宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

アイマスシリーズに詳しくない人がデレマス楽曲を聞いてみたら・・・

最初に断っておきますが、私はアイマスシリーズのことをほとんど知りません。

名前を聞いたことがあるのとよく名前を見かける声優さんが参加してるなぁと思ったくらいで。

それどころか、ビルボードジャパンランキングやオリコンに関連楽曲が上位に入っているのを見るたび「そんなに人気があるのか」と不思議に思っていました。(今週のビルボードジャパンHot100でも「リトルリドル」が14位に入ってます。)

 

そんな中、デレマス楽曲がiTunesで配信されるということでつい気になってTSUTAYAにある分だけレンタルしてみたんですよ。

実際にデレマスをプレイしてるわけでもないので曲を楽しめるんだろうかと思いながらも、レンタルした中で今年リリースされた「桜の頃」を聞いてみることに。

 

まず、驚いたのが美しいアレンジが施された和風ポップスという印象の楽曲に仕上がっていたこと。

情景が浮かんでくる歌詞や和楽器の奏でる旋律に思わず酔いしれてしまったといいますか。

思った以上に凝った楽曲だったので、デレマスのことを知らない私でも楽しめました。

 

その他の楽曲もバリエーションに富んだものばかりで。

イントロの語りや演歌調のメロディが本格的だと感じた「命燃やして恋せよ乙女」

、ワクワクする冬のワンシーンを表現したウインターポップス「Snow Wings」、ワルツのメロディを取り入れたファンタジーな世界観に魅了される「Sweet Witches' Night~6人目はだぁれ~」など。

今までスルーしていたのがもったいないなと感じるくらいにいい曲が揃ってるんです。

さすがにゲームそのものをプレイするかと言えば別問題ではありますが・・・

 

私が言いたいこととしては、楽曲を聞いているだけでも普通に楽しめるってこと。

普段からアニソンを聞いている方(その前にプレイしている人が多そう?)だったらすんなりと入れるでしょうし、J-POPメインで聞いている方も試聴してみてほしいところ。

スルーしていた私が言うのもなんですが、何事も食わず嫌いはよくないんでしょうね。

 

あと、今回レンタルしてきたデレマス楽曲のレビューをやっていきたいと考えてるのでそちらもお楽しみに。

楽曲を聞いて純粋に感じたことを魅力も含めて文章化できればなと。