高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

感電/米津玄師 -一瞬のきらめきを大切に-

アルバム「STRAY SEEP」の発売を控えた米津玄師さん。

7/6から「感電」の配信がスタートしました。

クールなホーンサウンドが今までの米津さんにはない雰囲気を感じさせる新境地とも言える一曲です。

 

・感電(8月5日発売「STRAY SEEP」収録・TBS金曜ドラマ「MIU404」主題歌)

クールなホーンサウンド、随所に散りばめられた音のギミックで聞き手を引き付けるポップナンバー。

始まった瞬間からギターやベースはもちろん、ホーンだけでなくいろんな音(シンセ音、ベルの音っぽいもの、犬と猫の鳴き声など)が存在感をアピールしており、まるで音のデパートとも言うべきでしょうか。

そう表現したいくらい、音から伝わる表情が豊かでして。

一聴するとごちゃごちゃしているように感じるのですが、R&Bを意識したリズムとメロディの良さもあって曲として成立しているのが素晴らしい。

むしろ、それらの音がいいアクセントとして機能しているんです。

メロディを邪魔しないような音使いなんだけど、不思議と耳に残るので何度も聞きたくくなってしまうほど。 

ごちゃごちゃ感の影響で最初からガツンと来る曲ではないものの、「感電」というタイトルに相応しい中毒性は持っていると感じました。

大人びた雰囲気を漂わせながらも、米津らしい魅力に満ちた1曲です。

 

歌詞はドラマの世界観に合わせながらも、「どのように生きたいか」を問いかける内容になっているのも印象的。

人生は一瞬だからこそ、後悔しないように全力で生きていこうー。

タイプは違うけど自分に素直な志摩さんと勢いで突っ走る伊吹のように・・・

そんなメッセージを感じずにいられません。

 

様々な音で聞き手を惹きつける「感電」。

曲名通りのポップナンバーと言えるでしょう。

8月のアルバムも楽しみです。

感電 - song by Kenshi Yonezu | Spotify