読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

UNISON SQUARE GARDEN「Catcher In The Spy」-ポップに力強く-

勢いはそのままに、進化を遂げたUNISON流ギターロックアルバム。

・全体的な感想

UNISON SQUARE GARDENの5thアルバムとなる「Catcher In The Spy」。

前作「CIDERROAD」で感じられたポップ感はそのままに、バンドサウンドの持つ力強さとカッコ良さを押し出した作風になっています。
原点回帰をしつつも、成長したUNISONサウンドを楽しめるのが特徴。
「サイレンインザスパイ」など、ストレートなギターロックナンバーが多いんです。
ギターサウンドのカッコ良さは1stアルバムを髣髴とさせてくれました。
ベースとドラムのリズム隊が負けじと主張している演奏もたまらない。
トラックメーカーの田淵智也によるベースプレイも圧倒的。

それでいて、軽快さも加えた楽曲が今の彼らの勢いを感じさせてくれる。
アルバムから溢れるライブ感がたまらない、シンプルにロックな一枚。

・まとめ

原点回帰し、バンドサウンドの持つ力強さを前面に押し出した本作。
その上で前作で得たポップネスを失っていないのが見事。
特に、「君が大人になってしまう前に」の優しく力強いサウンドは好きですね。
進化したUNISON流ギターロックを楽しめるアルバムと言えるでしょう。
今後も進化するであろう、彼らに期待せずにはいられない。