高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

Laughter/Official髭男dism -今までがあるから、これからも前向きに生きられる-

グルーヴ感の心地よさが魅力的な楽曲を聞かせてくれるヒゲダン。

そんな彼らの8月5日に発売されるEPから「Laughter」が配信されています。

エモーショナルなギターサウンドと美しいストリングスの音色が存在感を放つ、王道とも言える壮大なロックバラードとなりました。

 

・Laughter(映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」主題歌)

イントロからアウトロまでバンドサウンドによる壮大なメロディが圧巻のロックバラード。

打ち込みサウンドを排除したことでヒゲダンらしいグルーヴ感はなくなったものの、王道J-POPの雰囲気を感じられる仕上がりとなりました。

感情豊かなギターサウンドとストリングスの音色に堂々とした存在感が漂っています。

ミスチルの「終わりなき旅」にも近いものと言いますか、とにかくメロディが完成されてる印象で。

美しさと繊細さを兼ね備えた仕上がりでありながら、力強く奏でられるゆっくりめのメロディに引き込まれます。

藤原聡の歌唱も楽曲の凄さに負けない存在感を持っていて、いつも以上の表現力を感じずにいられません。

 

特に、ギターサウンドが耳に残りやすくて。

ゆったりしたテンポの中で感じさせるエモーショナルさは曲の壮大さにも繋がっており、ラストに向けての盛り上がりを予感させてくれます。

ストリングスの激情的なサウンドと相まって、壮大な間奏とラストの力強い展開に注目して聞いてほしいなと感じました。

バンドサウンドを前面に押し出したアレンジだからこそ、聞き手の心に訴えかけて来るものがあるのでしょう。

 

また、歌詞についても非常に前向きさなんです。

すっと歌い続けるラフターに昨日まで頑張った自分とこれからも頑張る自分を重ね、鼓舞するような歌詞は聞いているだけで背中を押してくれます。

今までがあるからこそこれからも前向きに歩んでいけるー。

シンプルなメッセージなんですけど、一つ一つを積み重ねていくのは大切なことなんでしょうね。

小さなことでも続けることで結果が出るかもしれない、だからこそ継続していこう・・・

物事を続けることの大切さを歌っているように感じました。

 

壮大なメロディとバンドサウンドで王道J-POPの風格も感じさせてくれた「Laughter」。

リリースの度にヒゲダンの表現力が上がっていて、勢いと共にそれを改めて実感しました。

8月5日に発売されるEPに収録された「HELLO」も待ち遠しくて仕方ありません。

Laughter, a song by Official HIGE DANdism on Spotify