読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

2016年7月 よく聞いた楽曲6選

ツイッターで一曲レビューみたいなことをやっているのですが… 
せっかくなので、「○月によく聞いた楽曲○選」という形で記事にしていきたいと思います。

今月は以下の6曲です。

2016年7月の6曲

Bank Band「こだま、ことだま」
どこか温かい気持ちになれるポップソング。
桜井さんの優しい歌唱によって歌詞のひとつひとつが心に入ってきます。
ちょっと無邪気さを感じさせているのが何とも。
希望を感じさせるようなホーンの音色も含め、多幸感に満ちた一曲。
まさに、やさしいうた。

RADWIMPS「前前前世」
どこまでも真っ直ぐなサウンド・メロディがグッと来るギターロック。
がむしゃらな展開の楽曲と歌詞が上手くリンクしています。
疾走感のあるメロディが君に対する迷いのない想いを増幅させるかのようで…
イントロの突き抜けたギターリフや力強い間奏から感じられる勢いが変わらないRADらしさと言えますね。

Suchmos「MINT」
ゆったりとしたグルーヴ感とポップさがたまらない1曲。
ギターのカッティング、ベースとドラムのリズム、韻を踏んだ歌詞…
全てが心地よさを生み出しています。
ギターとキーボードの音色同士の掛け合いも聞いていて気持ちいい。
クールな歌唱も含め、引き込まれました。
ソウルフルに歌い上げるラストは圧巻。

スピッツ「醒めない」
適度な疾走感が心地よいギターロック。
ドラムのリズムやギターの旋律、サビの爽快感とがキャッチーでスピッツらしい。
シンプルだけど、聞く者を掴んで離さないメロディは流石の一言。
初期の勢いを感じさせるアレンジも秀逸。
ベースのうねり具合やサウンドのシンプルとか特に。

桑田佳祐「ヨシ子さん」
イントロのシンセ含め、異国情緒を感じさせるサウンドが印象的。
サビの不協和音的なコーラス、意表を突いてくる展開といい、とにかくぶっ飛んでます。
世の中のオッサンたちに対して控えめになっていると嘆く歌詞も含めてそう感じるんですよね。
素直に生きていいんじゃない?ってメッセージを伝えたいからこそ、聞き手にインパクトを与えたいのでしょうか。
ふざけながらも、しっかりと想いが伝わってくる桑田さんらしいポップソング。

ASIAN KUNG-FU GENERATION「ブラッドサーキュレーター」
鋭いギターサウンドがガツンと来るギターロック。
歌詞の言葉選び、勢いに満ちたメロディに初期の面影を感じてしまいました。
イントロ・アウトロの尖ったリフがとにかくカッコいい。
シンプルにこれぞアジカンだと言える一曲。