高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

星野源「うちで踊ろう(大晦日)」から感じた、全ての人に寄り添いたい気持ち

2020年の紅白歌合戦、皆さんは見ましたか?

コロナ禍であることを踏まえて無観客で行ったり、これからを憂うような内容と今までにない雰囲気が漂っていて何とも言えない感情を抱きました。

そんな中、星野源さんの「うちで踊ろう」はどこか希望を感じさせるものだったなと。

 

5月の自粛期間中にSNSで公開されたバージョンは1分もない短いものなんだけど、それを大胆にアレンジしてファンキーな楽曲に仕上げています。

オシャレさを感じさせるホーンサウンド、軽快なリズムが聞いていて心地いい。

思わず踊りだしたくなるくらいに軽やかな曲は全ての人に寄り添う包容力を持っている印象で。

テクニカルな間奏の演奏、Cメロでの転調もメロディに負けない存在感があります。

 

特に、歌詞に描かれた想いがそれをより確かなものにしていると感じました。

大切な人と会えない人にはそれぞれを想い続けようと、互いに嘲り合う人にも変わろうと呼びかけ、独りの人も孤独を受け入れて先に進もうと諭す・・・

コロナ禍を生きる全ての人々に寄り添った歌詞からは無責任に背中を押しているわけじゃないってのが伝わります。

希望も絶望も受け入れることが生きていく上で大切なんじゃないか、そう歌うことで前向きな感情から怒り・諦めまで全ての気持ちを表現しているのがポイント。

 

公開された当初はステイホームを連想させるだけの曲だった「うちで踊ろう」ですが、大胆なアレンジと2番以降が追加されたことで全ての人に寄り添った1曲となりました。

アレンジの良さが個人的にツボでこのバージョンが欲しくなりましたね。

配信されると嬉しいのですが・・・