宇宙への行き方

音楽のある生活っていい。

音楽的雑感「ポップの良さを重視している理由」

・なぜポップの良さを重視するのか? 私が曲の良さを判断する上で大きな要因となるのが「とっつきやすさ」なんですね。アーティストらしさが発揮された曲でも、聞きにくいとそれだけであまり聞かなくなります(^^;聞きやすいってのは音楽を聞く者としては…

indigo la End「幸せが溢れたら」 -美しくも儚い音世界-

儚くも甘酸っぱい恋愛模様・・・それを美メロギターロックで表現した良作。 ・全体的な感想 「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音を中心としたindigo la Endのメジャー1stアルバム。 あっと驚く展開や演奏で聞かせるゲス極に対し、こちらはメロディを大切にしてい…

高橋優「この声」-声で伝える想い-

厳しくも聞く者の背中を押してくれるメッセージアルバム。 ・全体的な感想 前作「リアルタイム・シンガーソングライター」から約1年ぶりとなる本作。2ndアルバムでも、変わらず世の中に対するメッセージを歌っています。世の中に対する怒りや不安が主なんで…

神聖かまってちゃん「つまんね」-アレンジを持って表現する、の子の内面-

・全体的な感想 インディー盤としてリリースされた「みんな死ね」と同時発売のメジャーデビュー盤「つまんね」。がむしゃらな勢いが詰まった前者に対して、丁寧に作り込まれた印象を感じました。 まず、一番特徴的だと感じたのはアレンジの違い。それを物語…

神聖かまってちゃん「みんな死ね」 -神聖かまってちゃんというバンドのがむしゃらさ-

・全体的な感想 2010年3月にリリースしたミニアルバムがいろんな意味で話題となった神聖かまってちゃん。 こちらは、2枚同時リリースされたアルバムのインディー盤です。 緻密なアレンジの効いたメジャー盤の「つまんね」と違って、がむしゃらなエネルギーが…

2017年3月 ベストソング5選

毎月の恒例企画となった「ベストソング○選」。3月は以下の5曲となりました。その他、気になった曲を次点にて紹介しています。 2017年3月 ベストソング5選 Ed Sheeran「Shape Of You」 アコースティックギターのシンプルな旋律と力強い歌唱を聞かせるサビが印…

RADWIMPS「シュプレヒコール」-毎日を全力で生きろ-

今まで以上に強いメッセージ性が印象的。 1.シュプレヒコール 掻き鳴らされるギターリフ、エフェクターを多用した攻撃的なサウンド・・・開放的な曲でありながら、非常にスリリングな展開となっているんですね。イントロのギターアルペジオからそれを予感さ…

ゲスの極み乙女。「魅力がすごいよ」 -ゲスの極み乙女。というバンド-

ゲスの魅力がそのままに。まさに魅力が凄い一枚。 ・全体的な感想 2014年4月にメジャーデビューを果たしたゲスの極み乙女。の1stフルアルバム。 ジャズやプログレの要素など、ジャンルレスなサウンドを堪能させてくれます。複雑な演奏も含め、独自の世界観を…

RADWIMPS「絶体絶命」-洋次郎の想い-

洋次郎が世の中の現実を伝えるべく生み出した傑作。 全体的な感想 RADWIMPSの2年ぶりとなるアルバム「絶体絶命」は、楽曲・歌詞の全てにおいて全力を注いで制作されているように感じました。 歌詞とメロディから感じられるエネルギーが過去最高なんです。 演…

星野源「ギャグ」-時には息抜きも大事-

アルバム「Stranger」から一週間後にリリースされたシングル「ギャグ」。今までの星野源とは違う雰囲気を感じました。 1.ギャグ コミカルなギターリフのイントロが印象的な星野源さん流のロックンロール。ハイハットを多用したドラムやピアノの陽気なリズム…

ASIAN KUNG-FU GENARATION「荒野を歩け」-迷いながらも進む-

決意も感じさせる、今のアジカンが感じられる2曲。 1.荒野を歩け 轟音ギターサウンドが炸裂したロックナンバー。 エモーショナルさと軽快なメロディ、分厚い音像のドラム・・・アジカンの良さを凝縮した1曲に仕上がっているのが印象的。歌をなぞるギターフレ…

悠木碧「プティパ」-悠木碧が表現する音楽-

あおちゃんの歌声が紡ぎだす不思議な世界。 ・全体的な感想 声優・悠木碧のソロデビューミニアルバムとなる「プティパ」。いろんなタイプの声を出せる悠木碧。そんな彼女の魅力を最大限に活かした曲が揃っています。まどかを髣髴とさせるかのような可愛らし…

3/22 今日の1曲 米津玄師「orion」

すっかり春めいて来たけど、朝晩はまだ肌寒いですね… そんな今日は米津玄師さんの「orion」を聞いてました。冬の夜空に浮かぶ星座のように離れたくないー。切実な想いを感じられるラブソングです。 米津玄師「orion」 R&Bを意識した打ち込みによるリズムやハ…

3/21 今日の1曲 レミオロメン「茜空」

前のブログ時代から約9年続けていますが、最近は更新数も減ってしまいました(^^;そこで、「今日の1曲」というコーナーを再開したいなと。その時の気分や季節に応じてお気に入りだったり、聞いて欲しい曲を紹介していきます。J-POP(最新曲から過去の名曲まで……

2017年冬アニメ ED曲5選

続いてED編です。OP曲に比べるとインパクト弱めな気もしますが・・・それでも、ここ最近ではレベルの高い曲に出会えたように思いますね。2017年冬アニメ ED曲5選幼女戦記「Los! Los! Los!」ターニャの好戦的な性格と国を守ろうとする想いを感じられる1曲。と…

2017年冬アニメ OP曲5選

冬アニメも終盤に差し掛かってますね。ちょっと遅くなりましたが、恒例となったOP・ED曲5選記事です。今回は良曲が多く、選定に時間がかかってしまいまして。久々にOPとEDで分けることにしました。まずはOP曲5選からです。2017年冬アニメ OP曲5選ACCA13区監…

2017年 艦これ冬イベント「偵察戦力緊急展開! 『光』作戦」

2月11日から28日までの間、艦これ冬イベ「偵察戦力緊急展開! 『光』作戦」が行われていました。今回も殴り書きでプレイ記をまとめます。E-1 「光」作戦準備 今回は潜水艦が活躍した作戦がモチーフなのか、潜水艦の出番が多かったですね。E-1はまさにそんな…

2017年2月 ベストソング8選

毎月恒例のベストソング企画。今月はピンと来る曲が多く、選ぶのに迷ってしまいました(^^;というわけで、以下の8曲が今月のベストソングです。2017年 2月のベストソング8選UVERWorld「一滴の影響」自分のいい部分、ダメな部分・・・全てを受け入れた上で…

けものフレンズOP曲「ようこそジャパリパークへ」に惹かれる理由

ここ最近、いいなと感じるアニソンは多いのですが・・・個別記事で取り上げるまでは至らないことばかりでした。しかし、けものフレンズのOP曲「ようこそジャパリパークへ」が私的にストライクでして。アニソンとしては、久々に再生回数が50回を超えそうな勢…

レミオロメン「ether」 -よりポップに、さらに増した表現力-

全体的な感想2005年にリリースされたレミオロメンにとって二枚目のアルバムとなる「ether」。前作「朝顔」はジメジメした雰囲気が漂うサウンドのギターロックといった印象でしたが・・・本作は小林武史をプロデューサーに迎えたことで華やかなアレンジが施さ…

Alexandros「SNOW SOUND/今まで君が泣いた分取り戻そう」 -ドロスらしさを残した王道J-POP-

洗練されたサウンドはそのままに、王道のJ-POP要素を上手く取り入れたドロスの新境地を感じられる2曲。 アルバムでも見せてくれた彼らの貪欲な姿勢と幅広い音楽性は健在。 1.SNOW SOUND 90年代前半サウンドを髣髴とさせるアレンジが印象的。 シンセの懐かし…

ONE OK ROCK「Ambitions」 -ワンオクの野心-

世界を見据えた活動が本格的にスタートしたワンオク。そんな彼らの野心を感じさせる、壮大なロックアルバムが完成です。・全体的な感想ワンオクの7thとアルバムなる「Ambithions」。本作は前作でも感じられた壮大な作風がより強まっています。海外のプロデュ…

UNISON SQUARE GARDEN「Catcher In The Spy」-ポップに力強く-

勢いはそのままに、進化を遂げたUNISON流ギターロックアルバム。・全体的な感想UNISON SQUARE GARDENの5thアルバムとなる「Catcher In The Spy」。前作「CIDERROAD」で感じられたポップ感はそのままに、バンドサウンドの持つ力強さとカッコ良さを押し出した…

Mr.Children「SENSE」-闇から光を目指す-

・全体的な感想発売直前まで詳細を明かさず、シングルも無しというミスチルにとっては異例となるリリースの仕方だった今作。そんな不安を吹き飛ばしてくれる傑作に仕上がっていました。まず、収録されている楽曲が非常に活き活きしているんです。あえてシン…

10-FEET「thread」 -今を精一杯生きろ-

「今を精一杯生きろ―。」そんなメッセージが詰まった10-FEETの傑作。・全体的な感想約3年ぶりとなる10-FEETのフルアルバムとなる「thread」。震災の影響もあったのか、メロディ・歌詞共に力強さを感じるものになっていました。ますます研ぎ澄まされたメロコ…

2017年1月 ベストソング 5選

今年も可能な限り、月ごとのベストソングを紹介していきたいと思います。今月は個人的に気になったリリース作が少なく、早めに決まりました。というわけで、1月は以下の5曲をピックアップ。2017年1月 ベストソング5選[Alexandros]「SNOW SOUND」冬を感じさせ…

Alexandros「SNOW SOUND」 -冬が胸に来る-

懐かしさを感じさせるシンセの音色が冬を感じさせる・・・ドロスらしいポップセンスが炸裂したウィンターソングです。SNOW SOUND90年代前半サウンドを髣髴とさせるアレンジが印象的。シンセの懐かしい音像によって冬の切なさと美しさを表現しています。シン…

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。 個人的に忙しい日々が続いてますが、無事に新年を迎えられました。今年もこのブログでは音楽系記事、特に一曲感想とアルバムレビューを充実させていきたいなと考えてます。メロディの良さだけでなく、歌詞から感じ取れたこ…

2016年アニメアウォーズに参加しました!

2016年の総括、最後はアニメを振り返ります。今年もおちゃつさんのブログ企画「2016年アニメアウォーズ」に参加させていただきました。(詳しくはこちら→http://ochatsu.blog36.fc2.com/blog-entry-3682.html)・最優秀作品最近ハマっている日常系アニメ、今年…

2016年ベストアルバム20選

2016年の振り返り、続いてはベストアルバム20選です。今年は以下の20作品となりました。では、どうぞ。20位~11位20位.平井堅「THE STILL LIFE」19位.きのこ帝国「愛のゆくえ」18位.80Kidz「5」17位.フレデリック「フレデリズム」16位.04 Limited Sazabyz「e…

楽曲のみで選んだ、2016年TVアニメOP/ED10選

ベストソング○選、アニソンについてもやります。毎年のことですが、ほぼ楽曲の評価のみで選びました。映像の良さは他のアニメブロガーさんが語っているので、そちらを・・・私は曲だけを楽しむ派ですので(^^;楽曲のみで選んだOP/ED10選、以下の通りとな…

2016年 ベストソング20選

毎年恒例となった年間の振り返り記事。楽曲、アルバム、アニメと3つに分けてやっていきます。今回は2016年ベストソング20選をランキング形式で紹介。最初は10選の予定でしたが、思いのほかいい曲が増えまして。では、どうぞ。2016年ベストソング20選20位.AK-…

艦これ 2016年秋イベ「発令! 艦隊作戦第三法」雑感

11月18日から12月9日まで艦これの秋イベが行われていたので、ざっと振り返りたいと思います。E-1 本土近海諸島補給線昨年秋に実装され、お馴染みとなった輸送作戦マップですね。輸送ゲージを破壊すればいいので乙作戦で攻略しました。ボスは潜水棲姫。よって…

桑田佳祐「君への手紙」-君へと伝えたいこと-

桑田佳祐の熱い思いが詰まった「手紙」と言える4曲。1.君への手紙アコギのストロークによるイントロと優しいメロディが印象的なロッカバラード。キーボードの優しい音色と相まって、より心に響いてきます。人生における大切なこと(出会いと別れの繰り返しな…

Alexandros「EXIST!」-確かな存在感とバンドの決意-

全体的な感想[Alexandros]の6thアルバムとなる「EXIST!」。今まで以上の勢いに満ちた楽曲からドロスの本気が伺える仕上がりです。ギターロックを軸に、ポップス、パンク、エレクトロ、ヒップホップ、シューゲイザーなど・・・様々なジャンルを貪欲に取り込…

音楽的雑感「長く聞き続けられる音楽とは?」

最近、音楽を聞いていて思うことが。長く聞き続けているアーティストって決まっているように感じます。それぞれに共通点があるんじゃないかと思い、考えてみました。1.親しみやすいメロディやはり、これに尽きますね。どれだけメロディが格好よく感じたり、…

私がポップの良さを重視している理由

ちょっと雑感的なものを書いてみました。題して「ポップの良さを重視している理由」です。なぜポップの良さを重視するのか?私が曲の良さを判断する上で大きな要因となるのが「とっつきやすさ」なんですね。アーティストらしさが発揮された曲でも、聞きにく…

Champagne「Schwarzenegger」 -伝えたいメッセージが明確になった、全力投球のロックアルバム-

バンドが全力で想いをぶつけた彼らの最高傑作。全体的な感想[Champagne]の3rdアルバムとなる「Schwarzenegger」。前作よりもさらに力強さとキレを増した楽曲が揃っていました。UKロックをベースとしたサウンドは変わらないものの、より研ぎ澄まされています…

2016年10月 ベストトラック7選

ツイッターで呟いてる楽曲感想のまとめ的な記事として更新している「よく聞いた楽曲○選」。あまりタイトルがしっくり来ないので、10月分より「ベストトラック○選」に変更します。今月は以下の10曲を選定しました。では、どうぞ。2016年10月度 ベストトラック…

スピッツ「とげまる」ー尖っているけど、丸い。スピッツそのものー

尖っていて(力強く)丸い(優しい)、これぞ安心できるスピッツサウンドの真骨頂。いつもと変わらないスピッツ節が炸裂している本作、まさに「とげまる」というタイトルに相応しくなっているのではないでしょうか。根本的な部分は何も変わっていないんです。…

灼熱の卓球娘 3話「第三球 好きっ!!」 -好きだからこそ楽しみたい、あがりの変化-

感想勝つことを考えてこよりとの試合に臨んだあがり。こよりの楽しそうな姿を見て、あがりも楽しんでいたのが印象的な話でした。名前のように勝たなければというプレッシャーがあっただけに、この感覚は初めてだったんでしょうね。楽しむことでより本気の試…

私の音楽遍歴 NO MUSIC NO LIFE 参加者一覧

前の企画と同じく、参加者一覧を作成しました。参加順に掲載していきます。曇りメガネさん(@fumimegane0924)→http://megane0924.blog.jp/archives/11945415.htmlShowtaさん(@redhotshow913)→http://bookandmusic.seesaa.net/s/article/442829874.html企画へ…

宇多田ヒカル「Fantome」 -人間活動のその後-

前作「ULTRA BLUE」から8年ぶりのリリースとなった本作。人間活動から戻って来たとあって、「生と死」をテーマにしています。全体的に漂う暗さがこの作品に込められたメッセージを表現していると言っても過言じゃありません。歌詞の重さ、楽曲から感じられる…

「私の音楽遍歴 NO MUSIC NO LIFE」企画、開始します。

というわけで、ブログ企画第二弾となる「私の音楽遍歴 NO MUSIC NO LIFE」。本日より参加者を募集します。聞いていた音楽についての遍歴を時代別に語っていただくものとなっています。どんな音楽(ジャンル、洋楽・邦楽など)が好きで聞いていたかを振り返る企…

私の音楽遍歴 NO MUSIC NO LIFE

あまり深く書いたことがなかったのですが…今回は私の音楽遍歴について語ってみようかなと思います。時代別にまとめてみました。では、どうぞ。1.小学校入学以前ほとんど覚えてないけど、好きで聞いていたのはアンパンマンの主題歌集ですね。主題歌以外にも所…

星野源「恋」 -生活の中で生まれる恋や想い-

ブラックミュージックをポップスに昇華した、星野源らしいイエローミュージックの3曲。・全曲レビュー1.恋二胡の音色がオリエンタルな雰囲気を感じさせるポップナンバー。サビのリズムが非常に軽快で、聞いていると多幸感を感じずにいられない。適度な疾走感…

Champagne「Me No Do Karate.」-立ち止まらずに進む-

新たな一歩を踏み出した[Champagne]時代の最高傑作。・全体的な感想UKロックに影響を受けたサウンドが魅力的な彼らの4thアルバム。改名前のラストアルバムとなりますね。 本作は打ち込みやジャズ、メロコアなどの要素も吸収した意欲的な一枚に仕上がっていま…

ASIAN KUNG-FU GENERATION「Wonder Future」 -未来への希望-

王道ロックサウンドを全力で楽しめ。アジカンの強みがここぞとばかりに発揮された7thアルバム。・全体的な感想「ランドマーク」から約2年8ヶ月ぶりとなったアジカンのニューアルバム「Wonder Future」。タイトルは直訳すると驚きの未来になるわけですが・・…

スピッツ「小さな生き物」 -少しでもいいから力強く前へ-

少しずつ前へと進んでいく。着実に歩を進める力強さを感じる、新たな名盤が誕生しました。・全体的な感想前作「とげまる」から約3年ぶりとなるスピッツのオリジナルアルバム「小さな生き物」。相変わらずのスピッツ節が炸裂している点はいつもと変わりません…

2016年9月 よく聞いた楽曲8選

「よく聞いた楽曲○選」企画、9月分です。今回は8曲となりました。リリースされた年代・月に関係なく、よく聞いた楽曲を選定しています。ONE OK ROCK「Taking Off」よりスケールが大きくなったロックナンバー。壮大なギターサウンド、重厚感の増したドラムに…