宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

2019年5月ベストソング5選

元号が変わってから1ヵ月が経過しました。

新しい時代ということで、気持ち新たに頑張っている人も多いのではないでしょうか。 

何とか前向きに生きていきたいところですね。

 

それはさておき、令和初となるベストソング5選記事の時期となりました。

今年の5月は最初こそ不作になるんじゃないかと思っていましたが、ふたを開けてみれば良曲揃いの月だった印象です。 

記事を書いている時もギリギリまで悩んでしまうほどで。 

個人的には豊作だなと感じました。

 

では、2019年5月ベストソング5選記事をどうぞ。

 

2019年5月ベストソング5選

自分はまちがいさがしの間違いの方に生まれてしまったんじゃないか・・・

でも、そうでなければこの出会いはなかったかもしれない。

今の人生を肯定しながら前へと進む気持ちが歌われたシンプルなバラード。

ピアノによるシンプルなメロディと菅田将暉の真っ直ぐな歌唱が心に響いてきます。

サビで聞かせる感情を込めた歌唱は素直さが感じられる仕上がり。

米津玄師が作詞・作曲を手がけていることもあり、その魅力をより実感できました。

Masaki Suda on Spotify

 

  • Pray/[ALEXANDROS]
大切な人が迷わないように見守り続ける・・・
優しくも力強く祈る気持ちを歌い上げたロックバラード。
少しずつ盛り上がっていく展開とシンセ・ギターサウンドの織りなす美しいサウンドに心を奪われる仕上がりです。
蔦屋好位置によるJ-POP的な親しみやすいアレンジとドロスのメロディセンスも見事に合わさり、壮大でありながら暖かみを感じられる1曲となりました。
特に間奏のギターソロは圧巻の一言で、鳴り響くギターサウンドにも負けない存在感を放っている印象。

「祈りたいよ」と切実に歌う洋平の歌唱と共に歌詞のメッセージを伝えています。 

Pray, a song by [ALEXANDROS] on Spotify

 

  • I Don't Care/Ed Sheeran&Justin Bieber

軽快なメロディを刻むピアノの音色が心地いいポップナンバー。

繰り返されるリズムは単調なんだけど、耳から離れない仕上がりになっているのがエドらしいなと。

サビで聞かせる「Ooh,ooh,ooh,ooh,ooh,ooh」のコーラスも楽曲の爽快感に繋がっています。

何より、後半のエドジャスティンの掛け合いは聞いていて爽やかな気分になれます。

I Don't Care (with Justin Bieber), a song by Ed Sheeran, Justin Bieber on Spotify

 

君は運命の人じゃないしいずれ別れるけど、それでも好意的なフリをし続ける。

そんな偽りの恋心を歌った歌詞がとても儚く感じるピアノポップナンバー。

本当は別れたいのに「君は綺麗だ」と好意的なことを言ってしまう…

自分の心にある葛藤と戦う気持ちが描かれています。

 

それを引き立てているのが楽曲の程よいポップさではないでしょうか。

シンセの伸びやかなサウンドとテンポ感が生み出す心地よさはもちろん、「アイムソーリー」や「いつも通り」と韻を踏んだ歌詞の語感は聞いていて気持ちいい。

髭男らしいポップセンスでより切なさを増幅させているのが見事。

アウトロのメロディラインもイントロと同じでありながら、ピアノのみで奏でることにより切なさと程よい余韻を与えてくれます。

Pretender, a song by Official HIGE DANdism on Spotify

 

  • Harmony Hall/Vampire Weekend

アコースティックギターとピアノによるオーガニックサウンドが印象的。

すごく暖かみを感じられる質感になっていて、聞いているだけで心が安らぎます。

パーカッションとピアノなど、生音主体のサウンドになっているのもポイント。

シンプルなんだけど、優しさに満ちた楽曲は必聴。

Harmony Hall, a song by Vampire Weekend on Spotify

 

次点曲

新しい時代への決意を真っ直ぐに歌い上げたロックナンバー。
小気味いいギターリフが繰り返すリズム、それに乗っかるミヤジのラップも印象的。
自分の人生の主人公は自分しかいないー。
不器用さも感じられるラップと共に全力で生きていこうというメッセージが熱くぶつかってきます。
 

一緒になることが許されない者同士が暮らすため、駆け落ちする・・・

その様子を独特の歌詞世界で表現した、スリリングなナンバー。

櫻井敦司の気迫あふれる歌唱と椎名林檎の色っぽくも力強い歌声による掛け合いは圧倒されます。

楽曲の緊張感がタイトルとマッチしているのも見事。 

駆け落ち者, a song by Sheena Ringo, 櫻井敦司 on Spotify

 

60年代末期ポップス(ジャクソン5?)を彷彿とさせるリフが耳に残る1曲。

サビ後のコーラス、ゆったりとしたベースラインの奏でるグルーヴは聞いていて心地よい。

素朴で懐かしさを感じさせると同時にキャッチーさも持っているのが見事。

STORY, a song by never young beach on Spotify

 

  • SEIMEI/ゆず

アコースティックギターの力強いストロークで生命の強さを表現したゆずらしい弾き語りナンバー。

時代が移り変わっても未来へと繋いでいく決意を描いた歌詞が心に響きます。

メロディから感じる適度な疾走感によって、楽曲のテーマを明確にしているのが素晴らしい。

久々にゆずの真骨頂と言えるナンバーを堪能できました。

https://open.spotify.com/album/7MzuTSiavxkoqEds7ORmz9?si=cv5P_SQJRXqFrZWFsEim-A

 

クラップが刻むリズムとアコースティックギターによる暖かいサウンドのポップナンバー。

力強くも優しい歌声は普段よりも表情豊かに感じられ、心に響く仕上がり。

特に、サビから伝わってくる多幸感は素晴らしく、今までの乃木坂46の曲とは違う雰囲気となっています。

前向きな歌詞や穏やかなメロディも含め、今年のアイドルポップでも好きな1曲となりました。

Sing Out!, a song by Nogizaka46 on Spotify

Father of the.. -O-Card-

Father of the.. -O-Card-