宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

CDを買うことの楽しさ

ここ数年で音楽を取り巻く環境は大きく変化したように思います。

90年代から00年代まではCD(レンタル含む)が主流でしたが・・・
今は配信での売れ行きが伸びているように感じます。
その他にラインミュージックやアップルミュージックなど月額を払って聞くスタイルも。
いろんな方法で音楽を楽しんでいる方がいるかと思います。

 

ちなみに、私はCDを極力買うようにしています。
さすがに聞きたいCD全てを買うのは難しいので、配信やレンタルも使い分けていますが(^^;
なぜCDを買っているのか、ここにまとめたいと思います。

 

1.手元に残る

なんといっても、CDという形で手元に残せるのが大きいんですね。
レンタルや配信でも音源を手に入れて聞くことはできます。
しかし、手に入れた時の満足感が大きいのは断然CDを買った時でして。
配信やレンタルに比べると高いけど、その分充実感は感じられます。
データとして残るだけか形として残るかの違いだけですが、その差は大きいものだなと。
だからこそ、本当に好きなアーティストや心から聞いてみたいと思ったアルバムは購入します。

 

2.歌詞カードをじっくり見れる

レンタルを利用していて感じることですが。
CDをレンタルするため、歌詞カードもついてくるんですね。
なので、歌詞を楽しむことは出来なくはないです。
でも、レンタルしているので一時的に持っているだけになります。
返却期限が来たら歌詞カードも含めて返さないといけません。
私自身、歌詞を重視して聞いているわけじゃないですが・・・
たまには歌詞も読みながら聞きたい時だってあるんです。
そう考えると、好きなアーティストのCDは買いたいって気持ちになりますね。

 

3.買う時、CDで聞く瞬間のワクワク感

正直、これがもっとも大きいかと思います。
音源が発売されるまでにYoutubeでMVが公開されたり、ラジオで最速オンエアされたり。
それを試聴しながらCDの発売日を待ち、当日にCDショップへ行く。
そして、店頭でCDを手に取ってレジに持っていき購入する・・・
ここまででも個人的にかなりワクワクするんですよ。
家に帰ってから、あるいはカーステレオにCDを入れて聞く瞬間もまた高ぶります。
ラジオやYoutubeに比べて綺麗な音で新曲を聞ける、その瞬間はたまりません。

 

まとめ

配信が主流の時代になぜCDを買うのか。
やはり、特有のワクワク感や楽しさがあるからだと思うんですよね。
音楽を聞いている時も楽しいですが、初めてCDで聞く瞬間や店頭で買う時もワクワクするんです。
配信やレンタルを使い分けるようにはなったけど、CDを買うことの楽しさは忘れたくない。
そう感じ、今回このような記事を書きました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。