高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

MIU404 1話 -互いに足りないものを補い合う、それがコンビ-

志摩さんと伊吹、相性が悪そうに見えるけど意外にいいコンビですね。

 

・感想

一話完結型の刑事ドラマという本作品。

そんな構成を上手く活かした内容になっていて、普段ドラマを見ない私でも楽しめたと感じます。

一話の中でいくつか事件が発生するんですが、一見すると関係ないように見えても話が進むにつれて少しずつ繋がってくるわけで。

最終的に全てが繋がって解決に至る流れが見ていて爽快でした。

 

カーアクションもスリリングで、無事に犯人を捕まえられるのかハラハラしながら見守るほどの仕上がり。

海外映画ほど迫力があるわけではないものの、一台を廃車にするあたりこだわりを感じずにいられません。

 

話のテンポも良くて、志摩さんと伊吹のやり取りから目が離せなかったです。

自分の直感を過信しすぎるあまり勝手な判断で動く伊吹と彼を冷静になだめながら行動する志摩さん…

仕事に対する意識・考え方がどう見ても合わないように感じるのですが、この二人の相性が絶妙なバランスで保たれているのが見事で。

お互いに足りないものを上手いこと補い合って任務をこなしているなと。

凸凹コンビにも見える二人がこれからどんな任務に挑んでいくのか、楽しみですね。

 

・志摩さんと伊吹

冷静に行動する志摩さん、自分の直感で動く伊吹。

考え方の違いで衝突してしまうことも多い二人だけど、意外といいコンビになっているんじゃないかなと感じました。

恐らく、自分に足りないものをお互いに得ようとしているからなんでしょうね。

志摩さんは伊吹の大胆さと直感を、伊吹は志摩さんの仕事に対する姿勢を羨ましく思っているんです。

だからこそ、志摩さんはラストで伊吹を機捜4から外す時に保留にしたんだろうし、志摩さんに諭された時の伊吹は素直に言うことを聞いていたんだろうなと。

 

・主題歌「感電」について

放送前から楽しみにしていた主題歌の「感電」。

米津玄師さんの新曲ってことで早く聞きたくて仕方がなかったのですが、一話のラストでやっと聞くことが出来まして。

ホーンサウンドの色っぽさとスタイリッシュなリズムが耳から離れない、ちょっぴりオシャレなポップナンバーという印象でじっくり聞き込みたいなと感じた1曲です。

Cメロの展開もインパクトがありましたし、先行配信でもいいから早く音源で聞きたいと感じました。

 

・まとめ

久々に心の底からドラマというものを楽しんで見れた気がする「MIU404」。

少しずつ伏線を回収していく脚本の構成力に脱帽したり、星野源さん・綾野剛さんの演技力に引き込まれて気が付けば作品の虜に。

次回以降も一話完結とのことで、気楽に楽しみたいところです。