高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

Uru「ファーストラヴ」 -愛というものの本質-

今の女性アーティストでバラードの印象がもっとも強いUru。

「ファーストラヴ」を中心とした今回のシングルで「バラードを歌わせたら右に出るものはいないんじゃないか」、そう感じました。

 

1.ファーストラヴ(映画「ファーストラヴ」主題歌)

ピアノとストリングスの美しいメロディがシンプルなバラードナンバー。

Uruの透明な歌声を活かす少ない音数の楽曲でありながら、壮大さを感じさせる仕上がりとなっている印象。

儚さが漂う歌声なんだけど、サビでは感情を込めて歌っているのが見事。

自分は誰も愛しないし、誰からも愛されないと思っていた・・・

そんな自分が初めて愛を知った、その素直な気持ちを歌った歌詞を引き立てるUruの歌声、歌唱もポイント。

真っ直ぐで透明な歌声が素直な感情を表現しています。
ファーストラヴ - song by Uru | Spotify

 

2.無機質(映画「ファーストラヴ」挿入歌)

ピアノとストリングスを主体としながらも、どこか重厚さを感じさせるラブバラード。

君と逢えたことで生まれた愛する気持ちを歌った歌詞になっているんだけど、感情移入しているのが伝わるUruの歌唱と相まって、生々しく心に響いてきます。

人を愛することを肯定する主人公の気持ちが歌われているように前向きな歌詞なんですが、スローテンポの楽曲もあって無機質さも感じずにいられません。

愛というものは時に重くなってしまうこともあるってのを表現しているのでしょうか。

 

3.ドライフラワー

ストリーミングで話題になっているシンガーソングライター・優里の代表曲「ドライフラワー」のカバー。

Uruらしくピアノサウンドを活かしたアレンジになっているんですが、女性目線で描いた別れの感情をこれでもかと上手く表現している印象。

淡々と歌い上げる歌唱が「関係を終わらせよう」と決めた女性の気持ちをそのまま感じさせるようで。

Uruが歌うことにより、歌詞の生々しさとリアルさが伝わります。

 

4.Break(Self Cover Ver.)

打ち込みサウンドの浮遊感を感じさせる原曲とは違い、ピアノ一本のシンプルなサウンドとなったセルフカバー。

原曲も新境地を感じさせるもので斬新だったんですけど、バラード寄りのアレンジとなることでUruの歌声をしっかりと堪能できるものとなりました。

 

まとめ

映画「ファーストラヴ」の世界をイメージしたバラード2曲とカバー2曲、4曲ともUruの魅力を最大限に感じられました。

デビュー時からバラードのイメージが強いのでマンネリ化してくるんじゃないかと思ったんですが、バラードこそUruの真骨頂だと改めて実感。

バラード主体でありながら、透明な歌声の持つ表現力で様々な表情を見せる・・・

今年も彼女の歌が魅せる世界を楽しめたらなと。

ファーストラヴ (初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付) (特典なし)

ファーストラヴ (初回生産限定盤) (Blu-ray Disc付) (特典なし)

  • アーティスト:Uru
  • 発売日: 2021/02/10
  • メディア: CD