高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

2021年1月 気になる曲の感想 その2

今月より始めた簡易感想ですが、気楽な気持ちで書けるのがいいですね。

より多くの曲を取り上げる機会も出来るので、続けていきたいなと。

 

というわけで、今日は以下の5曲の感想を簡単に・・・

 

・麻痺/yama

勢いに満ちたバンドサウンドと洗練されたホーンサウンドがオシャレなナンバー。

逆境の辛さをバネに突き進む強さを歌った歌詞、yamaさんの歌唱も力強さを感じさせます。

サビの疾走感がとにかくカッコいいと言いますか、聞いているだけで痺れる仕上がり。

全体的に洗練された雰囲気のおかげか、単なるアップナンバーで終わってない印象なのもポイント。

 

麻痺 - song by yama | Spotify

 

・MIDNIGHT DANCING/クボタカイ

クラブ・ディスコミュージックをイメージしたトラックとそれに乗っかるラップが心地よいナンバー。

いかにもパリピ感丸出しなんだけど、リズムの心地よさが素晴らしくてそれを忘れてしまうほど。

難しいことなんて考えず、リズムに乗っかってしまいたくなる1曲です。

音を楽しむと書いて「音楽」と言いますが、それを感じさせてくれました。

MIDNIGHT DANCING - song by クボタカイ | Spotify

 

・あたりまえ/DISH//
ピアノとバンドサウンドの優しいメロディがシンプルな良さを感じさせるバラードナンバー。

北村匠海作曲なんだけど、サビのエモーショナルなギターサウンドとストリングスの美しくて繊細な音色に王道のJ-POPバラードらしさを感じずにいられません。

愛する人と一緒にいられる時間を大切にしたい気持ちを描いた歌詞も印象的。

当たり前になってしまうとその想いを忘れてしまいがちですが、だからこそ大切にってことなんでしょうね。

あたりまえ - song by DISH// | Spotify

 

・追い風/SHE'S

過去の辛さも降りしきる雨でさえも自分の糧にー。

ポジティブな感情を歌った歌詞と軽快で爽やかなメロディが前向きなポップナンバー。

シンセサウンドの浮遊感とサビの爽快感もあって、どこまでも進んでいけそうな気持ちにさせてくれます。

間奏のギターソロも力強くて曲全体で背中を押している印象。

追い風 - song by SHE'S | Spotify

 

・インフィニティ/優里

レゲエの心地よいリズムを取り入れたポップナンバー。

全体的に明るい雰囲気のメロディ、友情を大切にしたい気持ちが描かれた歌詞は前向きな印象です。

優里さんの力強い歌唱も錆から感じる前向きさを増幅させている印象。
インフィニティ - song by 優里 | Spotify