宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

2016年アニメアウォーズに参加しました!

2016年の総括、最後はアニメを振り返ります。
今年もおちゃつさんのブログ企画「2016年アニメアウォーズ」に参加させていただきました。

・最優秀作品
最近ハマっている日常系アニメ、今年も強かった印象です。
どの作品にするのかいろいろ悩みましたが、その中から「ふらいんぐうぃっち」で。
ファンタジック要素も感じさせる雰囲気で描かれる、真琴たちの日常は見ていてほっこりしました。
使い魔の動物たち(特にチトさん)も可愛かったですし。

・特別賞 (捨てがたいものや大穴だったものなど)
これでもかってくらいに尻アニメな「競女!!」ですね。
「金剛尻」など技の名前がバカバカしかったり、「尻が追ってくる・・・!」といった狂気すら感じさせるセリフ。
この吹っ切れた感が見ていて清々しかったです。
競女選手になるという目標に進むのぞみたちの姿も印象に残りました。

・キャラ部門 (男性・女性それぞれ。性別不明の場合はお任せします。)

  • 男性キャラ
これを男性キャラに分類していいのか不明ですが、まほいくのファブで。
魔法少女に関する事実を話さないあたり、あのQBよりも悪質といいますか。
自分の目的のためなら手段を選ばない感じでしたし。
ゲスさが印象に残るキャラを選ぶとは思いませんでした(^^;

  • 女性キャラ
ラブライブ! サンシャインの国木田花丸ですね。
「~ずら」という語尾と都会の進んだ設備に興奮する姿が可愛かった。

・OP部門 (映像込みの評価でお願いします) 
今年は断トツで灼熱の卓球娘の「灼熱スイッチ」です。
白熱する試合を描いた映像、サビに向けて加速していく展開の楽曲が熱い。
バックで鳴る卓球のラリー音のリズムも心地よいですね。

・ED部門 (同上) 
あまんちゅ!のED「ふたり少女」で。
アコースティックテイストの癒される楽曲もさることながら、映像も良かったです。
海をテーマにしたアニメーションらしく爽やかなんですね。

まとめ
ということで、今年のアニメアウォーズは以上です。
昨年よりはアニメを楽しめたように感じました。
感想はほぼ書かなくなりましたが、その分アニメそのものを素直に見れるようになったと思います。
来年もアニメを楽しんで行きたいですね。