたり、フリートークの時間がなかったこともあって全員と話す時間はあまりなかったように感じます。

個人的に同世代の方と話が出来ればと思っていただけに、そこが少し残念だったかなと。

 

そんなわけで以上になります。

読んでいただき、ありがとうございました。

え、結果を知りたいって? タイトルに「その1」とあるからお察しの通りです・・・