高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

COLORLESS/三浦大知 -何色にでも染まるからこその自分らしさ-

着実に存在感を強めている三浦大知

昨年の「球体」と「Be Myself」、今年の「片隅」と歌もしっかりと聞かせてくれました。

そんな彼の新曲「COLORLESS」が来年発売のニューシングルより配信されていますが、表現力の高さにビックリせざるを得ないものでして。

これが表題曲でもいいんじゃないってほど洗練された楽曲、アーティストとしての決意を明確に歌った歌詞・・・

あっと言う間に引き込まれてしまいました。

 

・COLORLESS(2020年1月15日発売のシングルより先行配信)
洋楽のような洗練されたメロディなのに、J-POPらしい分かりやすさも兼ね備えた楽曲が圧倒的。
それに乗っかる三浦大知の安定した歌唱もあって、すごく聞きやすい仕上がりとなっています。

EDMっぽい浮遊感のあるサビや低音ベースによる静寂さが印象的なBメロ複雑など、一聴すると複雑に感じるんだけど、実際はそうじゃないんですよね。

メロディの進行が本当にシンプルであくまでもJ-POPとして聞かせているのが素晴らしいなと思いました。

 

それでいて語感のいい歌詞の心地よさもあるのが見事。

韻を踏んだ歌詞になっていることで「どんなジャンルも飲み込むからこそ、何色にも染まらない自分らしさが生まれる」というメッセージの強さを確かなものにしているのです。

結果、軽快さもあって何回も聞きたくなる1曲になりました。

あまりJ-POPっぽくない雰囲気なんですが、それがクセになると言いますか。

ダンスだけでなく、歌の表現力もアップしているのを感じずにいられません。

COLORLESS, a song by Daichi Miura on Spotify

COLORLESS

COLORLESS

  • provided courtesy of iTunes