高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

2020年3月ベストソング5選

転勤や異動、進学・就職などで引っ越す方も多い3月。

「去る」と言われるくらい時間が早く過ぎるんですが、気がつけば4月になってしまいました。

今年はコロナウイルスの影響で卒業式が中止になったり、週末の外出自粛など異例の状態になっていると感じました。

東京や千葉で一気に感染者が出るなど、まだまだ影響は続きそうです。

一刻も早く落ち着いてほしいとともに手洗い・うがいなどの予防対策をしっかりして感染しないようにしなければいけませんね。

 

それはさておき、2020年3月のベストソング5選といきましょう。

若手からベテランアーティストまで、男性アーティストの楽曲が目立つラインナップになったのではないでしょうか。

コロナウイルスでイベントも中止になるような状況だからこそ、参考にチェックしてもらったらと。

 

では。どうぞ。

 

2020年3月ベストソング

今を大事にしたい気持ちと未来への希望を同時に歌い上げたミディアムロック。
イントロで聞かせる優しいギターのアルペジオ、シンプルで美しいメロディが素直に入ってきます。
AメロからBメロはもちろん、サビとCメロまで複雑さは全くない展開ですごく聞きやすい印象で。
シンプルだけどカッコよさを感じさせる間奏のギターソロも圧巻の一言。

シンプルだからこそ歌詞もメロディも心に響く、分かりやすい1曲だと思います。

 

新しいミスチルサウンドの到来を予感させるイントロのストリングス、Aメロに入ってから聞かせる小気味いいアコギの旋律、サビに向けて少しずつテンポアップしていくメロディが印象的なポップナンバー。
全体的に軽快なメロディを強調していて、開放感と高揚感に満ちているのがポイント。

自由に音楽を奏でているような感じで活き活きとしたサウンドとなっています。

サビにおけるストリングスの導入は小林武史プロデュース時代にもあったものの、より自由度を増したアレンジとなっているのが素晴らしい。

特に、間奏のコーラスの持つゴスペル的要素が感じさせる壮大さは圧巻。
ドラムの刻む力強いリズムやストリングスの美しさもあって、あっという間に引き込まれてしまいました。
ラストに向けて少しだけ加速する展開、自分や誰かの誕生日が来るたびにそれを讃えたい気持ちを歌った歌詞も含めて希望に満ちた1曲ではないでしょうか。

小林武史から離れたミスチルが自由になったのを改めて感じました。

 

  • 駆ける/スカート

優しいギターサウンドの心地よさと暖かさが心に響くポップナンバー。

アクセント的に鳴るバックのピアノやゆったりとしたメロディもあって、曲に身を委ねたくなります。

シンプルな良さを追求した王道ポップス的な仕上がりになっているのも印象的。

 

力強いミヤジの歌唱と開放的なギターサウンドが印象的なロックナンバー。

「自分を信じていこう」という真っ直ぐなメッセージを含んだ歌詞も心に響きます。

 新しい一歩を踏み出すことに不安を感じている方にはぜひ聞いてほしい1曲となりました。

メロディの爽快さと楽曲そのものの力強さが背中を押してくれるはず。

 

爽やかなコーラス、軽快に流れるメロディとリズムが新しい季節にピッタリなポップナンバー。

未来の自分を想像しながら一歩ずつ進む決意を歌った歌詞と軽やかに流れるピアノサウンドは上手くマッチしている印象で、希望を感じさせてくれます。

ちょっと洗練された雰囲気を漂わせた曲になっているのも個人的にツボ。

聞いていると自然にリラックスできる、そんな1曲です。

 

次点曲

 

  • 春を待って/WANIMA

疾走感と衝動性に満ちたバンドサウンド、新しい一歩を踏み出す季節ならではの不安を吹き飛ばしてくれる歌詞が心に響くパンクナンバー。
バックで鳴るピアノの音色をアクセントにして春らしさを演出している印象。
春風のような爽やかさが生まれていて、聞いているだけで背中を押してくれます。
彼らの楽曲の中でも優しさを強く感じられました。

 

  • 時計じかけのオレたち/河内REDS

いい意味で古さを感じさせるギターサウンドがクセになるロックナンバー。

洗練された方向にいかず、あえて硬派なスタイルで格好よさを追求している印象です。

やさぐれ感に満ちた渋い歌唱の味わい深さもポイント。

 

  • In Your Eyes/The Weeknd

80年代ディスコを意識したトラックの懐かしさがいい意味で新鮮なR&Bナンバー。

The Weekndの伸びやかな歌唱は聞いていて心地よく、ゆったりとしたメロディにマッチしています。

ホーンサウンドを取り入れた間奏のアレンジも秀逸。

 

  • Why Can't/SIRUP

電子音をベースとしたトラックに乗っかるラップが心地よい1曲。

どこか無機質な印象でありながら、Aメロからサビまでリズミカルに仕上げていてキャッチーさを感じさせます。

コロナウイルスが流行する今の状況を風刺したように取れる歌詞もポイント。

 

  • 春はゆく/Aimer

春らしさをイメージした美しいメロディに引き込まれるバラードナンバー。

ハープの奏でる日本的なメロディラインで桜の舞い散る春を上手く表現している印象。

繊細だけど芯の強さを含んだAimerの歌声も春の美しさを感じさせてくれます。