高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

MIU404 7話「現在地」 -今の状況は過去の自分が決めた結果-

仕事に打ち込む今、犯罪を犯すしかない今、道を踏み外した今。

どれも「過去の自分が選んだ結果」なんですよね。

 

  • 感想

勤続35年の陣馬さん、過去を後悔し続ける犯人、道を誤ってしまった成川・・・

その他、犯人逮捕に全力を挙げる志摩さんや伊吹の姿も絡めてそれぞれの「現在地」を描いた話でした。

 

人によって今の「現在地」は違うものになっているはずです。

熱心に仕事に打ち込み、子供たちを一人前に育て上げた陣馬さん。

10年後に良くなると信じて箱の中でそのまま過ごした結果、犯罪を犯すことになってしまった犯人。

虚偽通報はやっていないと自分たちの非を反省しないどころか、クスリに手を染めた成川。

いい人生・良くない人生とバラバラの現在地なんですけど、共通しているのは「過去の自分が選んできた結果」なんですよね。

その人にとって最適な行動を続けてきた結果に過ぎないわけで。

今はいいと思っていても、将来的にそれが良くなるかと言えばそうでもないんです。

今が良ければそれでいいのか、将来も見据えた行動を取るか・・・

何だか人生について考えさせられた話でした。

 

  • 弱者に対する救済

今回は家出少女やトランクルームで暮らす男性など、社会的弱者の存在も描いていました。

社会問題も題材にしているこのドラマだけあり、「誰にでも福祉サービスを利用できる権利がある」とメッセージを込めていたのが印象的。

仕事をしていても世の中の状況だったりで急に仕事を失ったりする・・・

今の時代は誰にでも起こる可能性があるんですよね。

だからこそ伝えたかったのでしょうか。

 

成川君と接触を図ろうとするこの男、関西弁の雰囲気や笑顔から明らかにヤバイ奴ってのが感じられますね。

儲け話を気軽に勧めるのといい、何かしらの重大事件に関わってきそうな・・・

ラストの盗聴器との関係も気になるところだけど。

 

  • まとめ

物語も中盤に差しかかかっているのか、不穏な空気も漂い始めましたね。

クスリの売人や仕掛けられた盗聴器・・・

どうなっていくのか、ますます目が離せません。