宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

星野源「ギャグ」-時には息抜きも大事-

アルバム「Stranger」から一週間後にリリースされたシングル「ギャグ」。
今までの星野源とは違う雰囲気を感じました。

 

1.ギャグ

コミカルなギターリフのイントロが印象的な星野源さん流のロックンロール。
ハイハットを多用したドラムやピアノの陽気なリズムが実に軽快。
サビの適度な疾走感と源さんの伸びやかな歌唱もいい感じ。
明るさに満ちたメロディは聞いているだけでもスッと入り込んで来ます。
亀田誠二さんによるプロデュースも上手く活きているのでしょう。
ギャグアニメやコミックを楽しむように、何も考えずに聞いてほしい1曲。

 

2.ダスト
アコギを基調としたミディアム・ポップス。
温かみのあるサウンドが星野源さんの持ち味なんですけど・・・
シンプルながらもその良さを実感できる仕上がり。
ゆったりとしたリズムがオシャレさを感じさせるのも好印象。

 

まとめ

復帰後の勢いを感じさせるロックナンバーに仕上がった「ギャグ」。

コミカルさも含め、スッと入り込んでくる一曲になっています。

ロック寄りではありますが、「Stranger」で感じられるブラックミュージックの緩やかさが漂う佳曲となりました。

 

ギャグ

ギャグ