高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

2019年11月ベストソング5選

元号が変わり新しい時代となった2019年も12月になってしまいました・・・

ぼちぼちベストソングなど総括をしていきたいなと思っています。

と、その前に11月のベストソングと行きましょう。

10月と比べてやや落ち着いたラインナップになったと感じますが、それでも捨てがたい曲があって意外と悩んだり。

 

書く時間がなくて手短になってしまいましたが、どうぞ。

 

 2019年11月ベストソング5選

開放的で多幸感に満ちたギターサウンドとライブという楽しい時間を大切だと歌った歌詞が心に響くロックナンバー。

 

細美さんの音楽に対する想いと言いますか、真っ直ぐな歌唱から伝わってきました。

ファンが音楽を聞きに来てくれる日があるから素敵な音楽を届け続けたいー。

そんな想いを抱いているからこそ、今も活動を続けているのでしょうね。

Interstate 46, a song by MONOEYES on Spotify

 

叶わない恋だと分かっていても、それを諦めきれない・・・

どうしようもない感情を歌い上げた歌詞が突き刺さる重ためのラブソング。

秦基博さんの淡々とした歌唱、クールだけどシリアスさが伝わるメロディに引き込まれます。

アコースティックギターを主体にしたサウンドアレンジもシンプルで好き。

Raspberry Lover, a song by Motohiro Hata on Spotify

 

ゴージャス感に満ちたアレンジと歌謡曲的な雰囲気が印象的なポップナンバー。

宇多田ヒカルとの掛け合いは聞いていてシンプルに引き込まれます。

椎名林檎らしい言葉遣いの歌詞でありながら、聞いていて前向きになれるのもポイント。

浪漫と算盤 - LDN ver., a song by Sheena Ringo, Hikaru Utada on Spotify

 

  • everything i wanted/Billie Eillsh

4つ打ちビートのゆったりしたリズムと浮遊感あるメロディラインに引き込まれるエレクトロナンバー。

ビリーの囁くような歌声とダウナーな雰囲気の楽曲が上手くマッチしていいます。

そんな曲の雰囲気とは裏腹に、実の兄に対する想いを歌った歌詞が心に響く仕上がりで。

自分を支えてくれる存在だからこそ、改めて大切にしたいってのが伝わります。

洋楽らしく、洗練されたサウンドも印象的。

everything i wanted, a song by Billie Eilish on Spotify

 

オシャレ感たっぷりのサウンドとゆったりとしたメロディ、程よいアクセントのバイオリンが心地よいブラックミュージック。
しっかりとしたドラムのビート、美しいバイオリンの音色を聞かせる間奏は思わず聞き入ってしまいます。
何回も同じミスを繰り返さないように学習していくことの大切さを歌った歌詞も個人的に突き刺さる。
常に本番の気持ちで緊張感を持って世の中を生きていこうってことなんでしょうね。
 

次点曲

何があっても大切な人を守り抜きたいー。

疾走感のあるギターサウンドに載せて逃げずに守り続ける想いを歌ったロックナンバー。 

サビにおけるボーカル・田邊の熱量溢れる歌唱はグッと迫るものがあります。

ポラリス, a song by BLUE ENCOUNT on Spotify

 

  • Lost Game/Nulbarich
退廃的な歌詞とピアノサウンド主体のスケール感溢れるメロディに引き込まれる1曲。
JQの滑らかな英語、浮遊感に満ちた歌唱が楽曲の世界観を引き立てています。
ゆったりとしたリズムではあるものの、心地よさも健在。

Lost Game, a song by Nulbarich on Spotify

 
  • Light/SIRUP

知らないことも全力で楽しんでいきたいー。

どこまでもポジティブな歌詞と軽快なリズムのトラックが開放的で心地よいポップナンバー。

イントロとアウトロの近未来的なシンセサウンドで未知の世界への期待を表現しているのが素晴らしい。

聞いているだけで自然と前向きな気持ちになれLight, a song by SIRUP on Spotifyました。

 

トロピカルハウスを彷彿とさせるトラックがオシャレなポップナンバー。

香取慎吾さんの真っ直ぐな歌唱とラップも含め、軽やかで何とも言えない心地よさに満ちていると感じました。

新たな決意を歌った歌詞は香取慎吾さんの前向きさだけでなく、聞き手の背中を押してくれるものとなっています。

Prologue (feat. TeddyLoid & たなか), a song by 香取慎吾, たなか, TeddyLoid on Spotify

 

  •  Turning Up/嵐

クールでファンキーなトラックが嵐のカッコ良さを引き出したポップナンバー。

親しみやすさのあるラップ、サビの安心感は配信限定シングルでも変わらず。

何より、ファンキー感たっぷりのメロディとサウンドに何とも言えない中毒性を感じます。

途中のラップだったり、洋楽テイストのサウンドといい、3分2秒という短さを忘れるほどの濃密な仕上がり。

 J-POPを支えていることに対する誇りが歌われた歌詞も印象的で、常にトップを走り続ける嵐ならではの前向きさも伝わります。

Turning Up, a song by ARASHI on Spotify

 

コペルニクス(初回限定盤)(DVD付)

コペルニクス(初回限定盤)(DVD付)