高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

2021年7月ベストソング5選

更新を後回しにしていた2021年7月のベストソング5選記事。

気が付いたら8月も終わりに差し掛かってしまいました。

急激にコロナが増えてますが、変わらず予防は意識したいものですね。

 

それはさておき、7月のベストソングはこんな感じになりました。

 

 

 2021年7月ベストソング

 

・Permission to Dance/BTS

 エド・シーランによるキャッチーで軽快なメロディが爽やかなポップナンバー。

サビの馴染みやすいメロディの存在感、メンバーそれぞれの声質を活かしたボーカルワークは一回聞いたら忘れられません。

ポップスに振り切ったアレンジも印象的。

 

・三原色/YOASOBI

カラフルな音色のピアノサウンド、ラテンのリズムを意識したメロディが非常にキャッチーなポップナンバー。

トロピカルさを加えたサウンドで楽曲のカラフルさが増幅されているのが見事。

YOASOBIにとって初めての試みとなるラップパートのリズミカルさは曲の軽やかさを引き立てるのに一役買っている印象。

ラストで音が上がる構成といい、J-POPの王道を押さえているのもポイント。 
三原色 - song by YOASOBI | Spotify

 

 ・僕のスピな人/マハラージャン

タイトルの奇抜さとは裏腹に分かりやすく耳に残りやすいメロディが印象的なポップナンバー。

軽快なギターリフとシンセによるメロディの楽曲はどこか懐かしさも感じさせる仕上がり。

何より、「スピッて」とリフレインするサビは一回聞いたら頭から離れません。

楽曲とタイトルの相乗効果がなかなかです。

 

・宇宙の季節 feat.Eve,suis/Landdo

アコースティックギターの優しい音色を活かしたゆったりめのメロディ、Eveとsuisの歌声が織り成すハーモニーに引き込まれるミドルナンバー。

聞きなれた二人の歌声がオーガニックなサウンドに乗っかることで、新たな魅力を感じずにいられません。

サビで力強くなる展開と伸びやかさを増す歌唱はしっかり聞かせてくれます。

宇宙の季節 - song by Lanndo, Eve, suis | Spotify

 

・Skeat/Bruno Mars, Anderson .Paak & Silk Sonic

生音の軽快なリズムとメロディ、それに乗っかるブルーノ・マーズの歌唱が心地よさを感じさせるポップナンバー。

陽気な雰囲気のメロディはコロナ禍の夏に感じる不安感を吹き飛ばしてくれる仕上がりになっています。

リズミカルなサビは特にそれを実感しました。

 

次点曲 

 

・シャッター/優里

「君のことをもっと大切にすればよかった…」

写真を撮ってばかりで大切にする時間が少なかったことを後悔する気持ちが歌われた失恋ソング。

優里さんの感情豊かな歌唱は相変わらずで、本当に後悔しているんだってのが伝わる1曲。

シンプルなメロディもそれを引き立てています。

 

・MIRROR MIRROR/平井大

ピアノサウンドを中心とした、美しさを感じさせるバラードナンバー。

ありがちな雰囲気の曲なんだけど、大切な人に対する想いを歌った歌詞がシンプルに伝わります。

 

・花占い/Vaundy

J-POPらしい分かりやすさとキャッチーなメロディに引き込まれるポップナンバー。

曲の軽快さが聞きやすさに繋がっていて、シンプルな良さを感じさせてくれます。

 

・踊りの合図/Lucky Kilimanjaro

聞いた瞬間に踊りたくなるようなサビのメロディが非常に軽快なポップナンバー。

「踊れや さぁ踊れや」で始まるサビはもちろん、ダンスミュージックを取り入れた楽曲に身を委ねたくなる仕上がり。

歌詞のメッセージ性がそんなにないのも影響しているのでしょうか。

 

・Happier Than Ever/Billie Eillsh

ビリーのウィスパーボイスを活かした穏やかな前半部と熱を帯びたギターサウンドが鳴り響く中盤以降の展開が印象的な一曲。

どこか懐かしいフォークミュージック調から壮大なロックサウンドに変わるこの曲は、それぞれに雰囲気を持たせているのが圧巻。

アルバムの中でも存在感があります。