読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

神聖かまってちゃん「つまんね」-アレンジを持って表現する、の子の内面-

・全体的な感想

インディー盤としてリリースされた「みんな死ね」と同時発売のメジャーデビュー盤「つまんね」。
がむしゃらな勢いが詰まった前者に対して、丁寧に作り込まれた印象を感じました。

まず、一番特徴的だと感じたのはアレンジの違い。
それを物語っているのがキーボードの音使いだと思います。
楽曲に美しさを加えているのはもちろんですが、神聖かまってちゃん特有の狂気を増幅させる要素になっているのは見事。
ダークさを感じさせてくる楽曲も多くて、ある種の気持ち悪さまで生まれてしまってます。
ギターサウンドも歪ませていたりと、サイケに近いサウンドとなっているのが印象的。
そこに同居するポップさとの融合もあってか、聞きやすさがあるのがいい。
2作ともベクトルが違うけど、聞きやすさを重視しているように思います。

収録されている楽曲もアレンジが秀逸。

キーボードの美しい音色と全体的にエフェクトのかかったの子のボーカルが絶妙にマッチしてカオスさを生み出している「美ちなる方へ」や、打ち込みドラムのポップさとシンセノイズによるアレンジが秀逸な「黒いたまご」、聞いていると精神がおかしくなりそうなほどに音を歪ませたシンセとポップなリズムとのギャップがいい感じの「いかれたNEET」などを中心にミニアルバム以上の成長を感じさせてくれるものが多かったです。
途中にインストナンバー(夜空の虫とどこまでも)もあって、構成的にもアクセントが練られていると感じました。
そういった意味では、こちらの方が面白い作品だとも言えますね。
何より、サウンド面においてはインディー盤以上にポップでありながら狂気に満ちているんです。

歌詞もの子が抱える内情を表現したものになっているなど、暗いものが目立っているように感じました。
絶望と心に潜む息苦しさも全て表現しています。

 

・まとめ

「みんな死ね」と同時リリースとなった本作。
アレンジの秀逸さが光る1枚となりました。
ダークさを重視した楽曲など、の子の内面を切り取ったような曲も圧巻。

 

つまんね

つまんね