宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

2016年ベストアルバム20選

2016年の振り返り、続いてはベストアルバム20選です。
今年は以下の20作品となりました。
では、どうぞ。

20位~11位


20位.平井堅「THE STILL LIFE」
19位.きのこ帝国「愛のゆくえ」
18位.80Kidz「5」
17位.フレデリック「フレデリズム」
16位.04 Limited Sazabyz「eureka」
15位.TK from 凛として時雨「white noise」
14位.ヤバいTシャツ屋さん「We love Tank-top」
13位.RADWIMPS「人間開花」
12位.UNISON SQUARE GARDEN「Dr.Izzy」
11位.クリープハイプ「世界観」

次点
Mrs.GREEN APPLE「TELVE」
Aimer「daydoream」

2016年ベストアルバム10選


10位.9mm Parabellum Bullet「Waltz on Life Line」
ワルツのように流れるアルバム構成が聞いていて気持ちいい。
9㎜らしく、歌謡曲の要素を取り入れたロックナンバーや勢い重視の楽曲も健在です。
個人的に彼らのアルバムで一番好きな作品になりました。

9位.ストレイテナー「COLD DISC」
サウンドの強靭さはそのままに、よりメッセージがストレートになったロックアルバム。
ずっと聞き続けて欲しい、タイトルからも力強いギターサウンドからもそれを感じられます。

8位.Perfume「COSMIC EXPLORER」
壮大なスケール感が圧巻の一枚。
タイトル通り、世界のみならず宇宙を見据えた構成となっています。
EDM要素を取り入れたトラックや彼女たち自身の軌跡を曲にした「STORY」の存在など・・・
新たなステージに立ったPerfumeの強さを感じずにいられません。

7位.高橋優「来し方行く末」
世の中を見据えたメッセージ性の強い曲から一転、生活の中で感じたことを歌った曲が増えたように感じました。
「明日はきっといい日になる」を始め、全体的にポジティブです。
厳しい言葉は身を潜めましたが、優しさに満ちたアルバムとなりました。
今の時代にこそ聞くべき1枚。

6位.ゲスの極み乙女。「両成敗」
不倫疑惑で注目されてしまったゲスの極み乙女の2nrフルアルバム。
全ての楽曲で印象に残るサビとメッセージ性を含んだ歌詞・・・
メロディ、歌詞と楽曲・アルバム全体で聞く者を掴んでくる一枚と言えます。
まさに「両成敗」が止まらないアルバム。

カートゥーンミュージック調の「Cheese Eye」やギターの響きに引き込まれるインスト曲「Dody」など・・・
新境地を感じさせながらも、ポップマエストロの本領が発揮されたポップの名盤です。
様々な楽器を駆使して独特の音世界を楽しませてくれるのは変わりません。
じっくりと聞きこみたい一枚となりました。

4位.Bruno Mars「24K Magic」
24カラットの輝きをそのまま音で表現したポップアルバム。
ドファンキーなリズムがたまらない表題曲の「24K Magic」を始め、眩いばかりの輝きに満ちています。

3位.宇多田ヒカル「Fantome」
人間活動後の「生と死」をテーマにしたアルバム。
サウンドのシンプルさはそのメッセージを伝えるためのものなんでしょう。
余計なものを削ぎ落とし、感じていることをポップミュージックに落とし込んだ傑作。
優しさに満ちた歌唱や暗い雰囲気まで、宇多田ヒカルの伝えたいメッセージを全体で感じ取ってほしい。

2位.スピッツ「醒めない」
スピッツというバンドの音楽に対する「醒めない」想いを表現したロックアルバム。
シンプルで真っ直ぐなサウンドがそれを物語っているのではないでしょうか。
リード曲の「醒めない」を始め、全曲でスピッツを感じられる。
これからも変わらずに自分たちのロックを奏でる、そんな決意に満ちています。

1位.[Alexandros]「EXIST!」
ロック、パンク、エレクトロ、ヒップホップなど様々なジャンルを取り入れた楽曲が目立つ1枚。
現状に満足しない川上洋平の決意がそのまま表れています。
今までを振り返りつつ、さらに先へと進む。
バンドの決意と覚悟がより明確になった名盤です。

振り返ってみて

今年は「音楽を楽しめたかどうか」をより重視した結果になったのではないかと思います。
難しく考えず、ピンと来た作品を選ばせていただきました。
来年もいい音楽に出会えるといいですね。

EXIST!(初回限定盤A)(DVD付)

EXIST!(初回限定盤A)(DVD付)