高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

ねごと「ex Negoto」-ねごとの音世界へようこそ-

ねごとの記念すべき1stフルアルバム「ex Negoto」。

 

・全体的な感想

全体的にポップな楽曲が揃っており、すごく聞きやすい仕上がりで。
それでいて、ギターロックの力強さも兼ね備えているように感じました。
キーボードの浮遊感とファンタジックさを活かした音世界もバンドの個性に昇華されており、既にねごとサウンドとして確立されているのが見事。
クセのない曲が多いのも特筆すべき点で、メロディがすんなり入り込んできます。
ポップなアレンジとボーカルの声質も手伝ってか、聞いていて心地いい。

 

何より、ガールズバンドにありがちな恋愛系統の曲が少ないんですよ。
リズム感やファンタジーさを重視した歌詞が多いって感じでしょうか。
純粋にメロディで勝負しているってのが伝わって来ます。
この点が個人的にすごく好きなポイントです。

 

そして、収録されている楽曲も良曲揃い。
バンドサウンドの疾走感とピアノの音色が初期衝動にも近い勢いを感じさせてくれる「サイダーの海」、キーボードの浮遊感漂うサウンドとリフレインされるサビのフレーズが印象的な「ループ」、ファンタジックな音世界を生み出しつつもベースラインの重厚なサウンドと絶妙にマッチさせている「ビーサイド」、ギターとピアノによる優しいメロディが沁み渡る「AO」など。
ねごとの持ち味を見事に感じさせてくれます。
特に、浮遊感を感じさせる轟音ギターサウンドが圧倒的な「week...end」は圧巻。
シューゲイザーの要素をねごとらしく昇華しているように感じられたのが見事。
アルバム曲では一番のお気に入りですね。

 

そんな曲の中でも一番引き込まれたのが4曲目の「メルシールー」。
吹っ切れたと言ってもいいくらいにポップなリズムと重苦しく鳴らされるベースライン、浮遊するシンセサウンドが不思議な世界観を生み出しているんですよね。
サビの手前で「ハロー」を8回繰り返す箇所や間奏でシンセサウンドを歪ませているのも印象的で、なかなか侮れないバンドになって来たなと感じました。
成長を垣間見られる1曲と言ってもいいくらい。

 

・まとめ

曲の並びが偏っているように感じるものの、全体的に聞き応えのあるナンバーが揃っています。
1stアルバムとしては悪くない出来だと思うので、気になっている段階の方でもすんなり聞けるかと。
邦楽ロック好きなら聞いて損はしない1枚です。

https://open.spotify.com/album/7CqZ5V2GPj3io0TX2JdTQT?si=eZBdLS3BRgCnHZtTbpW6vw

ex Negoto

ex Negoto