読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

茅野愛衣さんに対する興味が薄れた理由

※以前のブログにアップした記事を移転したものです。

 

今日は9月13日。
あの花のめんまを演じてからの活躍が目覚ましい茅野愛衣さんの誕生日です。
それ以降は持ち前の癒し系ボイスを活かした演技にとにかく惹かれました。
特に、俺修羅の冬海愛衣はハマりまくってたなぁ。

また、氷菓伊原摩耶花ベン・トーの白梅梅などの刺々しい感じの役も印象的。
アルドノア・ゼロのマグバレッジ艦長のように年相当の役もこなすなど、今後がますます楽しみ。

 

と言いたいところなんですが・・・

ここ最近は茅野愛衣さんに対する関心が非常に薄れてしまってます。
私が声優を応援するきっかけにもなった方なので、どうしてなのかずっと考えてました。

 

・どうしてそう感じてしまったのか

茅野愛衣さんの魅力と言えば、癒し系のふんわりとした声だと思います。
演じる役も声を活かしつつ、可愛い系からやさしいお姉さん役まで幅広くこなしている印象。
時には低めの声で刺々しさを感じさせる演技をしたりと意外に驚かせてくれました。

ですが、ここ最近は一部の役を除いてマンネリ化していると感じざるを得ません。
どの役も茅野愛衣さんだとわかるものではあるんですが、新鮮さに欠けている。
癒し系ボイスを活かし過ぎるあまり、それ以外の要素がないんですね。
悪く言ってしまえば、マンネリ化しているってこと。

うしおととら」でオマモリサマという座敷童の役を例に出しますが・・・
声を聞いた瞬間に茅野さんだとわかったので、どんな役でも存在感はあると思います。
でも、それだけなんですね。
座敷童という妖怪の役を演じるからには威厳というか、そういうのが欲しかった。
可愛らしい声が前面に出過ぎていて、個人的には威厳があまりないように感じました。

「人を癒したいから」という理由で声優になったそうですが。
プロの声優である以上、それだけじゃ務まらないと思います。
アルドノア・ゼロのマグバレッジ艦長は大人の女性を演じているなって感じはあったものの・・・
現時点ではまだ癒し系ボイスの声優って印象が強すぎます。
持ち味である以上はこれを活かした役がいいのでしょうけど、そろそろ別の強みがあればと思います。
C3部の初瀬カリラのような、ちょっとボーイッシュな演技をもっと伸ばしていって欲しい。
もう少し見守っていきますが、果たして。

 

・まとめ

少し批判的に書いてしまいましたが、完全に関心がなくなったわけではないです。
以前に比べると大ファンだと言えなくなったものの、ふんわりとした声はまだまだ聞いていたいんです。
そろそろ癒し系ボイスを活かすだけじゃなく、もう一歩踏み込んだ演技をしてほしいところ。