宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

2019年上半期 気になった若手声優

以前に比べ、気になる声優さんがいないと感じるようになってから1年が経過。

アニメを見ていて特に惹かれるものがなく、名前を見かけても気にすることもなくなり・・・

若手声優に関しては一部の方を除いて疎くなっていました。

頻繁に若手がデビューする状況の現在、どんどん新しい方が増えてくるのでついていけなくなるのも無理はないと感じています。

 

そんな中、今年は久々に気になる若手声優が。

今年になって初めて知った方、前から知っていたけど最近になって魅力に気づけた方・・・

最近の若手声優に疎くなった私ですが、5人選んでその理由を語ってみました。

 

何と言っても、わたてんの姫坂乃愛やぼっち生活の本庄アルで見せてくれた元気いっぱいの演技ではないでしょうか。

素直にキャラの可愛さを引き出している印象で、気が付いたら引き込まれていました。

前から存在は知っていたものの、あと一つという状態だったんですよね。

本庄アルの残念さも含めた可愛さにつながる演技は魅力的。

 

仙狐さんの母性と小動物的な可愛さを感じさせる演技、アズレン鈴谷の上品だけどエッチな印象も与えてくれる演技・・・

同時期にタイプが違うキャラで魅力を感じさせてくれました。

声優と言えば演じ分けが出来て当たり前だけど、改めてその凄さに気づかせてくれたことが大きいですね。

鈴谷のセリフから感じる大胆さや息遣いは個人的に必聴。

アズレンをやってる方で鈴谷をお迎えできた方はぜひ秘書艦に。

 

みゃー姉が大好きでたまらないひなたの「みゃー姉」と呼ぶ時の声がとにかく可愛くて頭から離れなくなりました。

今年に入るまで知らなかったのですが、この演技だけで覚えてしまったくらい印象に残っています。

特に、ひなたのキャラソン「やっぱりみゃー姉なんばーわん」はまさに魅力がいっぱいで曲調とも相まってその可愛さを堪能できる仕上がりでした。

4月に入ってから配信されたデレステの「O-Ku-Ri-Mo-No Sunday!」でも声の可愛さはそのままにキュートな曲を歌っている印象。

今後が気になる声優さんです。

 

この方はコトブキ飛行隊のED曲で気になった感じでしょうか。

サビの伸びやかな歌唱が気持ちいいなと思いながら聞いていた時にアーティスト名を見てそこで初めて知りました。

複数で歌っている曲なのでその伸びやかな歌声が鈴代紗弓さんのものかは不明ですが、 

とにかく印象に残る曲だったなと。

演技については、4月から始まったぼく勉の武元うるかの前向きなキャラを上手く表現していて少しずつ気になり始めてます。 

 

他の若手声優に比べると低めの声質が耳に残りますね。

ガヴリールやソフィーの時から感じていましたが、ぼく勉の理珠でもその印象は変わらず。

ちょっとクセも感じさせる声はなかなか忘れられません。 

楽曲で選ぶ、2019年春アニメED曲5選

続いてED曲5選です。

今期は男性ボーカルものが意外にいいなと感じましたね。

これまではあまり選んでなかったように思いますが、私の好みが変わってきたのかもしれません。

OP曲同様にメロディ・楽曲重視で選んでます。

 

  • ね、いっしょにかえろ/一里ぼっち(森下千咲)

新学期への希望や「一緒に帰ろう」と自分から声を掛けれるようになりたい・・・

ぼっちが抱く新たな学校生活への希望を王道のメロディラインに載せて歌った1曲。

J-POPのミディアムナンバーにも近い存在感があるメロディは心に響きます。

シンプルなアレンジもあって、2019年春アニメ一番のお気に入り曲となりました。

 

  • もっふもっふ DE よいのじゃよ/仙狐(和氣あず未)(世話やきキツネの仙狐さん) 

仙狐さんのキュートなラップに癒されるポップナンバー。

仕事から帰ってきた後の夕食やお風呂、布団で寝る時間・・・

当たり前の日常がいかに大切かってのを仙狐さんが教えてくれます。

途中に入る「よしよーし」などのセリフも聞いていて癒される。

 

聞いているだけでキュンとするような可愛さMAXのアイドルポップ。

声優さんによるキュートで元気いっぱいの歌唱と小気味いいギターリフもあって、耳から離れなくなります。

特に、「きゅん・きゅん」という掛け声の破壊力は抜群。

可愛らしくデフォルメされたキャラたちによるシンデレラガールズ劇場にピッタリな1曲。

 

ピアノとギターの織りなす音色が爽やかさを感じさせるポップナンバー。

どこまでも突き抜けるメロディと内田雄馬の伸びやかな歌声の組み合わせは聞いていて心地よさを感じさせてくれます。

希望を描いた歌詞とも上手くマッチしている印象で、前向きな気持ちにさせてくれる1曲。 

耳障りのいい声質も個人的に好み。

 

疾走感のあるギターサウンドと力強い歌声が背中を押してくれるロックナンバー。

「まだまだこれから」と希望を感じ取って前に進む気持ちを描いた歌詞も印象的。

熱量のある歌唱もあって、自然と勇気を貰えるような気がします。

 

楽曲で選ぶ、2019年春アニメOP曲5選

春アニメも折り返し地点に差しかかる頃ですね。
今期もOP・ED曲からいいと感じたものを5曲ずつ選んでいきたいと思います。
なお、一般アーティストの楽曲は対象外としてますのでご了承ください…
 

軽快なメロディとそれに合わせたキャラクターの動きがキュート。

キャラクター名義での歌唱だけあって、それぞれの持ち味を活かした仕上がりになっています。

特に、本庄アル役の鬼頭明里さんによる歌唱は元気で耳に残ると言いますか。

これから友達を作っていこう、そんなぼっちの気持ちを代弁した歌詞も印象的です。

 

  • セイシュンゼミナール/Study(僕たちは勉強ができない)

軽やかなメロディとジャジーでオシャレなピアノの旋律が程よいアクセントになったアニソンポップ。

サビの爽やかさに頑張る文乃たちの前向きな姿を思い浮かべました。

今は勉強ができなくても、少しずつ克服している・・・

ドラムの軽快なリズムやギターリフが文乃たちの歩みを表現しているかのようですね。

Study 「セイシュンゼミナール」 MV [YouTube Edit] 【TVアニメ「ぼくたちは勉強ができない」音楽ユニット】 - YouTube

 

再始動した筝曲部のこれからを予感させる、希望に満ちたポップナンバー。

蒼井翔太の透明感溢れる歌声が明るい未来そのもののようで。

エレクロト調のアレンジを効かせたサウンドと上手くマッチしているのも印象的。

 

「おかえりなのじゃ 今日もお疲れさま」というサビのフレーズ、仙狐さんとシロの掛け合いに癒されるポップナンバー。

アニメ同様、今の時代には癒しが必要不可欠ってのを教えてくれる1曲となっています。

Aメロ前の「ちゅっ!」も含め、可愛さに癒されたい。

 

LiSAの力強い歌唱を存分に楽しめる王道のアニソンロック。

悲しみを乗り越えることで自分は強くなれたー。

何があっても大切な人を守り抜きたい、サウンドや歌唱からその想いを感じずにいられませんでした。

ASIAN KUNG-FU GENARATION「Droro/解放区」 -現実と向き合い、前に進む-

2019年第一弾となるアジカンのニューシングル「Droro/解放区」。

サウンド面にアジカンらしさと今の魅力を感じつつも、さらにメッセージ性が高まった歌詞に新しさも感じられる仕上がりでした。

 

以下、収録曲レビュー

1.Dororo(アニメ「どろろ」2クール目OP曲)

山田貴洋との共作による、アジカンらしいエモーショナルなギターサウンドが痛快なロックナンバー。

程よい疾走感とギターのうねり具合は初期の粗削りな作風に通ずるものがあります。

サビで駆け抜けるメロディから感じる爽快感、アウトロにかけて聞かせるゴッチの歌唱がシンプルにたまりません。

それでいて、今のアジカンとしての音楽性でそれを奏でているのが見事。

どろろ」の世界観をイメージした歌詞でありながら、現代に蔓延る闇も含めて描いている点もポイント。

サウンドワーク、歌詞に込めたメッセージ性といい久々にアジカンの真骨頂と言えるナンバーだと感じました。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『Dororo』 - YouTube

 

2.解放区

現代社会の問題も見つめながら、自由に対する渇望を声高々に歌い上げたロックナンバー。

少しずつ開放感を増していくサウンドとメロディが楽曲の描くテーマに上手く合っています。

間奏のポエトリーリーディング、ラストの大合唱からは現実を乗り越えて心から自由を願う気持ちが込められているように感じました。

壮大さも含んだ展開に圧倒されるアンセム的な1曲。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『解放区』Music Video Short ver. - YouTube

 

まとめ

久々にサウンド面でグッと来るものを感じられた「Droro」、自由を願う強い気持ちの込められた歌詞が印象的な「解放区」。

アジカンらしい轟音ギターはそのままに厚みも増したサウンド、現実を見つめながら前へと進む想いを歌った歌詞と進化しながらも魅力が変わらないアジカンを感じられることが出来ました。

最近は離れつつあったのですが、可能な限り聞いていきたいところです。

Dororo / 解放区(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)(特典なし)

Dororo / 解放区(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)(特典なし)

 

まちがいさがし/菅田将暉 -君との出会い、それは大切なもの-

俳優としてだけでなく、アーティスト活動も印象に残る菅田将暉

昨年の「さよならエレジー」のヒットが記憶に新しいほか、聞く者を惹きつける熱い歌唱が魅力的な彼ですが。

本日、5月14日に配信がスタートした「まちがいさがし」はさらなる魅力を感じさせるバラードナンバーとなっています。

米津玄師による作詞・作曲ということもあり、心に響くバラードです。

 

まちがいさがし

自分はまちがいさがしの間違いの方に生まれたと思っていたけど、そうでなければこの出会いはなかったかもしれないー。

出会えた奇跡を大切に想う歌詞とピアノが奏でるシンプルなメロディに心を奪われるバラードナンバー。

米津玄師によるピアノを主体とした美しいメロディは聞く者にすっと入り込んできます。

穏やかだけど真っ直ぐな菅田将暉の歌唱もあって、「間違いか正解かを知る以上にこれは大切な出会い」ってのを感じられる仕上がりに。

特に、ラストのコーラスはその想いの強さを表現しているのではないかと思います。

シンプルながら込み上げてくるものがある1曲となりました。

 

アレンジも秀逸で、王道のJ-POPバラードを意識しながらも菅田将暉の歌唱が引き立つようになっているのが見事。

「灰色と青」で初めて菅田将暉の歌唱に引き込まれたのですが、この曲は改めてそう感じさせてくれるものだなと。

まちがいさがし

まちがいさがし

  • 菅田 将暉
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

Pray/[ALEXANDROS] -強がる君へ捧げる祈り-

昨年11月にリリースされた「Sleepless in Brooklyn」でメロディセンスの高さを見せつけたドロス。

本日5月13日に配信限定でリリースされた「Pray」でもそれは健在でした。

持ち味の美しいメロディはそのままに、壮大さも加わったロックバラードです。

 

・Pray

大切な人が迷うことがないように・・・

そっと見守るように祈り続ける気持ちをシンプルに歌い上げたロックバラード。

少しずつ盛り上がっていくメロディと神秘的な美しさを感じさせるサウンドが心に響いてきます。

蔦屋好位置プロデュースということもあって、壮大な楽曲でありながらすっと入り込んでくる仕上がりに。

J-POP的な親しみやすさとドロスのメロディセンスがこれまた上手くマッチしている印象を受けました。

バラード寄りの楽曲なんですが、ピアノやシンセの音色もアクセント程度に留めているのが好印象。

あくまでも、バンドサウンド主体で美しさと壮大さを表現しているんです。

 

それでいて、間奏で激情的なギターソロを聞かせているのも圧巻の一言。

エネルギッシュに鳴り響くギターサウンドが主張している中でもしっかりと存在感を発揮しているのが見事ですね。

サビで「祈りたいよ」と切実に歌い上げる洋平の歌唱と共に歌詞のメッセージ性を引き立てている印象です。

愛するように見守る気持ちが歌われた、究極のロックバラードが誕生しました。

Pray

Pray

  • [Alexandros]
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

STAND-ALONE/Aimer -孤独でも悲しみを乗り越えて-

4月に太陽と雨をテーマにしたアルバムを同時リリースしたばかりのAimer。
そんな彼女が早くも新曲「STAND-ALONE」を発表しました。
闇の中にいても「孤独を振り切って突き進みたい」、迷いから抜け出していく強さを感じさせる1曲です。
 
  • STAND-ALONE(ドラマ「あなたの番です」主題歌)

悲しみに暮れたまま彷徨いながらももがき続ける・・・

そんな主人公の様子を描いた歌詞とダウナーさも感じさせるメロディに引き込まれる1曲。

ヒリヒリ感を含んだAimerの歌唱で歪んだ世界から抜け出そうとする力強さを表現しているのが見事。

持ち味である程よい加減のハスキーボイスも曲の世界観にマッチしている印象。

全体的に暗い雰囲気が漂う楽曲でありながら、ギターの疾走感とピアノの美しい音色によってアクセントも添えられています。

今は悲しんでいても、それを乗り越えて進みたいー。

孤独でも突き進もうとする人間の力強さを感じられる、芸術的な美しさに圧倒される1曲でした。

STAND-ALONE

STAND-ALONE

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes