宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

2017年1月 ベストソング 5選

今年も可能な限り、月ごとのベストソングを紹介していきたいと思います。
今月は個人的に気になったリリース作が少なく、早めに決まりました。
というわけで、1月は以下の5曲をピックアップ。

2017年1月 ベストソング5選

  • [Alexandros]「SNOW SOUND」
冬を感じさせるメロディ、シンセのサウンドがたまらない。
懐かしい雰囲気のアレンジも含め、王道の冬ソングらしい風格を感じます。
シンプルなリズムながらも力強いドラム、洋平の裏声を活かした歌唱もそれを引き立てる。
冬という季節がどういうものなのかをこの曲で描いているのが素晴らしい。
雪が降る様子をイメージさせるサビのメロディ、歌唱は圧巻の一言。

  • Suchmos「A.G.I.T」
イントロのギターリフから漂う雰囲気が圧倒的。
メロディ含め、聞く者を飲み込むほどの雰囲気があります。
不穏なシンセが鳴り響く間奏からギター、ベースなどで盛り上がる大サビは圧巻。
彼らの持ち味であるグルーブ感はもちろん、音世界を表現しているのが見事。
全体的にスリリングな展開になっている点もたまりません。

  • Mrs. GREEN APPLE「鯨の唄」
大胆にストリングスを取り入れた、力強くも壮大なロックナンバー。
悲しいことがあってもそれを乗り越えて歩いて行こう・・・
前向きなメッセージの歌詞がメロディの美しさ、力強さを確かなものにしています。
しっかりと聞かせるギターとベースのうねりも個人的にツボです。

自分の目標に素直であれ―。
そんなメッセージを高らかに歌い上げたロックナンバー。
壮大なバンドサウンドを軸に打ち込みを取り入れたりと、挑戦的な楽曲になっています。
バンドの野心を感じるアルバム「Ambitions」のリード曲に相応しい存在感があります。
常に前へと進む、ワンオクの姿勢を改めて感じられました。

ハンドベルアコーディオンの優しい音色がアクセントになったポップソング。
アコースティックギター主体のサウンドは聞いていると心が温まってきます。
不安を感じる今の時代だけど、今を見て生きることが大切・・・
そんな歌詞がシンプルなバンドサウンドが奏でるメロディと共に背中を押してくれる。
先が見えない時代だからこそ、今を全力で生きるべきではないでしょうか。

まとめ

アニソンや声優系の楽曲も含め、いろいろと聞きましたが・・・
今月は上記の5曲が飛び抜けていた印象です。
特に「SNOW SOUND」はJ-POP寄りのアレンジが功を奏したのか、冬ソングという仕上がりに。
懐かしい雰囲気もあってリピートしてます。

また、今年はアニソン・声優系や洋楽からも選びたいなと思ってます。
いいなと感じた曲をジャンル関係なしに紹介できたらいいですね。

THE KIDS(DVD付)

THE KIDS(DVD付)