高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

水瀬いのり「ココロソマリ」 -この気持ち、大切な人に伝えたい-

水瀬いのりさんにとって、2020年最初のリリースとなるシングル「ココロソマリ」。

3曲ともタイプの違う楽曲でありながら、アーティスト・水瀬いのりとしての存在感を発揮している印象でした。

 

1.ココロソマリ(アニメ「ソマリと森の神様」ED曲)

水瀬いのりさん自身が作詞を手掛けた、優しさに溢れたバラードナンバー。

J-POPの王道と言える美しいピアノサウンドとストリングスによるメロディ、繊細さを兼ね備えた歌声が心に響きます。

サビで聞かせる感情豊かな歌唱もあって、曲の持つ優しさが増幅されているように感じました。

いつもの力強さや演じている時のキュートさとはまた違った魅力があります。

 

大切な人に対して愛を伝えようとする気持ちが歌われた歌詞も印象的。

ソマリの世界観に合わせつつ、一つのラブバラードとして完成しているのは素晴らしい。

特別な愛で心を染めていく、そんな深い愛を歌った1曲です。

 

2.僕らは今  

エモーショナルで壮大なギターサウンドと転調が印象的なロックナンバー。

今に対する想いを真っ直ぐに歌い上げた1曲で、ダイナミックさを感じるメロディと相まってとにかく力強い。

そう思うのはマイケミっぽいアレンジも影響しているからなんでしょうか。

サビの「今を駆け抜けていく」って感じが個人的に好きです。

 

3.Well Wishing Word

イントロのキュートな歌いだしや軽快なメロディが元気な印象を与えてくれるポップナンバー。

流れるようなオーボエの音色など、全体的に賑やかさを感じずにいられません。

それをより実感させる水瀬いのりさんの歌唱もポイントです。

それでいて、歌詞は奇跡的に出会った二人が再会を誓い合う気持ちを歌ったものになっているギャップも個人的にツボ。

明るい楽曲だからこそ、悲しさを感じさせないようにしている配慮も感じられますね。

 
  • まとめ

昨年4月に発売されたアルバム以来のシングルとなった「ココロソマリ」。

表題曲で作詞を手掛けるなど、アーティストとしての表現力がさらに上がっていると思いました。

特に、転調を繰り返す壮大なロックナンバー「僕らは今」をしっかりと歌いこなせていたのにはビックリ。

 

今後も活躍が楽しみです。