高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

鈴木みのり「夜空」 -あなたと一緒にいい未来を描きたい-

「ヘンなこと大好き娘」のイメージが強い鈴木みのりさんですが。

2月12日発売の「夜空」は声優アーティストとしての表現力をしっかりと感じられるシングルとなっていました。

 

1.夜空(アニメ「恋する小惑星」ED曲)
お互いにいい未来を描いていこうー。

将来への希望を歌った歌詞とみのりんごの歌声が心に響くバラードナンバー。

夜空に浮かぶ星空の輝きをイメージした美しいメロディとなっていて、みのりんごの楽曲でも上品な仕上がりとなっています。

 

特に、サビの完成度は王道J-POPを彷彿とさせるほど。

安定した良さのメロディをしっかりと歌いこなす表現力も印象的。

伸びやかな歌唱がさらに引き立てているように感じました。

 

個人的に歌詞の内容に合わせたアレンジも聞き所。

強くなりたい気持ちを歌った1番はシンプルに、絆を歌った2番からは軽快なドラムも加わった力強さも感じさせるようになっているのがポイント。

歌詞、歌唱、メロディの全てで希望に満ちた1曲だと思います。

 

2.まぼろし

本当は会えないけどまた出会えるかもしれない・・・

そんな君への思いを歌った歌詞と少しづつ盛り上がるメロディが切なさを感じさせるバラード。

1番は繊細に、2番から力強く感情的に歌い上げるみのりんごの歌唱は圧巻の一言。

「もう会えないんだ」と気づいた時の寂しさがこれでもかと聞き手に伝わってきます。

2番のBメロが終わった瞬間の静けさも曲の世界観を上手く作り上げている印象。 

 

3.いっせのーでっ!

サビの掛け声や途中で入ってくるセリフが明るい印象を与えてくれるポップナンバー。

転調するCメロや全体的なテンションの高さはまさにみのりんごって感じの仕上がりです。

北川勝利さんによる楽曲らしく、洗練された旋律のピアノもいいアクセントになっている印象。

キュートなコーラスも含め、一度聞けば離れない中毒性を持った曲となりました。

 

まとめ

3曲とも違う表情を見せながらも、みのりんごの新境地を感じさせる仕上がりでした。

声優アーティストとしての表現力をしっかりと高めているのが伺えますね。

2020年も活躍が楽しみです。

https://www.youtube.com/watch?v=Ct-zSVAldXc