高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やアニメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

声優に対する関心が薄れた私が感じた本渡楓さんの魅力

このブログになってからはCDレビュー以外で取り上げたことはないですが…

以前のブログで声優さんに関する記事を書いていたことがありまして。

応援してる声優さんのどこが魅力なのかを語ったり、「○○のハマり役ベスト3」について書いたり。

あの時期は女性声優の演技に注目したりと魅力を書いて我ながら熱心に応援していたなと。

 

今はブログを見ての通り、J-POPの感想メインになってるのでアニメ感想・声優ネタはほとんどありません。

最近の若手声優に疎くなったこともあり、キャストを見ても「誰?」と思うことが多くなって。

そのままアーティスト活動をやってる声優さん以外への関心は薄れていきました。

 

そんな中、2018年冬に放送された「刀使ノ巫女」を見てある声優さんが気になりはじめました。

主人公の衛藤可奈美を演じている本渡楓さんなんですが、他の若手声優に比べて何か惹かれるものがあるなと。

久々に応援したいと感じた声優・本渡楓さんの魅力を私なりにまとめました。

 

本渡楓さんの魅力って?

とにかく真っ直ぐな演技、これですね。

 初めて本渡楓さんのことを知ったのは艦これの親潮だったんですが、その時は気にすることもなくスルーしていました。

2016年の秋アニメから名前を見ることが増えたものの、特に意識はしてなかったんですよね。

 

気になり始めたのは2017年の冬アニメ「亜人ちゃんは語りたい」と「うらら迷路帖」からでしょうか。

それぞれメインキャラを演じていたのもあるけど、真っ直ぐで素直な演技が印象に残っています。

でも、まだ「気になる」というくらいでした。

 

状況が変わったのは今年の冬から放送された「刀使ノ巫女」 からですね。

主人公である衛藤可奈美を演じていたんですが、真っ直ぐな演技はそのままに可奈美というキャラクターを全力で表現しているのが伝わってきまして。

途中で切ろうかなと思っていたのがその演技目当てに最後まで見るほどでした。

それくらい、この真っ直ぐな演技は最近の若手声優の中でも飛びぬけているんじゃないかと感じます。

可奈美のキャラソン「Sword&Wing」も元気さが印象的な仕上がりで、本渡さんなりに可奈美を表現した結果なんだろうなぁと。

 

現在放送されているアニメ「ゾンビランドサガ」の源さくらの演技でもそれは健在。

ゾンビになっても生きたいと思うさくらと本渡楓さんの全力で演じる姿勢がすごくマッチしているんですよね。

2話におけるラップもさくらの前向きさを表現しているように感じましたし。

キャラの魅力を引き出そうとしているのが伺えます。

 

まとめ

ここ数年、気にはなるものの応援したいと思える声優さんはいませんでした。

でも、本渡楓さんは久々に注目していきたいなと思いましたね。

キャラクターを真っ直ぐに表現する、この魅力はいつまでも維持してほしいところです。