宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

2017年8月ベストソング5選

9月になってしまいましたが、恒例のベストソング記事8月分を。

先月に続いて良曲が多くてまたも迷ってしまいましたが、何とか決定。
次点曲含めて、以下の10曲となりました。
では、どうぞ。

 

2017年8月ベストソング5選

  • DAOKO&米津玄師「打上花火」

夏の夜空に打ちあがる花火の儚さを表現したミドルナンバー。
R&Bっぽい打ち込みを基調としたしっとりとしたメロディが曲の世界観を引き立てています。
それに乗っかるDAOKOと米津玄師の歌唱も心に沁み渡ってくる。
パッと咲いて、パッと散る・・・
賑やかだけど儚い、そんな花火大会の情景が浮かんでくる夏らしい1曲。
何より、米津玄師のソングライティング力を改めて感じました。

 DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO - YouTube

 

身近な人が1日でも幸せであってほしい・・・
そんな想いを歌った歌詞と温かみのあるメロディが印象的。
往年のブラックミュージックを彷彿とさせるサウンドは今の時代だからこそ新鮮に感じます。
シンプルな展開のメロディ、ラストのコーラスも聞いているだけで多幸感に満たされる。
星野源のルーツとらしさを同時に感じられる、新たなスタンダードポップス。

 星野 源 - Family Song 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】 - YouTube

 

自分の弱い部分から逃げながらも、必死にもがいて生きる・・・
そんな心の不安定さを表現したサウンドが印象的なエレクトロポップ。
シンセの歪んだサウンドで歌詞に表れた気持ちを表現しているのが見事。
ミセスらしくポップでキャッチーなメロディとのギャップもたまらない。
ポップでありながら尖った、ミセスの新境地とも言える1曲。

 Mrs. GREEN APPLE - 5thシングル「WanteD! WanteD!」ダイジェスト - YouTube

 

重厚なドラムのリズムが今までの時雨にない雰囲気を感じさせるロックナンバー。
鋭いギターやベース、TKの歌唱が生み出す狂気は健在ながら進化しているように感じます。
時雨らしい345との掛け合いはもちろん、下北沢ダイハードに寄り添いつつ時雨の世界観を展開した歌詞にも注目。
「SEE MORE GUITARS WORLD」を「下北沢」と空耳で聞かせる部分とか、特に。
個人的にはイントロの「Telecasthic fake show」を意識したギターフレーズにニヤリとしてしまいました。
久々の新曲だけあり、時雨らしさが詰まった非常に濃厚な1曲。

 凛として時雨 『DIE meets HARD』 - YouTube

 

  • アヴィーチー「Without You(feat.Sandro Cavzza)」

DJ活動を引退していたアヴィーチー。
復帰作?として8月10日にリリースされた「Avici(01)」からの1曲です。
アコースティックギターとシンセをフィーチャーした軽快なEDMサウンドが実にアヴィーチーらしい。
サビの盛り上がりはアンセム感満載ながら、北欧の美しさをイメージさせる仕上がりになっているのも印象的。
曲の映し出す情景を感じ取りながら聞きたい。

 Avicii - Without You “Audio” ft. Sandro Cavazza - YouTube

 

次点曲

スペイン語の響きと情熱的な歌唱に圧倒されるラテンナンバー。
切なさを含んだアコースティックギターの旋律とラテンのリズムがとにかくツボですね。
「スベスベスベ」と聞き手を煽るフレーズに自然と気分が高まってくるといいますか。
何より、リズミカルなスペイン語の響きが心地いい。

Luis Fonsi, Daddy Yankee - Despacito (Remix Audio) ft. Justin Bieber - YouTube

 

メロディからズレたリズムが何とも言えない味わいを感じさせるポップナンバー。
ストリングスやギターの柔らかいサウンドも含め、逆に心地いい仕上がりとなっています。
肌と肌が触れ合うからこそ、感じられるものがある―。
そう歌った歌詞も印象的。
シンプルでありながら、なかなか侮れない1曲。

 

謡曲の要素も取り入れつつ、夏の爽やかさを見事に表現した桑田節全開のナンバー。
同時にエロスを感じさせるのが桑田さんらしいですね。
原由子のコーラスも含め、どこかサザンの雰囲気が漂っています。
桑田佳祐ならではのロックンロールに仕上がった1曲。

 桑田佳祐 - オアシスと果樹園(Full ver. + AL『がらくた』Bonus Discトレーラー) - YouTube

 

疾走感のあるバンドサウンドがユニゾンらしいギターロック。
軽快なドラムのリズムと歌唱は聞いていて心地いいの一言。
歌詞に描かれた恋のワクワク感をそのまま表現した1曲。

 UNISON SQUARE GARDEN「10% roll, 10% romance」ショートver. - YouTube

 

ワルツの優雅な旋律をそのままポップスに昇華した1曲。
伸びやかに歌い上げるみかこしの歌唱が心地いい。
ワルツのステップを前へ踏み出す1歩に例えた歌詞も印象的。
みかこしの楽曲でも上品な仕上がりとなっています。

小松未可子「Maybe the next waltz」YouTube ver.+カップリング曲ダイジェスト - YouTube

 

まとめ

いかがでしたか?
どの曲も個人的にオススメしたいものですので、気になったらぜひ聞いてほしいですね。

 

打上花火 (初回限定盤)(CD+DVD)

打上花火 (初回限定盤)(CD+DVD)