高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

鬼頭明里「Desire Again」 -クールで力強い、新たな魅力-

2019年10月にアーティストデビューした鬼頭明里さん。

水瀬いのりさんのデビュー曲に近いものを感じて今後も聞きたいと思っていましたが・・・

そんな彼女が本日2ndシングル「Desire Again」をリリース。

元気さがテーマになっていた前作とは違い、クールで大人っぽい雰囲気を前面に押し出しているのが印象的でした。

 

1.Desire Again

爽快感のあるギターサウンドと芯の強さを感じさせる歌唱が印象的なロックナンバー。

元気さをアピールしていた「Swinging Heart」とは違って、クールに力強く歌い上げています。

全体的にカッコよさを押し出していて新たな一面を垣間見ることが出来ました。

シンプルな楽曲構成もあり、それをより実感できると言いますか。

持ち味である歌唱の伸びやかさも健在で、聞いていて心地よい歌になっているのが素晴らしい。

 

また、「私が私でいるために明日へ繋ぎたい」と歌った歌詞も前向きな仕上がりで。

歌唱とサウンドを含めて、楽曲全体でポジティブな感情を表現しています。

「Swinging Heart」とは違ったベクトルで元気を貰える1曲と言えるでしょう。

 

2.Tiny Light(アニメ「地獄少年花子くん」EDテーマ)

私にとって君は運命を変えるほどの存在ー。

そんな想いをピアノとストリングスの美しいメロディに載せて歌い上げたミドルナンバー。

優しさも感じさせる歌唱で君に対する感情を表現しているのが印象的で、シンプルに愛情と感謝を伝えている1曲です。

君がいたからこそ前向きになれたんだ、そんな気持ちがシンプルに感じられました。

 

3.Closer

洋楽ポップスを意識したオシャレで軽快なメロディ、英語詞も含んだ歌詞が印象的な1曲。

どことなく色気を感じさせる歌唱と歌詞の大胆さが今までにない魅力に繋がっていると思います。

全体的な軽快さもポイントで、すごくゴキゲンなナンバーに仕上がっているんじゃないかなと。

ところどころに入ってくる「Come on」の掛け声や「No.1」と囁く箇所と言い、いろんな表情を見せてくれる声優アーティストならではの良さも感じられる1曲です。

 

まとめ

3曲ともタイプが違う楽曲で新たな魅力を感じさせてくれた1枚となった2ndシングル。

今回は全体的に「クールな鬼頭明里」をテーマにしている印象を受けました。

大人っぽい雰囲気を全力で演じ、それを歌として表現しているという感じでしょうか。

特に3曲目の「Closer」はまさにそんな感じで。

声優アーティスト・鬼頭明里の魅力にますます引き込まれた形となりました。

3rdシングルはもちろん、いつか出るであろうアルバムにも期待せずにいられません。

Desire Again by 鬼頭明里 on Spotify