高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

ゾンビランドサガ 11話 -頑張っても報われないなんて…-

ゾンビになる前の記憶が戻ったさくらですが…

元々は何事にもネガティブだったんですね。

 

  • さくら

小さい頃から物事に対して頑張って来たものの、いつも本番に何らかのアクシデントが起こってしまう不幸体質を持ってるようで。

そのせいで「頑張るだけ無駄」と諦めモードに入っていました。

ゾンビアイドルとして前向きなさくらの姿からは考えられないけど、これが本来のさくらなんでしょうね。

小学校時代からその繰り返しでしたが、高校時代にようやく「アイドルを目指して頑張ってみたい!」と前向きになれたのに事故に遭ってしまった…

ゾンビアイドルとして活動してるものの、本来やりたかったこととは違う。

記憶が戻ったさくらとしてこれまでの経緯を知ったことでショックも大きかったんだろうなぁ。

前向きが印象的なさくらだけに、今回のネガティブさはいろいろ衝撃でした。

 

  • まとめ

さくらの過去を描いた話でしたが、それは壮絶なものでした。

頑張っても本番に挑むことが出来ない状態を繰り返されればああいう感じに腐っていくのでしょうね。

ただ、さくらの前向きさは本当に持っているものだと思います。

記憶が戻ったさくらとして、その前向きさを取り戻せるのか気になるところ。