高知より愛を込めて

高知から音楽(J-POPメイン) やグルメなど、好きなものへの愛を語っていきます。

2018年10月ベストソング5選

秋と言えば豊作のイメージが強い季節ですが。
音楽においてもそれは変わらないようで。
今年の10月は稀に見る豊作月だったと感じています。
いつものように次点曲含めて10曲を選びましたが、正直かなり悩みまして。
次点曲も含め、レベルの高い曲が揃ったんじゃないでしょうか。

というわけで、2018年10月のベストソングはこんな感じになりました。

 

 

2018年10月ベストソング5選

  • Flamingo/米津玄師
ヒップホップのリズムと妖艶な歌謡曲を見事に融合させた、米津玄師によるニューミュージック。
一定のリズムを刻むトラックやベースライン、韻を踏んだ歌詞の語感が心地よさを生み出しています。
それを増幅させる声のギミック(チェッチェッチェなど)とサビの「フラ フラ フラ フラミンゴ」もあって、絶妙なテンポになっているんですよね。
二番に入る前の「ああああ、あ、はい」も上手く楽曲の一部になっているのが米津らしい。
 
特に、Cメロの展開には度肝を抜かれました。
ヒップホップのトラックはそのままに、演歌調のこぶしが効いた歌唱を聞かせているのが見事。
ボイスパーカッションを取り入れたりとR&Bの要素も感じずにはいられません。
洋楽的要素と日本の歌謡曲が混じり合った、新時代のポップスと言えるでしょう。
妖艶さが持ち味の椎名林檎、熱量のある歌唱を聞かせる宮本浩次・・・
両者の歌がこれでもかというくらいにぶつかり合う様に圧倒されるジャズナンバー。
ゴージャズで妖艶なビッグバンドジャズの世界観をイントロから間奏、ラストまでしっかりと楽しませてくれます。
ストリングスやウッドベースの音色が感じさせる艶っぽさは椎名林檎ならではかと。
スリリングな展開のメロディラインも含め、聞きごたえ抜群の1曲。
サビのコーラスから感じるアンセム感、スリリングなメロディラインに引き込まれるピアノポップ。
小気味いいギターリフとサビ前で韻を踏む歌詞の語感、ハンドクラップは聞いていて心地いい。
「息を切らしていく」の箇所において呼吸でリズムを取っているのもポイント。
EDM要素を感じさせる構成といい、バンドの本気が伝わってきます。
10月イチオシのアンセムナンバーと言える仕上がり。
  • ごめんね/米津玄師
打ち込みのリズムと美しいシンセの音色が印象的なEDMナンバー。
アンセム感に満ちたサビはコーラスのみの構成でありながらグッと引き込まれます。
間奏の掛け声もあってか、聞いているだけで高揚感が出てきました。
優しくなりたい気持ちを歌った歌詞の優しさと繊細さも含んだメロディも心に響きます。
 
  • 遠い春/スカート
アコースティックギターの暖かい音色、透明感のある歌声がシンプルに心地いいポップミュージック。
ゆったりとしたメロディラインによって楽曲の暖かみが増幅されています。
何より、自然と美しいサウンドになっているのが素晴らしい。
冬を越えてやってくる春が待ち遠しくなるような、そんな曲です。


スカート / 遠い春 【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

次点曲

  • TEENAGE RIOT/米津玄師

初期衝動の持つ爆発力を楽曲で表現しきったギターロック。

サビに入る瞬間の解放感がまさしく初期衝動そのものと言うべきか。

邦楽ロックではありがちな作風ながらも、イントロで聞こえる声のギミックやスタイリッシュさを含んだメロディに米津のセンスを感じます。


米津玄師 MV「TEENAGE RIOT」

  • BLUE MOON/SPiCYSOL

爽やかなサウンドと力強いドラムの刻むビートが印象的なシティポップ。

曲の持つ軽快さに自然と身を委ねたくなってしまいます。

間奏で聞かせるギターソロにもグッと来るものがあると言いますか。

遠距離恋愛のもどかしさを歌った歌詞もサウンドを引き立てているように感じますね。


SPiCYSOL "Blue Moon" [Official Video]

秦基博の歌声とアコースティックギターの音色が心に染み渡る1曲。

君に会うために生まれたという気持ちを小さな花に例えて歌い上げているのが印象的。

花のような繊細さが見事なほど表現されています。

 


秦 基博 / 花(Panasonic企業CM「一人ひとりの物語」イメージソング)

 イントロの掛け声、桜井さんのシャウト、力強くも美しいメロディ・・・

今までにない若々しさが印象的なロックナンバー。

まだまだ若手に負けない、そんな想いがこの楽曲を聞くだけでも伝わってきます。

サビの解放感はただただ圧倒されます。


Mr.Children「Your Song」MV

ピアノの美しい音色と繊細な歌声が冷え込んだ冬の空気感を表現した1曲。

王道バラードとも言えるメロディはしっかりと作りこまれている印象。

イントロの切なさとサビのファルセットがたまらない、この冬に聞きこみたいウインターソングです。


ビッケブランカ / 『まっしろ』Lyric Video (日本テレビ系ドラマ『獣になれない私たち』挿入歌)

まとめ

メロディ重視で選んでいるのは変わらないものの、今月は美しいメロディに惹かれたような気がします。

秋という季節もあるんでしょうけど、最近はそういったものを好む傾向が強くなってるなと。

特に、ピアノやアコースティックギターの音色を活かした楽曲が個人的に強かったですね。